スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まさか自分がひったくりに遭うとは思わなかった」という意識。


今回のゴー宣道場で、仮面ライダーとかのヒーローものとガンダムとかのロボットものの共通点が見つかった。
主人公が戦う動機についてだ。

突然、ガンダムの話が出てきた時には正直面食らったけれど、
ちょっとしてから冷静に考えたら、話がきれいに繋がった。
つまり、日本のヒーローは最初、戦う動機=正義を自分の中に持っていない。
よく分からないけれど戦いに巻き込まれて、その中で「友達や仲間を守るため」というスタート地点を見つけて、そこから戦うことの意味を膨らませていく。

逆に言えば、当事者意識のなさ。
自分が戦いの歯車になることへの拒否。
世界と自分が全く関係ないところで存在しているという感覚。
対岸の火事って思うところかな。

ひったくりや交通事故に、「まさか自分が遭うとは思わなかった」
と言って被害に遭う人のイメージ。

そこがアメリカのヒーローとの違いだなぁ。

スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/704-621bcd12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。