スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信 じ す ぎ 。。。


私はもう残り任期も半年を切ったし、今までは正直言って無難な活動をしてきたけれど、
活動の中間報告も終えてある程度の評価を得たので、
残りはもっと(自分にとって)楽しい活動をしようと思っている。

今までずっと考えてきた、でも色んな意味で早すぎると思って躊躇ってきたプロジェクトを、
ゾルゴのDabegaという村ではじめた。


自分の中で行きつく先はあるけれど、さすがに完全に自分の妄想で突っ走ってはいけないと自分にちょっとだけブレーキをかけ、
今はPCMを使ってニーズ調査の真っ最中。
村人を、一回のセッションで最大で20人まで集め、村人自身が認識している問題について調査していく。

けれど、思った以上に問題の山積で、ちょっと不安になる…始める前から積んでないか?って気がしなくもない。
逆に何でもできそうだけれど。



で、主体性がないと思ったのは、特に一番最初のセッションをやったとき。
まだニーズ調査をする前の話で、村に行って村人集めて、AUEを中心にして村人自身で運営していくプロジェクトを考えていて、見たいな話をしたときに、ある村人が
「プロジェクトをやってくれるのはすごく嬉しい。あなたが『こういうことをやる』と言えば、その通りにするから」
と言いだしたのを聞いて、いやいやちょっと待ってよー、ってなった。

だって今、「自分たちで何やるか決めるんです」って言ったところなのに、
「あなたが何やるか決めてください」って…私が突然妄想大爆発させてしゃべっていることに対して戸惑っているのは分かるけれど、
私、ただの25歳だからね?実績も何もないから…ものすごく不安になるわ。。。


この状況に直面したときに思い出したのは、同僚が時々言う一言。
「村に行ったとき、まさがいるだけで村人に緊張がはしる。雰囲気が違う。」

それは要するにアニメーションを真面目にやるとかそういう意味で、やっぱりプロジェクトを持ちこんでくる側だから、日本人初め白い人たちがいるというのは緊張するシチュエーションなのかと思ったら、少し前に衝撃の一言を聞いた。
「ここの人たちにとって、白い人たちが言うことは正しい。」

もう意味が分からん。私には理解不能。もはや信仰の域。自分たちの言うことやることは間違っていて、白い人たちの言うことやることは正しいなんてのは。
ていうか、もともとこれっぽッちもない私の自信をなおさら無くしてしまう。


最近、自分が熱くなっていることに関して、ちょっと醒めた視点からアドバイスをくれる人が有難いと思うようになった。自分の注意散漫さとか、前しか見えない性格も分かってきたから、自分には見えていない物を見せてくれる人の存在がどれだけ貴重か分かるようになってきた。素直に人の意見を受け入れるのは多分今後もすごく難しいだろうけれど、それに気付けただけでこの先全然変わってくると思う。

ブルキナべも同僚たちは色々と意見を言ってくれるけれど、村の人は教育レベルの問題とかもあるんだろうけれど、びっくりするぐらいに私の意見を素直に受け入れてくれるから怖い。


一年前とかに衛生啓発をやっていたときには、私の活動に理解を示してくれていいな、ぐらいの感覚でいたけれど、さすがに今の状況というのは異常。村人たちとセッションをして、問題を自分たちで再認識して整理して、というのが今のところの目標だけれど、その間もむしろ私に解決策を提示して欲しい、見たいな顔して話してくれるので、もしかしたらこのプロジェクト、上手く行かないほうがいいのかな、なんて思わなくもない。

もし「あぁ日本人の言うことなんて思った以上にいい加減じゃないか、自分たちでやったって大して変わんないんじゃない?じゃああんなのほっといて自分たちでやって見ようか」ぐらいになったらそのほうがいい気がする。
そこまで村人がポジティブな人たちには見えないけれど、それでも人の言うことを信じすぎない人たちになってくれたらな、と思う。いい人たちすぎる。これだったら本当に、外から誰も何も情報も入って来ないという状況のほうが彼らのためになるんじゃないかと思う。

まぁちょっと書きすぎたかもしれないけれど、私としては自分たちの自我をもっと見せてほしいと思う。これから解決を目指す問題を絞るにあたって、私が妄想していることに対して反対意見とか、自分たちはこういうことをやりたい、という主張をしてきてくれたらいいのにな、どうもそうはならないかもしれない。


村人とのセッションの様子。

IMG_2266.jpg

IMG_2264-2.jpg
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/546-21363858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。