スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12日目。福井~白川郷~高山。



楽しくておいしかった北陸ともこの日でお別れ。
福井を出発して高山を目指す。

朝9時頃、九頭竜湖の道の駅で休憩。
売店が8時半開店で弁当が買えたので、舞茸ご飯。
この辺りは舞茸とトウモロコシが有名らしい。
売店には舞茸も置いてあって、その立派なこと。
こんな巨大な舞茸を見たのは初めて。茎の部分の芯(?)の固さがここの舞茸のよさらしい。

DSCF2413.jpg

DSCF2414.jpg


そして道の駅と電車の駅が一緒になっているので、ついでに電車を撮ろうかなと時刻表を確認し、唖然…
DSCF2416.jpg


電車が一日、たったの5本???
そして、次の電車まで1時間以上待つの??
なんでか分からないけれど、私が複雑な気分になる。
と、さすがにここで1時間は待っていられない。。。



九頭竜を出て白川郷を目指す。ちょっと寄り道になるけれど、
富山で雨が降って断念した合掌造りを見る機会だ。

この辺りの道は湖やダムがあって涼しげでいい。
というか実際、涼しい。寧ろ寒い。

DSCF2423.jpg


明善寺を見学。その他にもいくつか、合掌造りの建物を見学したけれど、一番の驚きは今でもこの村の人々がこの200年や300年前に建てられたこのうちに住んでいるという事実。
建物自体も貴重だけれど、一階で常に薪を火にくべて、その煙を防虫剤にすると言う昔ながらのやり方をずっと守っている。建物の柱などが黒いのは、すすの為。
そして古い農機具や蚕さんの道具が展示してあり、そのすべてが貴重。
この村を守っていくのはこれから、もっと大変になるだろう気がする。
ふと思ったけれど、こんな長い間持つ家を建てていたら、みんなの家が建った後には、みんな家の作り方を忘れてしまったりしないの?現代の人たちがこの合掌造りの家を作るのは、もう不可能じゃないのかな。どうなんだろう。

DSCF2449.jpg

DSCF2488.jpg

DSCF2511.jpg

DSCF2517.jpg



夕方、高山市内に到着。観光名所も行ってみたけれど、
もうだいぶ遅い時間の為か、人影がまばら。

ひまわりと高山市内。

DSCF2603.jpg

スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/638-10324d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。