スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病で悩むとはどういうことか。


土曜日に遊びに行ったAIDS文化フォーラムin京都で、
「医療現場で役立つカウンセリングの実践例」
という講座を聞いてみた。

講師は、日本心理療法協会代表理事の椎名雄一氏。



会場で知り合った、薬剤師の方が勧めてくれた講座で、私はどの講座を受けようということも全く考えていなかったので、タイトルの中身さえも吟味することなくオウム返しして、
「じゃあそれ受ける」
という、いつもながらのこのいい加減な流れ。



この講座の中で、「AIDS」とか「HIV」の単語は全く出てこない。
先生は「自分がはうつ病だった」と言って、うつの人の話を自分の実体験について話していた。
たぶん、AIDSの告知とかに役立ててくださいという講座なんだろうな。と思った。

一番最初のテーマは「ラポールをとる」ことだったけれど、
最初の10分ほど遅れていったために「ラポール」の意味が分からず、文脈から「こういうことかな?」
と考えていた。
私の理解からざっくり言って「信頼関係を得る、患者が話しやすい環境を作る」という意味。
「ラポール形成」とかで検索したら、いろんなサイトが出てくるので、もっとちゃんと知りたい人は
ご自身で検索されたし。


私は人とうまく話もできないし、誰かのためにカウンセリングするかどうかも疑問だし、
医療的な意味でというのもまず、ない気がする。
でもこの講座が、私のコミュニケーション能力の向上に役立ってくれればいいなと思うが。。。
でも講座の目的はコミュニケーション能力の向上じゃないか。

まぁとにかく、カウンセラーたちがよくぶつかる壁が、
「相手(患者?)をうまく導けなかった」
と言うものらしく、椎名さん曰く「自分と相手を分割して考えている。これでは相手が心を開いて話してくれる事はない」そうだ。特にうつ病のひと、あるいは悩みを人に相談したい人は、という事になるだろう。
悩みを抱える人の信頼を得る事は、ただセオリーを押し付ければいいというわけではないそうだ。

私も、基本的に相手の話を聞けないからなぁ。。。
聞いている振りをするのは得意なのに、真剣なまなざししてその実、右から左にすぎて行くだけだし。。。いけないのは知っているんだけれど。




医療現場の現実については私はあまりピンとこないし、それが今後も自分に役立つかはわからないけれど、
実際にうつ病の友人もいたりと、結構身近な病気だ。
少なくとも普通の人にとっては、AIDSよりも身近な病気だろう。
(あ、AIDSにかかったという事実のためにうつ病に陥る人も多いということでこの講座なのかな?)
しかし身近な分、今のうつ病は複雑さが増してきている様子。
いろんなタイプのうつ病が出てきたり、低年齢化していたり、
対処法も迷走している感じがする。
講師の先生の話を聞いていても、カウンセラーがカウンセリングをせずに病状ばかりを話題にし、それが患者をより憂鬱にさせている現状など話してくれた。
うつ病コミュニティーに入ってお互いの悩みを打ち明け合ったところで、マイナスの効果にしかならないらしい。




この講座の中で特に面白かったのは、うつ病の人と存在意義の話。
うつ病の人は、自分が存在する意味、理由を探しているんだそうだ。私の理解を言葉にすると、そう言う事。
落ち込んで悩んでいるように見えるのは、つまりどうして自分は生まれてきたのか、自分が生きている意味は何処に、あるいは何をする事によって見いだせるのか、などといったことをひたすら悩んでいる。

この場合、その答えを直接求める事ももちろんやっていいけれど、それ以前に、個人が優先するべきものとして、自分が存在するという事実を大事にすることを教えてやればいいんだそうだ。
要するに、人間は能力や立場ではなく、存在するだけで意味があるんだよと。

この話を聞くと、うつ病が現代に多い病だなと思えてくる。悩む病気ってことは、
目標を定めるのに苦労している病気ということは、そういうことだよ。
つまり、現代のどこに向かっていけばいいのか、何を目指して成長していけばいいのかとか、そういうことを必死で探している時代の病気ということで、
ちょっと前の科学信仰の時代、あるいは成長神話の時代には目標があれば全く悩むことないよね。


なるほど。だから価値観があまりにも多様化している現代はうつ病が多いのか。
じゃあ私も今、うつ病かもしれない。毎日毎日落ち込んでいるわけではないけれど、なやんでるしなぁ。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/690-22f9e247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。