スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平等選挙は不平等の根源。


最初にお断り。この記事の中で使われている、「65歳以上」「老人」「年寄り」は全て、同じ意味で使っています。


厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所というところがちょっと前に、今後の人口推移を予想した統計を発表した。
その統計で、1995年生まれ世代は5人に一人が生涯未婚だとか。
出生率はどんどん低くなり、日本の国力は低下。
40年後には日本の人口の40%が老人(65歳以上)になる。

参考までに、yahoo!ニュースの記事。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120131-00000000-cbn-soci


…らしい。統計からの推計だけれど、もしかしたら実際はもっと悪くなる可能性だってある。

日本はこの予想が出る今の時点でもう半分手遅れだろうなぁ。
これが100年先の予想ならまだしも、40年後にこの推計と言うのは、今更修正できる気はしない。

日本の現状を見ていると多分、もうこのまま、どうにかしなければいかんとか言いながら
なにも変えられないだろう。
今の民主主義の体制では代替案が挙がったとしても、どの案にも反対勢力はいて、
どの方向にも体制変換できないまま、気がついたら「予想どおりに老人しかいない世界になってました」って落ちなんだろうな。



ちょうど今「もう体制変換は無理」と言った直後で悪いが、この状況を打開する案を一つ思いついたので読んでくれ 。


それは、
「65歳以上になった人から選挙権を剥奪する」
というもの。
これができたら日本はちょっといいほうに転がると思う。


説明しよう。
現在の日本の状況としては、65歳以上の人口が増えすぎて社会保障財源を逼迫(ひっぱく)。
65歳以上になると体力も落ちて病気になる人が多いのは当たり前、労働生産性も低くなる。
今の日本は社会全体で老人を養う仕組みになっており、老人を養うので精いっぱいの日本は子どもを作る余裕があるわけがない。
特によく働いて子どもを産むのにも適している若者には仕事さえない。お金がなければ子どもを育てるどころか結婚もできない。
そしてそれが全て自己責任。でも海外でも、先進国ではどんどん若者が職を得られないという状況。
これは年寄りとは言わないが、バブル世代あたりが仕事(と賃金)を独占している結果。そんな状況で若者が仕事も出来ないし、育つわけもない。今後は本気でワークシェアをして一人当たりの労働時間を減らしてみんなに仕事がいきわたるようにするべき。

…なんだけれど、そうはならない。
どうしてこんな日本なんだ?と考えたら、選挙権が違う。
今の日本には年寄りばっかりで、政治家が選挙に勝って国会に行こうと思ったら年寄りの喜ぶことをするしかないので、政治家は若者なんか放っておいて老人の世話ばかり焼こうとする。
度々、若者が選挙に行かないということがニュースなどで取り上げられて問題視されるが、
行かない理由は明白、なにしろ「行ったって無駄」なのだから。今の時点でこの老人の影響力。
そして将来になればなるほど、日本の未来を担う若者の意見は政治(日本の運営)に反映されにくくなる。
今回発表された統計の数字を見ていると、現時点で老人が全人口の20%ほど。
これから40年で、その老人人口が40%を占めるようになる。

こうなったら、どう頑張ってもこれからの日本を若者のために作ることに尽力する政治家が現れるわけがない。
むしろ、老人に対する社会保障が厚くなる方向に進む可能性のほうが考えられる。ますます、日本は色んな意味で破綻する。

これを解決するための方策が「年寄りの選挙権を剥奪する」こと。
同時に中学生(12歳)から選挙権を与えればなおよし。
実現したら、若者の意見が日本の政治に反映されて、今後の社会保障は老人こそ自己責任。若者は手厚く保護。
これで子どがもつくりやすい環境作りができるはず。
具体的には若者が考える。
ワークシェアもすればみんなが仕事もできる、お金が稼げる、死ぬほど仕事する必要もない(だってそのために一人当たりの生産性を上げてきたはずでしょ、産業革命以降)。
少子化も失業問題も一気に解決できる。

そもそも、これから旅立つ方々が最期の最後までこの世ではばをきかせているというのが我慢ならん。


これまで女性(男女平等)ばかり行って来たから、もっと大事なものが見えなくなる。
というか、平等という言葉が本当に理想的なものかどうか、ここらで検証する必要があるんじゃないだろうか。
近代的な価値観が居心地いいようで、どこかで無理があるということにはそろそろみんな気付いているんじゃないだろうか?

どうするよ、この世代間格差?これが日本をダメにする。
選挙はもっと不平等にやらなきゃいけない時代じゃないかな。
地方によって一票の格差が存在することを問題視する向きもあるけれど、
しょうがないでしょう。一票を本当に平等にしてしまったら、国政に力が奮えるのは
人口が多い都市部ということになる。島根は国の運営にかかわれなくなる。

同様に、今、これからの日本を担う世代の意見が反映されない選挙方法のままだと、
若者は今後、実力行使で反乱起こして日本を乗っ取るしかない!
政治家を変える前に、選挙制度からこの国は変えなきゃいかん気がする。




「ぶるる」電子版




スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/558-54034ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。