スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUE活動状況。


前回のブログで公開した自分の活動計画では10月11月、AUEに関わる活動をする予定は特に組んでないけれど、
ゾルゴに戻ってきてみたら、毎日のように村を巡回してAUEの活動の追跡調査をする予定が組まれていた。
こういうチャンスはめったにない。


ということで久しぶりに村巡回、AUEポンプ管理組合の活動調査について行くと、けっこう話が進んでいて驚いた。4ヶ月も留守にしていたとはいえ、あぁやればできるじゃん、というのが正直な感想。

例えば、住民に理解を求めて集会を開き、
ポンプ一つ一つにポンプの管理人を置き、
AUEのお金を管理するための口座を開き、
住民からいくらお金を集めるか決め、
実際にお金を集めて、
市役所やポンプ管理人に支払ったり、
ポンプが壊れたときには集めた中からお金を出して修理をする。

そういう作業を「これからやりましょう」と言って
ゾルゴに33ある村全てからAUE代表メンバーを集めて市役所の会議室とかで研修をやったときには、
村人には学校に行っていない人も多いわけで、その研修内容がちゃんと理解できたかかなり不安を抱き、
この先大丈夫かな、全然何も進まないんじゃないかな…と心配したものだったけれど、
できているところはできていた。
もちろん逆に、できていないところはできていないけれど。

上にあげた作業が全てで来ているところは少ないけれど、
それでも少しずつ、住民たちがポンプの管理を自分たちでやるんだという自覚を持って取り組んでくれているところをみると、嬉しくなるし、もっと応援したくなる。



いくつか村を見ていて、案の定、一番大きいというか、目立つ問題としては
「払ってくれない住民、納得しないカルティエ(quartier:村の中の地区の単位)がある」
というもの。

で、「じゃあそれをどうやって解決するつもりか?」
と聞くと、
「支払いが必要だということを説明し続けて行く」
とみんなが言う。

同僚はそれで納得しているけれど、果たしてそれで大丈夫だろうか?とちょっと疑問に思っている。
もしこの問題が私の心配通りに続くようだったら、もっと深く掘り下げて
「どうして払えないのか?支払いが必要だということは理解しているのか?問題が料金なら、いくらだったら払えるのか?」
ということを調査して行こうかなと思っている。まずはこの問題も、様子見。



それから、ポンプ管理人の人も巻き込んで、ポンプの周りが汚いことが多いので、
その汚れに対して住民が敏感になるように呼びかけていくこと。
AUEとか管理人と協力して呼び掛け、全ての住民に関心を持ってもらいたい。
掃除することもそうだけれど、汚さないように普段から気をつけることが大事だと思う。



それから、ちらほら聞く問題で、
「ポンプが古い」
というのもどうしたらいいか考え中。
ポンプ全体がかなり消耗してきているせいでいろんな箇所が壊れ、
頻繁に修理が必要なポンプばかりの村は大変見たい。
だったらその古いのを全部とっ換えて、ほぼ新品のポンプにしてやればいいじゃないかと思っていたら、
そのためにはポンプ一基に対して1,500,000フランも必要だという…
日本円にしても30万近くになる。
あぁ、予想以上に、というか予想をはるかに超えて高い…
村人に簡単に提案できる策ではないなぁと思う。
なにしろ、例えば一つの家庭で年間に3,500フラン払ってもらうだけでも苦労しているのに、
けっこう無理強いをすることになるなぁと。
もうちょっと修理の頻度と額を調べて計算してから、提案することになるのかな。


…ということを、AUEの追跡調査をしながら考えている。
次からは具体的に村の名前を挙げながら、どういう状態か見て行こうと思う。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/504-cc87713c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。