スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の想像力のなさの話。


自分ってずっと前から分かっていたけれど、所謂

「自分の目で見たものしか信じない」人だ。


残念なのは、信念からして見たものしか信じないわけではなく、
想像力の無さ故に見たもの意外に信じる対象がないということ。
言葉にしてもそうで、人の話を聞いていても、表面に出てきた言葉しか拾えず、
言葉の裏に隠された意味とかにはほとんど気付かない。

人を見るときにも、一人ひとりを観察は少しだけするけれど、
他人はおろか自分の深い分析もしないし、したってすぐに忘れてしまうし。だから次に繋がっていかない。
忘れるっちゃ、自分が直接聞いた話やした話も忘れてしまうしね。

一人ひとりの分析もそんな有様だから、世代間での傾向を分析するなんて言うのも全くできない。
今年初めにも書いた性格分析でも、「事実と詳細分析にこだわり、どういう意味なのかを考えない」傾向にあるらしいし。


それにしても自分の周りを見渡しても、みんな結婚には向きそうにない人たちだと思う。
もちろん自分も含めて、の話だけれど、特に女の子たちを見ていて、
若くて情熱があってすごく楽しそうに生きている人ほど、あぁ多分結婚したら不幸になるか、
少なくとも満足しないだろうなぁという人たちが多い気がする。

そしたら、やっぱり安室奈美恵とか広末涼子見たいに子どもできたらすぐ離婚して、とかってなるのかな。
できてしまう選択肢が多ければ多いほど、諦めることに抵抗が大きくなってくる。
それと、諦める年齢も上がって来るよね。

自由のリスクは思った以上に大きいんじゃないんだろうか?
家庭内暴力も、男女平等が進んだ現代に増えているらしい。

当たり前だけれど、全部の理想を実現することは無理。全知全能の神は一人でいいのだから。


無理して裏の意味を読み取ろうとしても続かないから、
私は表面だけを自分に見えるように見るしかないなと。
それはそれで、裏を探るばかりでは分からないことも見える部分もあるはずだから。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/549-0ef40739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。