スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震速報だったらしい、オオカミ少年みたいになってる。


突然、iPhoneが防犯ブザーのようなけたたましい音を大音量でたて始めた。

それは夕方頃の出来事だ。iPhoneがなっていると気付くのに少し時間がかかった。
なぜなら、まず第一に、私のiPhoneは常にマナーモードで、音は出ないような設定になっている。
第二に、鳴ったとしてもそんな、防犯ブザーのような穏やかでない音をたてるのを、聞いたことがなかった気がしたからだ。
iPhoneが鳴った理由を知って、第二の理由は間違っていたと知った。


何はともあれ、突然iPhoneが鳴りだした。
しかも、二つ同時に。気付いてまず、仕事用のiPhoneを止める。そうして初めて、もう一つ鳴っていることに気付いて右足のポケットに手を突っ込み、プライベートのiPhoneを取り出して止める。
あぁ、なんて間抜けで慌てふためいた顔をしていたことだろう、鏡を見なくても分かる。

これが人と一緒に居る時に鳴ったなら、どんな怪訝な目をされたことだろう。
しかし一人のときは一人のときで不安になる。
誰かが私の不審な行動を見て痴漢か何かと断定し、防犯ブザーを鳴らしているのではないかと勘ぐってしまうからだ。
思わず、小さな子どもか若い女性が近くに居るのではないかと周囲を見渡してしまった。
見よこの、後ろめたさの塊のような男を。自分で自分が「怪しい」と言っているようなもので、滑稽で仕方が無い。


これを読んでいる諸君は、私がどれだけ卑屈な人間かと思っているかもしれない。
が、自分がどれだけ自信を持って「人に後ろ指刺されるようなことはしていない」と信じていたとしても、人がどんなことで私に後ろ指を指すか、分かったものではない時代なのだ。
一歩間違えれば、「子どもが可愛い」と思っただけで変態扱い、痴漢扱い、犯罪者扱いされかねない時代であるのだ。
であればこそ、私は私の一挙手一投足に至るまで、どの仕草が人に不快感を与えているのではないかと心配する訳だ。不快感と言うならまだ可愛い方かもしれない。


私がそんな気分で居る一方、世の中には図太い人たちが居るもので、
最近の流行はコンビニやレストランの冷蔵庫に入り込むなどし、写真撮影をすることらしい。
ここまで清々しく、自分たちの行動を「お遊び、ギャグ」と思い込んで行動し、発信できる勇気は素晴らしい。私にもそんな勇気が欲しい。

世の中のバランス感覚、色んなところで狂っているよなぁ。
私はもう自分のそれをハンドルできる自信さえなくなってしまった。


DSCF1510-1.jpg

DSCF1512-1.jpg

DSCF1518-1.jpg

DSCF1531-1.jpg
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/760-e9701a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。