スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポリスが働かない」とか言うなよ。


最近、ゾルゴやその周辺で事故が多い気がする。

先月は、街中じゃないけれど、ゾルゴの近くでバスの事故が2件あった。
一つ目は大型バスが脱輪して横転(だったと思う)、数人が死亡する事故。
二つ目は小型バス(11人乗りのバンに25人ぐらい詰めたやつ。荷物も上にたくさん積んである)がスピードバンバン出して走って、トラックと正面衝突。13人が亡くなったらしい。

二つ目なんかは人に聞いた話だと、その過積載の状態で時速200kmとかで走っていたらしい。そもそもそんなにスピード出るか?という突っ込みは置いといて、さすがのブルキナべの中にも「この車は早すぎる。恐ろしい。別の車にしよう」と思った人がいたらしい。で、その人が降りた直後に事故したらしい。入れ替わりにその車に乗った人もいたようで…


今月に入ってからは落ち着いているのかなというか、交通事故のことも忘れた月末ごろになって、自宅周辺の様子がおかしい。店が軒並み閉まっている、家の前でみんなが集まって、何やら会議?をしている。
これは何だと思って人に聞いてみたら、近所のおばちゃんが交通事故で亡くなったらしい。
マルシェに向かう途中で、車にはねられたとか。


そして先日、退勤時間になって職場を出たら、道路の様子がおかしい。
トラックが何台も道にいい子して座っている先の様子を見に行くと、救急車に誰かが運びこまれているのが見えた。
そして救急車のそばにバイクが横たわっている。
救急車を見送った後、さらに詳しく様子を知るために、事故現場にアプローチしてみる。
人影で見えなかったものがどんどんあらわになっていく。好奇心の反面、恐怖心も強く感じて足が重かった。
道路に黒いマルがいくつか書いてあったのが最初は何だろうと思ったけれど、あれが日本だと白チョークで描かれる、事故現場の重要な証拠とかをマークしてあるんだな。で、一番奥の、一番大きな囲いの中にちょうど、収まって横たわるバイクを見た。きれいに真横になっていた。上になっている側を見ても、そこまでの損傷は見られなかった気がする。けれど、ハンドルの曲がり方は異常だった。

そして別の黒マルの中に砂を運んでいる人が居るのを見て、「なんでそんなことをするんだ」、と聞いたら
「Sa tête est cassée.」
なんだかフランス語で聞くと生々しいというか、「頭が壊れた」と聞いて、震えるような思いだった。
直訳が頭に浮かんだ瞬間、じゃああの砂の下には彼の頭の中身がこぼれているのか?いやいやいや、ちょっと出血した程度だったらいいなと思い直した。
そしてバイクのそばには、ヘルメットがこれまたお行儀よく座っていた。詳しくは見ていないけれど、割れたりはしていない。ということは、やっぱりヘルメットは着けていなかったのかな。ちょっと薄い、頼りないヘルメットだって、ないよりはずっとマシだろうに。。。
残念ながら、ヘルメットを持っていても着けない人が多い。着けても長距離走るときだけとか。で、街中を走るだけの時にはミラーにひっかけたり、頭の上にちょこんと載せるだけ。

ちなみに事故を見ていた人に聞くと、大きなトラックと、接触したかどうかした様子。そしてそのトラックは止まらずに行ってしまったと。
ゾルゴは幹線道路沿いにある街で、長距離移動の車やトラックが街中もすごいスピードを出して走っていくことが多い。夜は街灯もなくて暗いし、そんな中でハイビームのまま街中を走っていく車も少なくない。
私の印象だとみんな、道路を自分のものと思っているのか、というぐらいに無理な追い越し、特に対向車が居るのに自転車やバイクを平然と追い越そうとするので、本当に怖い。そして道を開けないバイクたちが悪いという認識。


事故現場と被害者を、自分がいつも通っている道で見かけたから、今回は特にショックが大きかった気がする。
あまりにもショックで、周りの友達も「こんなに事故が相次ぐなんて…どうにかしなきゃな」という感じ。
それで、「こうなったら交通安全週間をやろう。毎日、警察と憲兵を道に立たせて、スピード違反や整備不良車を取り締まって、ヘルメットも着用を義務付けて…」なんて話していたら、
「ここは主都じゃないから警察が働かないからね。憲兵は全部で5人ほどだし。警察は働かずにトランプやってる。」だって。確かにあんまり見かけないけれどね。今回も、事故があって暫く立つのに警察がなかなか来ないのはおかしいと思っていた。
じゃあせめて警察のマネキンだけでも道に設置したい。警察に友達がたくさん居ればな。


次の日の朝、その救急車で運ばれた人は亡くなったと聞いた。




ぶるる電子版




スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/598-b1b21dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。