スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディケイドの本当のテーマ


引き続き、宇野常寛氏の「リトル・ピープルの時代」という本を読んでいる。

リトル・ピープル的存在のヒーローとして、平成の時代にその真価を発揮し、
市場のニーズに合わせて現代の比喩として説得力を持つように、
次々と斬新なヒーロー像を描き出してきた平成仮面ライダー。
この本でその意味を再点検される平成ライダーたちの、それぞれが持っていた変身の定義と正義・悪の描写についても、やっと仮面ライダー ディケイドの検証部分を読んだ。

仮面ライダーに興味を持ち始めた時に、たまたま見たその時のテレビシリーズがこの「ディケイド」だった。

しかし見たのが最終回だけで、悪役が仮面ライダーにやられて
「私は世界一迷惑な人になるんだー」という捨て台詞を吐いて爆死した為に、
私はストーリーも何も知らずに
「ヒーローものの悪役って、子ども向け番組とはいえこんなに適当でいいのか??」
と思い、じゃあどんなヒーローだったら倒されてしかるべきだろうか、と考えたりした。


このディケイドという仮面ライダーが、他の仮面ライダーの世界を行き来しているのはうすうす知っていたけれど、
それがどんな目的で、あるいはディケイドという作品のテーマは何なのか?という事を知らなかった為にこういう全く的外れな考察を延々とはじめてしまった訳で、

でもこれで確信した。間違いない。あれはディケイドだった。
というのも、その悪役が倒れた後で、別の仮面ライダーが出てきて、ディケイドに向かって
「お前は悪役だ」
と言って目の前に立ちはだかり、そこで最終回が終わっていたから。

話がこれで終わっていないなと言うのはそれで分かった。
もっと別な話が、やられた悪役とは別に進行していたっぽいのも何となく分かっていた。



内容的にもこの仮面ライダーの話は一番面白そうだ。
ただ、平成仮面ライダーって子ども番組とは思えないくらいに深いテーマを見事なくらいに鮮やかに描き出してしまっている作品だと言うことが分かって、
果たして自分が見ても理解できるとは思えない。
そもそも、ディケイドを理解する為にはやっぱり平成ライダーを一通り見るべきだろう。
と思うと、絶対無理だ。時間がなさ過ぎる。飽きずに見る自信がない。
自分がそこまで時代の変化に敏感だとも思えないし。


一方で、昔の仮面ライダーが、昔見ていた世代以外にもある程度の認知を得ているのも、
この作品の功績はある程度ありそうだ。


続きをまたこれから、読もう。
そろそろ、最近の話に近づいてきたなぁ。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/691-9b63c356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。