FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢ってなんだろうか。」


今日、友達と「風立ちぬ」を見て来た。

上手く行かないことが多くて、悩んでばかりの毎日。
朝、洗濯をして掃除をしてクリーニング屋に行って、そこから思い立っての映画。

ちなみにどうしてこの映画を選んだかと言うと。
ヤフーニュースで、この映画の監督の宮崎駿氏が雑誌インタビューで
現政権に批判的な内容のコメントをしていると読んで、
彼が考えていること、訴えたいことがなんなのか知りたくなったのだ。


零戦を開発した人の物語、しかし戦争は描かないのだとか。
彼がこの映画を通して私たちに何を語りかけるのか?
私が今、言葉や答えに飢えていたからかも知れない、
タイトルもいいし、行ってみることにした。


人によって色々な感想があると思うけれど、私は、見てよかった。
様々なメッセージを受け取ることが出来たし、
これから自分が仕事したりして生きていく上での糧を得た気がした。
この歳になったからかもしれないけれど、私は色々あるジブリの作品の中で、これが一番好きだ。
これか、紅の豚かな。

友達は、あまり上手く飲み込めなくて、台詞棒読みな感じの主人公や
昭和の時代の男女の在り方とかに抵抗を感じたらしく、
子どもに夢を与える路線の映画ではなかったこともあり、あまりしっくり来なかった様子。
だけれどよく見てみれば、ジブリやドラえもんも、アニメって特に映画版とか、
かなり濃厚なメッセージが描かれている。
環境問題や、後ろ向きなノスタルジーや、現代思想に対する批判など、
大人になってアニメ(エンターテインメント)として描かれている痛烈な批判やメッセージを
消化して言葉に出来るようになってから見ると、
子ども向けのファンタジックな世界観の中に、強烈に脈打つ言葉が脳にガンガン響く。
それらの言葉が現実世界に響かないのは、理想より快楽を求める言葉が溢れている性だろうか。



映画の感想に戻る。
映画は全編、明るく落ち着いた昭和時代の風景をベースに、ミュージックも派手でないが可愛らしいものが多く使われ、主人公の性格と相まって全体的にのどかな雰囲気。
が、一方で背景に世界を覆う不穏な空気、世界中が戦争に向けて準備をしていて、
その予兆のように東京を壊滅させる関東大震災など、一貫して肩の力が抜けない緊張感が演出されている。
明日、何が起こっても不思議じゃないような世界で、空に思いを馳せ続けた少年の物語。


この映画を見て、私の中にわき上がった疑問。
「夢って、なんだろうか。」
友達が言うように、主人公の夢は結果として国に戦争の為に利用される。
主人公はそれを拒まない。受け入れて、国の為にという意思があったかは分からないけれど、
零戦を完成させた。
零戦を完成させたことが世界大戦にとってどういう意味があったかは分からない。
というのも、零戦が無くても日本や世界は戦争しただろうし、
零戦よりも遥かに性能がいい戦闘機が出来たとしても、日本は多分戦争に負けただろう。
だから、最後のイタリア人のおじさんが「(零戦を作ったことで)国を焼いた」という台詞には疑問が残った。
とはいえ、主人公、実際に零戦を作った人にもそういう後ろめたさはあったかもしれない。
自分が作った飛行機でみんなが戦争し、ほとんどが撃墜された。

でも彼に、後悔は無かった。無かったと思う。
自分が思い描く理想の、自由に空を飛ぶ飛行機を、世界があっと驚くような飛行機を作ったことで、
零戦の設計に人生をかけ、実際に完成させた、達成感のようなもの。
彼は自分の夢が空を飛ぶことを疑わなかったし、その為の道筋も心得ていた。

自分の夢が、国や誰かに利用されることについても、具体的にいえば人を殺す道具として機能させられることについてはよく思ってなかっただろう。
それでも、自分の夢が、自分が人間である以上、自分の世界だけで完結するものでなく、
自分の本意と違ったとしてもそれで世界が動くと言うことについて彼は感動したかもしれないし、
それで納得したと言うスタンスかもしれない。


彼の生き様を見せつけられた私はじゃあ、夢があるだろうか?
どれぐらい、夢の実現をイメージできていて、そこまでの道のりをイメージできていて、
確実にその道を歩くことが出来ているか。
今の自分の悩みは、その道の途中にある障害を取り除く為のことだろうか。
…などと考えた時に、答えが須くNO!!である気がしてならない。
全く、私の夢は一体どの雲に隠れてしまったのだろうか。



それと、友達がアレルギーを示した、この映画のヒロインの描き方について。
確かに、時代背景を忠実に描写する中で、ヒロインの立場、振る舞いは現代の女性にとっては抵抗あるものかもしれない。
ただ、意図されていたのは「女性は家を守るべき、家に居て旦那を支えるべき」なんてメッセージでは無いと思う。
ヒロインは女性で、主人公との関わりに説得力を持たせて、ドラマを充実させる為にああいった設定になったのかもしれないけれど、
彼女や主人公の友人であり同僚の彼の立ち位置は、「人の夢を信じられる人、支えられる人の存在の大切さ」じゃ無いだろうか。一人だけでは実現が難しい夢があるときに、それを支えて応援してくれる人の存在がどれだけ支えになるか。自分には誇れるような夢が無いかもしれない、と言う人も、誰かの夢を一緒に信じて、それを応援できる人であると言うことがどれだけすばらしいことか。誰かの夢の実現に、どれだけ貢献することか。
そういうメッセージとして受け取ってはどうかな、と私からの提案。


この映画、既に大人気、というニュースも出ているようだけれど、
私も是非人に進めたい、悩んでいる人に見てもらいたい、と思う映画でした。


真っすぐ前に向かって進むことしか知らないトンボに憧れた去年から、
私はどれだけ真っすぐ前を向く力を手に入れたことだろう。
私の目は今も、脇見をしてばかりだ。
夕暮れは毎日訪れると言うのに。


DSCF1001-1.jpg

DSCF1030-1.jpg

スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/757-cb572e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。