スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の性格はこのままでいいのか、そもそもこのままとはなんなのか。


久しぶりに会った友人に寄ると、私の性格は
「こってりに見えてさっぱり」
なのだそうだ。
照り焼きバーガーのように。
意外と一番さっぱり、だったりする。

しかし私の見た目、というか雰囲気?から判断して、相手はかなり身構えたりするのかもしれない。
私のどの辺りがそうさせるのだろうか。
最近も、やはり「変わっている」と言われているが、
言われ続けて26年と半年、だが、未だに自分の客観視が出来ない。
皆が口を揃えるのでそうなのだと思うが、正直な話、
自分の辞書には「変わっている」という文字は無いのかもしれない。

「おかしい」「変だ」という意味は分かる。理解できる。し、使う。
本来の機能や性能を発揮できない状況で、そう思う。
が、変わっていると言うのはどういうことだ?
相対的なものでしかないし、数列上の何処から何処の範囲を2桁と呼ぶ、と言うような
あるいは無理数や有理数のような定義が出来ているものじゃない。
これは単に、私がニュアンスを読み取れないと言う意味なのだろうか。
こんな風に定義が無ければ理解できそうにない私は、実際には苦手でも、
その性質から、数学チックなものに好意を示すのだろうか。
定義の明確なものは嫌いじゃない。
方程式で答えが出るのも悪くない。
問題は、方程式で答えが出ない問いで、私はこれの答えを常々探して、上の空なのかもしれない。
空ばかり眺めていれば、そのうち流れ星のように、答えが降って来るとでも思っているのかもしれない。
まぁいいか、そんな自分のことなんて。


ところで、居酒屋や焼き肉屋で懐メロを流している店が多いと、思ったことはあるだろうか?
私は最近、よく思っていた。有線のチャンネルで古い曲ばかりを流すチャンネルがあるようで、
私が子どものときの歌や、もっと古い歌まで。

最近、懐メロが居酒屋などの店でよく使われる理由を聞いた。
というのも、懐メロをかけていれば売り上げが上がるのだそうだ。
色んな年代の曲で、新しくないものをやっているので、どんな世代の人も、自分の心に残る青春ソング、みたいなのがあるが、色んな世代にまんべんなくアピールできるようになっている。
で、それを聞いた客が懐メロの話題で盛り上がったり、しみじみしたり・・・
とにかく、おしゃれなでも誰も知らないような曲をかけるよりも、懐メロの方が売り上げが上がるのだそうだ。

なかなかに奥が深い。


早朝、太陽が昇りだす前の風景。
空と海がお互い、とけ込んで流れる。
滅多に見れない光景だっ田と思う。


DSCF2043-1.jpg

DSCF2046-1.jpg

DSCF2048-1.jpg
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/761-14295405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。