スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間旅行。


これからガーナにパソコン隊員として派遣される、という人に出会った。
何処に派遣されるかは分からないけれど、衛生系の隊員にも二人。
24年度2次隊、という枠になるらしい。
この人たちに出会って初めて、2年間が現実だったのだなと実感できた。

自分が、22年度1次隊。2年前の2010年4月から訓練を受け始めて、6月にブルキナに着いて。
あの時から今まで、悩みながらも駆け抜けてきた2年間を、活動報告をしても飛行機に乗っても、東京で懐かしい同期隊員たちに会っても実感することはなかった。
まるで時間が止まっているかのような感覚。私はいつも私で居て、空はいつものように晴れたり曇ったり。
周りの友達はこれ以上、背が高くなったりはしない。痩せたりはあるけれど。
スマホが出てきたのはいつからだったか。電車は百年二百年も前からある。
スカイツリーは?AKB48は?あれ、自分だけが取り残されているの?

そうじゃなかった。自分が22年度1次隊としてブルキナに派遣された。
2年間の任期を終えて戻ってきた。
そしたらちゃんと、自分たちの2年間に続くように、こうして今また海外に出ようとしている人々がいる。
自分の2年間もちゃんとそこにあった。
いつまでも新人じゃない。自分も古くなっていく。
自分たちに続く世代を見守る立場になってゆく。
この感覚に今まで何度か出会ってきて、その度に上手く馴染めず戸惑っている自分を発見する。
あぁ、やっぱり世界は自分を中心に廻っているのではないんだな。。。


梅雨時な所為か、こんな眩しい太陽を浴びるのはずいぶん久しぶりだ。
新幹線に乗って、外の風景、特に南側の景色を眺めていると、まるで時間旅行をしているみたいに、
自分が幼くなったり大人になっていくような感覚に囚われる。
特に今日は大きな時間をタイムスリップしているみたいだ。
そう思うと、浅田次郎の「地下鉄に乗って」という話がちょっとだけオーバーラップしてくる。


いけない、時間旅行をしている場合じゃなかった。
今のうちにちゃんと、自分の2年間の活動を総括しておかなければ。
特に5月6月、帰国などの手続きの忙しさにかまけて怠ってきたことがたくさんある。
今必要なのは、前を向きながら自分の経験を分析、情報化すること。センチになっていちゃいけない。
やりきってないこともある。

明日から数回、活動振り返り編。




ぶるる電子版



スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/624-ccb7942c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。