スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結論:結局、鍵なんてあってもなくても同じことなのだ。


退避になるまでブルキナで使っていたカバンは、底が小さいのに無理やりパソコンを詰めていたために破れて穴があいてしまい、しかも白いのを使っていたので埃で全体が黒や赤茶色に汚れてしまったので、日本に帰ってくるなり捨ててしまった。

で、今回持ってきたカバンは色も黒いもの、そして入れたらパンパンになってしまうけれどなんとか無理せずにパソコンが入るサイズ。やっぱり新しいカバンを持っていくと、みんなが「いいね」とか「ちょうだい」とか言う。そんなに欲しいのなら日本に帰るときに、またぼろぼろになっているかも知れないし、でもぼろぼろにしないつもりで買ってきてはいるけれど、誰かにあげたっていいかもしれない、と思う。

で、そのカバンにアクセサリーで鍵がたくさんついている。カバンと一緒に買った。5本のカギ。
で、おそらくブルキナべたちも飾りだと分かって聞くんだろうけれど、「それ、いっぱいついているけれど、何の鍵なの??」と聞かれる。なんだか面倒くさいと思うとそのまま「アクセサリーだよ」と言って終わらせるんだけれど、時々ちょっと気のきいたことが言いたくなって、「これが友達の心の鍵で、これがあの人の心の鍵で、こっちのはあなたの心の鍵で…」見たいなアホなことを言ってみる。
それで笑ってもらえる時もあるけれど、全く通じなかったときもあった。「これが家族の心の鍵で、だから遠く離れてても会話ができるんだよ」(言ってみただけだからね)と言ってみたら、彼は妙に納得した顔で

「あーなるほど。電話だってあるし、ネットだってあるもんねぇ。遠く離れていても会話ができるよね。」

……
まぁそうだけれど。ネットとか電話とかあるけれど。ごめんなさい、ウソでした。。。
と説明もできないくらいに自分で自分に唖然として、そういうことにしておけ、と思って頷いて返した。




何年か前に海外旅行した時に、ドイツで知り合った日本人が友達のブログをネットで見ている横に居て、ブログで海外で暮らす中で英語で言いたいことが上手く言えないことにもどかしさを感じる、悩む、と書いてあるのに激しく共感しているのを見た。その時に、外国語を使うということはそういう悩みを持つことなのかぁと、もし自分が海外で暮らすようになったら同じような悩みを持つのかなぁと、ぼんやり思った。その時から具体性は全くなかったけれど、海外で(というかヨーロッパで)暮らしたいとか考えていたから、そういうことを少しぐらいは想像してみた。
で、ヨーロッパじゃないけれどブルキナで暮らすようになって、自分が言葉で抱えている悩みと言えば…ひたすら、報告書。はじめて配属先に、一か月の活動をまとめて報告しようとしたときに、自分のつづった言葉が悉く別の言葉に置き換えられていくことに屈辱とかそういう感情のものを感じて、あの時は本当に泣いた。直してくれている同僚に、「いったい、なんでこれじゃ駄目なの??」と半泣きで怒鳴ったりもした。さすがに今、泣くほどのことはないけれど、それでもフォーマルなフランス語を並べていく作業は苦手でしょうがない。活動の折り返し地点を日本で迎えて、10月になってやっと活動の中間報告、それも上司の上司でありプロジェクトリーダーである州局長の前でのプレゼンで、加えて本当は5月初めにやる予定だったものがやっとできると言われれば気合は入るものの、このフランス語の壁を前にすると途方に暮れる。

でもそういう時に、ちょっと思い出して「こんなはずではなかったのにな」と思うのは、自分が悩んでいるのが自分の表現したいことが表現できないからではなくて、自分の言いたい言葉が自分なりの言葉にしたときに相手に通じないからではなくて、主にときと場合に応じたフランス語に適応しきれていないからだったりする。
もしかしたら私が表現したいと思うことをあまり持っていないせいかも知れないし、同じ悩みを持っていても意識していないだけかも知れないし、そもそもみんなが持っている言葉に関する悩みというものを私が取り違えている可能性だってある。

ただ少なくとも、私は鍵の話をしたときに、誤解させることを言った自分が悪かったなぁと、アホなことを言うのはもうやめにしようと思った。言いたいことが伝わらないとき、というか自分の考えに納得してもらえないときというのは、日本語で話しているときのほうが多い気がする。

外国語だと上手く表現できない、というのは私が思うに、ただの主観な気がする。多分、日本語でだってうまく表現できないことはものすごく多い。言葉ができればできるほど、逆に言葉の限界に気付かされることも多い。言葉ができないときにぶつかるのは自分の可能性の問題なのだから。
だから自分が表現できないことに納得できるのは分かる。でも、そもそも日本語で話しているときにだってお互いの想像力というか妄想力というか、誤解したままで済ますことができる能力がなきゃ、多分コミュニケーションなんてものは成立しないと。私は常々、そう思いながら生きています。

スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/498-7948e15e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。