スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れはいつも待っている。私は私と語り合うだけ。




一ヶ月ほど前、首都から任地に戻ってくるのに、夕方のバスに乗った。
遅い時間のバスに乗るのはこれが初めてのことで、
というのも移動できる時間に制限があるし、すぐに汚くなるから早く帰って掃除してから寝たい、見たいなこともあるから、昼過ぎには着くように、今まではしていた。

今回のことは、しょうがない。しょうがなかった。
2週間ほったらかした家で掃除できないまま寝たとしても。
そう、しょうがなかった。


だけれど、夕方にバスに乗るのもちょっといいものだなぁと思った。
夕方の6時に任地に着く予定で、バスに乗ってすぐに日が沈みだして、東の空に一番星が見え、
そういう時間帯にぼーっと窓に張り付いて2時間もずっと、空が暗くなっていくのを眺めるのは悪い気分じゃなかった。

夕闇が迫った東の空に一番星がずっと輝いているのを眺めながら、後ろを振り向けば赤い夕暮れがあって、
暑くもなくものすごく落ち着く環境で、
自分が運転しなくてもいいから、ずっと空を見上げながら考え事をしていた。


人に言われたけれど、同じブルキナに戻ってきて、
でも状況は全然違う。
一度日本に慣れてしまったというのも多分、本当だし、
4ヶ月も短くなってしまった任期の中でやりきる自信も、前見たいにはないのかも知れない。
「完璧主義ですか?」と聞かれてしまった。自分ではそんな風に考えたことがないけれど、
中途半端が好きだとは思っているけれど、
でも完璧なものにはやっぱり心惹かれるよなぁ。
でもそれが自分を追い詰めていったりもする。
今の自分がそういう状況に陥っているのかどうかは、自分でもよくわからない。
あれからしばらくたって、今はちょっと落ち着いているよ。自分の気持ちも。

ネガティブなことって言ったらそれを嫌う人がいるから、私はあんまり人には言わないようにしている。
それに、誰かに言い始めたら止まらなくなってしまいそうなので。
自分の中でたがが外れて、止められなくなって、スパイラルになりそうなのも怖い。
そこは自分で必死にせき止めておかなきゃな、と思っている。


気軽に、「今日の夕暮れがきれいだね」と話せる相手がいたらなぁと、時々思う。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

ブルキナの夕景…。
それを二時間眺めることができただけでも、あなたがそこに行った甲斐があると思う。
私もそんな空気の中で過ごす時間を持ってみたいなぁ。

今は何も変わらないかもしれない。
でもきっといつかその時間があなたの力になるよ。
信じてるからね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/524-df756dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。