スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪に立ち向かう悪についての分析


今日、レポートに集中する為にミスドに行ったら、
店員さんが優しく、親しく色々と話しかけてくれたりして、
ものすごく癒された。

店内寒かったけれど、あの笑顔で心が暖めてもらえるので、
また読書とかする時にはこのミスドを利用しよう♩



私としては、実はヒーローと言ってぱっとイメージし易いのは時代劇。
変身とか合体とかするヒーローよりも、よっぽど好きで、よっぽど集中して見ている。
特に水戸黄門や暴れん坊将軍、必殺仕事人辺りは悪人を成敗すると言うテーマが
特撮や漫画のヒーローものにも共通するので、共通して語れる部分は多いと思う。

リトル・ピープルとビッグ・ブラザーの話をこのブログでもちょっと前にしたけれど、
上に挙げた三つの時代劇だと、水戸黄門と暴れん坊将軍はビッグブラザー的ヒーローだ。
ウルトラマンと共通し易いと思う。
逆に必殺仕事人はリトルピープル的。特撮でいえば、仮面ライダーに近いヒーロー。
あはは。ちょっと遊んでみた。
このことはこれ以上、語ってもいいけれど語っても(今のところ)建設的にはならないので、
これまででほったらかしにしよう。


問題は必殺仕事人だ。必殺仕事人の立ち位置はバットマンに近いと思う。
今回、バットマンのビデオを見て思った。
『バットマン ビギンズ』と『ダークナイト』ね。

仕事人もバットマンも両者とも、闇の存在として存在を闇に紛れ込ませ、悪人たちを震え上がらせる。
非合法的なパワーとして、表舞台にはその姿を現さず、
公的には犯罪者やそれに準ずる存在として公権力からその首を狙われる。
つまり、悪人を成敗するには自分自身が悪人よりも強烈な悪に染まらなければならない、
という出発点がある。

何処までも清廉潔白な正義を貫く水戸黄門や暴れん坊将軍、ホワイトナイトとは対照的な部分だ。


ただしそれは番組のコンセプトの話で、必殺仕事人は実際には、
公的にも重なる、あるいは共感を得られる類いの個人的な恨みを、お金をもらって晴らすというスタイル。ここが根本的に、バットマンとは違う部分だ。
何処までも公権力に逆らって悪人による世直しを行おうとする仕事人。
一方、公権力ホワイトナイトと手を結んで正義と悪の両極から悪人を挟み撃ちにしようと企むバットマン。

ドラマとしては、仕事人の必要な世界はなくならない。
バットマンの活躍では世界(街の治安)は改善されていく。

ただ、ここには問題点があって、
一つは色んなヒーローに共通することだと思うけれど、
犯罪に対して基本的に後手に回っているので、こんなヒーローの活躍で犯罪が減る分けないと言うこと。
寧ろ犯罪を減らすには、経済的な対策(雇用とか弱者救済)の方が有効なはず。
バットマンも所詮、検事と手を組んで犯罪に対している限り、
根本的な解決は出来ないはず。
その意味では、彼らの活躍の結果は同じ道を辿らなければならないと思う。
バットマンの父親がやろうとしていたことが、たぶん必要なことだろう。

もう一つ、上のと関係するけれど、
犯罪(悪)の根源が愉快犯(非社会的な動機)であるかは議論の余地があると言うこと。
『ダークナイト』のジョーカーというキャラは愉快犯的だけれど、
実際にはジョーカーに操られていた裏切り者の警官たちの方がリアルだと私は思う。
それは悪が人間が作り出した概念であるということで、
例えば家族を守る為に他の誰かを傷つけたとして、
それは結果的な意味と動機的な意味で、それから誰の立場から見るかと言うことで
正義も悪も混沌としてしまう。
バットマンや仕事人が悪でありながら正義を行おうとするのが可能なのも同じ理由であって、
一方で成敗される悪人にも家族や友情があって、悪人が成敗されることで傷つけられる人が出てくるのもまた事実だ。フィクション世界にはなかなか描かれないけれど。
(新 必殺仕置人で、ちょこっとだけそういう話があった。あるいは中村主水の家族がたびたび誘拐されたりとか。)


正義のヒーローはかっこいい。
だけれど、正義に倒されるべき悪の方にこそ、現実はもっともっと反映されるし、
だからこそ解決するべき(しかしほとんど不可能に近い、と私は思う)とても複雑な問題を数多くの悪人はその背中に背負っている。

さぁ、悪人の分析をみんなではじめよう。
正義を語るよりもよっぽど意義があると思わないか??

(↑なんか英語の映画に字幕でつけたような台詞で、自分で書いたけれど虫酸が走る。。。)


スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/696-270effc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。