スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ち


旅立ちって、一体どんな色かなぁ…
と、ふと思った。

まぁ、なんでもいいんだけれど。
旅立つなら、朝と昼と夜とか、何時頃がいいだろうか??
旅行じゃなくお出かけじゃなく、旅立ち。

まぁ何と言うか、昼間に旅立つというのは変な気がする。
青い空の下、旅立つというのはなんとなく、暑いし、色彩的にも情緒がない。
みんなが周囲のビルにこもって働いている時間に旅立つというのもなんだか、申し訳なくなってくる気がする。
それに、旅立つには元気がよすぎるイメージだね、お昼は。
太陽のような明るい笑顔で
「さーぁこれから旅立つぞ!」
というのはどうも、旅立つ動機に欠ける
気がする。

うん。昼はダメだ。
チャップリンだって、「モダンタイムス」のラスト、二人が旅立つシーンは
朝と夕方のカット。昼は二人は歩いていない。


ところでもう一つ大事なのは、旅の手段
徒歩か車か電車かバスか…これも結構、大事な話だと思う。
あぁ、飛行機もあるか…でも飛行機はやっぱり、移動手段であっても旅の手段ではない気がする。
旅で楽しむべき情緒を飛行機は提供してくれないと思う。
でも、バスはイヤ
これは根拠があるわけではなく、ただ単に私の好み。
絢香の「First message」というアルバムの一曲目、
「Start to 0」という曲の一説では、
『疲れ果てたなら バスに乗って旅に出ればいい』
とあるけれど、疲れたときにバスはなおさら無理
家かホテルでしっかりと休養をとった後でなければ、バスは無理。

そうするとやっぱり、電車か車、それか思いっきり原点に立ち返って徒歩。
水戸黄門も西行も松尾芭蕉も徒歩で旅をしているのだから、
東北も四国も徒歩で行かなければ本来は、その目的を達成しないものなのだ!!
新幹線なんて、もってのほか!!
厳密に旅を突き詰めていけば、の話ね。


そうそぅ、もうひとつ、旅の手段がある。
私にとってはまず、これ!が出てこなきゃいけなかったんだけれど。
船の旅。
私に限らず、遣唐使や遣隋使とかの古の時代、
日本に限らず大航海時代など、
海を旅することで人の知識や世界は広がりも深みも増すものだなぁ。
生命の原点でもあるわけだし。

人は、海からやってきて、
また海を旅して、
進歩を重ねていくのかもしれない…

なんて言ったら、ちょっとカッコつけてていいかも。


ちょっと前に、
「これが旅立ちの写真です。」
と言ったら説得力があると思う写真が撮れた。

ところでこの写真は、朝に見える?それとも夕方??


IMG_1175.jpg
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/482-9bc4de6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。