スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUEの活動状況③:Zingadega、Nabitengaの場合。


昨日に引き続き、今日も活動がうまくいっていないAUEの活動を紹介。。。
なんか暗い気持ちになってくるね。
これから自分がその改善に必ずしも関わっていけるわけでもないのに、こうしてブログのネタにしてしまって。
なんか少し申し訳ない気もしないでもない。
昨日のTuiréは、なにかしらしに行くかもしれないけれどね。

今日のタイトルに挙げている二つの村、Zingadega(ザンガダガ)とNabitenga(ナビテンガ)は、AUEの活動が特にうまくいっていないという点でも目に付いたし、
両方の村でものすごくストレスを感じたのは、いつになく待たされたということ。
村に行って待たなきゃいけないのには慣れた。最近も衛生アニメーションに行って1時間待たされた。むしろそれが普通。こっちも段取りが悪かったのかも知れないし。

ただ、この二つの村では以上にストレスがたまる待たされ方をした気がする。
それも多少はこっちの都合かも知れないけれど、一瞬「こうやって待たせる(強いストレスになってる)村というのはAUEの活動も上手くいっていない気がする…もしかするとそこに何か、因果関係があるんじゃないのか?」と疑ったぐらい。以降、待たされる経験をするとその瞬間から、
「あぁこの村は厳しいかも知れないなぁ…」
なにが厳しいって主語が落ちがちなんだけれど、やっぱり組織運営をするうえで時間だとかお金だとかに対する細やかさというか繊細さというか、気配りができるということは大事なのかも知れないな、と考えたりしてみる。
自分のストレスコントロールはとりあえず、棚に上げて。


Zingadegaという村では、その日のお昼ごろからDPAH全員出席の大事な会があるということで、お昼前には事務所に帰らなければいけない日で、でも頑張って村を二つ回りたい、そのためにわざわざ朝6時半に家を出て村に向かった。
そして7時11分に村に到着。村人とコンタクトを取る。
8時になってようやくAUE会計係が来る。
8時半ごろになってようやく5,6人が集合、話し合いが始まる。
で、10時ごろに終了。

という感じで、待った時間と話し合いの時間がほぼ一緒。二つ目の村はこの日、巡回できず。
短い時間で村を二つ回るために6時半に出発することは当然、前日から決まっていたのに、なぜまた1時間半も待たなければいけないのか…これだったら7時半に出発していたって同じことだったのに、と思った。その理不尽さが我慢できない(最もこのときは、パーティが悪かったのかも、とも思わなくもない)。

ちなみにこの村では5つのカルティエのうち3つが支払い拒否、そのうち二つとは話がまとまりそうだけれど、残った一つのカルティエとは水の支払いについて合意に至るかまだまだ不安があり、その事実を象徴するように、その話し合いの場に出席していた支払いを拒否しているカルティエのポンプ管理人が、話し合いの途中で捨て台
詞を吐いて帰ってしまった。モレ語だったので詳しくは分からなかったけれど、どうもAUEやポンプ管理人の中でも完全に足並みが揃っていない様子で、この先のことに関しても不安になる。


次のNabitengaという村に関しては、こちらのパーティの責任ではない。というのもパーティのリーダーがDPAHの中でもかなり時間には敏感なほうの人で、前日までに連絡を間違いなく取って、当日も村に行く前に連絡をする。事実、この日に巡回したその他の3つの村では、長くて10分20分で話し合いが始まった。

が、このNabitengaという村のAUEメンバーだけ、直前になって連絡が取れなくなり、何度も電話をかけてみたり、リーダーがその足でAUEメンバーを探して村を歩き回くなどして、本当にそれでもこの村のAUEメンバーとの話し合いができるかどうかということに対して私は懐疑的でいて、今日のところはもう帰ってしまったほうが得策なんじゃないかとずっと考えていた。

なんとか1時間半粘った結果、表れたのはたった一人。その後も合計で4人ほどしか来なかった。この、約束をしておいたのにこれだけ待たされるということ、またメンバーを集めることができていないということに、果たしてこの人たちはやる気があるのだろうかと、私は憤ったと言って間違いないと思う。

AUEの活動の話を聞いてみたら実際に「やる気あるの?」と言いたくなる状況で、AUE設立はしたものの、水料金の支払いはほとんどなく、ポンプが壊れたときにはAUEは蚊帳の外でカルティエ内で話し合い、お金を出し合って修理する。AUEがほとんど機能していない。そういう状況だからもちろん、ポンプの管理人だとか銀行口座座とかもまるっきりできていない。


こういう経験をしているおかげで、来た当初とは違った意味で待たされるということにストレスを感じるようになってきたなぁ。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/514-5d0c210c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。