スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和、暴力って何だろうか。


引き続き、『書くことが思いつかない人のための文章教室』近藤勝重著、幻冬社新書より。

今日の課題は…

p.23 問 井上ひさしさんは、『平和を守る』と言う表現を、
     現代にも通じるように、どのような言葉に置き換えたでしょう。
     (だいたいこんな意味の問題)

私の答:『いじめない、いじめられない』

実査に井上ひさしさんがどのような言葉を使ったかは…本を読んでください。
別に宣伝してる訳じゃないけれど…文章かけるようになりたい人は、
色んな意味で勉強になると思うよ。


この問題はテキストの中の最初の方にある訳だけれど、
テキストは文章が上達することを目的にしている為か、この問が提起する問題を全く扱っていない。
私がこの部分を読んで素直に思ったことを書いていこう。

この『平和を守る』という言葉について、井上ひさし氏は「使い古されている」というが、果たしてそうだろうか。私の考えによれば「否」、昨日(10月14日)の経験からも分かった。
問題は『平和』という概念について、   吟味と理解および想像力がないままの状態で、ていのいい記号として使い続けている点である。平和と言う言葉のイメージや響きばかりに頼った上で共通概念と認めて各々が使い、その実全く違った意味、あるいは全く意味のないままで、「平和」という器だけがそこにあるという状態。
この言葉を改めて全体の中で定義しなければいけないと言う点は正しいが、その際に、皆が本当に井上ひさし氏の定義で納得するか?という問題がある。
井上ひさし氏の定義が浮き彫りにするのは、今の世代にとってはその儚さ、あるいは暴力という言葉の薄ら寒さとでも言うか。
つまり、「戦争と平和」はそれぞれ対をなす概念ではないと言うことである。
この事実を井上ひさし氏が訴えようとしていたとは思えないが…

また、ありがちな批判だが、「普通の人々の日々の〜」とは、いつ、どこ、だれのことを基準にしているのか。現代日本においてさえ、その基準を決めることは難しいし、具体的に定義したとたんに、隣り合って暮らす人々の一方が平和で一方が平和でない、という状態が出来上がってしまう。


「平和」という状態が、(井上ひさし氏の定義する「平和」を当てはめたなら)どれほど成立が難しい状態か、そしてまた実際に身近に平和が成立していない状態、成立させる為にかなりの困難が伴うであろうことが予想されて、簡単に「平和を守る」とも言えなくなってしまう。



平和って何だろうか…暴力って何だろうか。
イメージで語っていても、ただの絵に描いたお花畑でしかないな、と昨日思った。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/693-d840d66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。