スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モーターサイクル・ダイアリーズ」そのに。


昨日は前半の、バイクに乗っての旅が終わるまでの感想だった。
正直な話、しかしそのバイクが壊れて直せないとなったときに、
私は、映画の二人は新しいバイクを買って旅を続けるものだと思ったのだった。

そしたら、全然違った。
何と、徒歩とヒッチハイクと船での旅になっていた。
あれ?「モーターサイクル・ダイアリーズ」なんじゃないの??

明るくてユーモアであふれていた前半と、タッチも全く違う。
どこまでも走ったり叫んだりしたくなるような景色がぱったりと出てこなくなる。
例えばあこがれのマチュピチュが登場したときも、
その美しさよりも険しさ、孤独さ、悲壮感と言ったものがまず襲ってきて、戸惑った。


この映画の主人公は実は若かりし頃のチェ・ゲバラで、南米中の診療所を廻りながら
彼がハンセン病の研究をするという目的で旅をしているんだけど、
映画の後半で彼が歩いてその目で確かめていくのは、歴史の中で分断された南米。
それとハンセン病患者に対する差別とかもあったのだろうとは思うけれど、ハンセン病に関する知識が私にはないのではっきりとは言えない。

少なくとも彼がバイクに乗っていたならば言葉を交わすこともなかったかも知れない人々と彼が出会い、
お茶を分け合い、音楽を奏で、サッカーをする中で気付かされたのは、
それが歴史の、昔の話ではなく、今でもずっと、南米は分断され続けているということだったのだと思う。

私は今までチェ・ゲバラと言う人のことは全く知らなったし、知ろうともしなかった。
チェ・ゲバラはアフリカでも人気があるようで、ブルキナでも彼の顔がプリントされたシャツを来ている人を時々みかける。
これまで、どうしてゲバラがアフリカで人気なのだろうかと不思議には思っていた。
けれど、はっきりいって調べるほどの興味もなかった。

だけれど、この映画を見てはっきり分かった。
南米もアフリカも、分断された歴史を持つからに他ならない、と。
そして彼はその後、分断されてしまった南米をどうにか繋ぎとめて、再び繋ぎ合わせるための闘争をしていたのだと。だからアフリカでも人気があるのか。

さらにいえば、南米やアフリカだけの話ではなく、分断されたのは世界だった。
白人たちが世界に進出したときに、植民地化を進めていったときに、
アフリカに国境がひかれた、南米がばらばらにされた、というだけの話ではなく、
世界全体が引き裂かれていったということを無意識に直感している人たちなのかも知れない。

少し前に、白人の歌手が「世界を一つにしよう」なんて歌っているのを見かけて、
なんかうすら寒いなぁと思った。
一方、アフリカの人たちは「ヤツらが世界やアフリカをばらばらにした」と歌っている。
南米とかアフリカに共通している感覚というのはこれなのかも知れない。
いままで世界がばらばらだったと思わされているのは、植民地化や世界大戦の記憶を今の世界から薄めてしまって、また同じことを繰り返そうとしている西洋諸国に見せられている幻想なのかも知れない。
実際、リビアのこともアフリカ人たちは冷静に
「フランスは石油が欲しいがためにまた侵略をした」
と話している。
某J国は本当はこんな戦争に賛成してはいけないんだが。
イラクの時とまったく同じく、どこかの大国を盲目的に追従するのはもうやめて、自分でいい悪いの判断ぐらいできなくちゃいけないんだが。
旧戦勝国の集まりが今でも内輪で談合やってそれを世界の合意みたいに見せていることにもいい加減、
常に疑いのまなざしを持っておかなければいけないと思う。

さて、世界は今までばらばらだったものを、今はじめて一つにしようとしているのか?
それとも、もともと一つだった世界がいま、分断されてしまっているのか?
この違いは大きい。が、その選択肢が日本にいるとなかなか与えられない。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

こんにちわ

アフリカでもゲバラは人気あるんですね。ちょっと興味深い事実を知りました。ありがとうございます

この映画内で、ゲバラがお誕生日会をハンセン病病院で開いてもらったときに、無意味にしかれた国境線を越えて連帯できるんだっていうスピーチを行っていますね。アフリカも地図を見れば経緯度線に沿って引かれた国境線が大地を引き裂いていることに気づかされます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/522-50c9fe1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。