スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネトウヨはやっぱり犯罪を犯していた。


今年のはじめ、ネトウヨがフジテレビデモをしたときの様子を内部の人間が詳しく書いた、
「フジテレビデモに行ってきた」
と言う本を読んだ。

そして、その内容があまりにも自分たちだけを美化した、
その実自分たちの間抜けさを正面から描いた恥ずかしい内容の本だったので、
こんなひどい本は書こうと思ってかけるものじゃないな、とかわいそうに思うくらいになった。
そしてその本を、ブログの中でけちょんけちょんに批判した。

そのときのブログ、「最近読んだダメな本。古谷ツネヒラ『フジテレビデモに行ってみた!』」

そうしたら、ブログにネトウヨがちょくちょく来て、その記事を読んではコメント欄に文句を書いていくようになった。
私と同じく、ネトウヨに嫌悪感を抱く人たちもちょくちょく来ていた様子。

ネトウヨの人が残していったコメントは、私への反論と言うにはあまりにもお粗末な内容だったけれど、それに反論しなかったら、その意見を認めたようになってしまうので、後日、同じくブログの中で反論した。

そのときのブログ、「ネトウヨへの返信」

「フジテレビデモに行ってきた」という本を読めば、そのデモの中でデモ隊がどれだけ卑劣で愚劣な行動をしているのかが普通の人にはよく分かるのだけれど、残念ながら本人たちにはその自身の卑劣さが分からないらしい。日本人として哀れだ。

そしてそのときに、私のコメント欄に「どこに犯罪行為があった?」と開き直った上で息巻いたネトウヨまで居たが、やっぱりあれは犯罪行為だった。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120910-1014694.html


「頑張れ日本!全国委員会」、
元航空幕僚長の田母神俊雄が会長、
チャンネル桜社長の水島聡が幹事長を務める自称保守団体。
この団体の人たちが、フジテレビに掲げられていた日の丸を引き摺り下ろし、引きちぎった。

犯罪としては暴力行為法違反ということだけれど、それ以上に日本人として頭がおかしい。
必死になって韓国人を差別していながら、自らが韓国人のように日の丸を傷つける事が出来てしまう。
そんな神経、到底理解できるものではない。
そんな人たちが、愛国者な訳が無い。


こんな低俗な事をしておいて、自分たちがエラくなったような錯覚を起こす人々など、人として信用ならない、と私は思うがね。



実は今、宇野常寛という人が書いた「リトル・ピープルの時代」という本を読んでいる。
ブルキナに居たときに、村上春樹の「1Q84」という本を読んだが、実は村上春樹の思想も知らない、他のどの本も読んだ事が無いという状態で読んだので、テーマも特徴も何も掴めず、ただ「想像していたよりも読み易かった」で終わっていた。
が、この「リトル・ピープルの時代」という本が、その村上春樹の示すテーマ(とその失敗)についてまず論じているので、今更ながら、あぁそういう話だったのかと面白がりながら読んでいる。

この本の序盤に、「レイプ・ファンタジィ」という関係性が提示される。
少し前にはやったプロットで、その特徴にはいくつかあるけれど、特に気になったのは、
男性がヒロインと関係をもつことで、男性の行為の責任をヒロインに転嫁するという特徴。
ネトウヨたちももしかしたら、このレイプ・ファンタジィに取り付かれていたのではないか、と思える。
つまり、ネトウヨたちが韓国人を差別し、フジテレビなどの企業に悪質な嫌がらせをする。
しかし、ネトウヨたちはそもそも韓国人が悪い、フジテレビが悪いなどと主張する事で、自らの責任を転嫁しようとしている。

絶望的に夢見がちが人々だ。
現実には、そうは問屋がおろさないけれど。
自分の責任や、場合に寄っては罪は自分で背負うべきものだ。


「リトル・ピープルの時代」という本はこのあと、仮面ライダーとウルトラマンそれぞれが提示する正義のあり方の違いを分析するようなので、ものすごく楽しみだ。
読み終わったら、この本の感想も書くよ♩
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/668-e85ea04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。