スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低のライブハウスで最低の経験。



昨日は、一ヶ月も前からずっと楽しみにしていた、
寺久保エレナのライブ
だったのに…

思い出したくもないくらいに悔しいけれど、
ライブも半分までで「もうこれ以上居たって、楽しめそうにない」と思って、
『Brack & Tan』を出てきた。

『Black & Tan』というのは、ライブハウスの名前。
JAZZ bar, 『Black & Tan』。東広島の、黒瀬にあるライブハウス。
ここに来るのは初めてだったけれど、今思い返してみればなんかものすごく不思議というか、
一生のうちにこれだけいらっとする出来事が何回あるだろうか、って思うぐらいに腹が立ったのだ。

だけど遠慮しすぎというか何でも穏便に済ませようとする私は言いたいことも言わず、
どれだけすごい人が来たって、このライブハウスでは絶対に見たくない!!もう二度と来ない!
と心の中で叫び、ついでにバイク運転しながら、
時々思い出したように「ばかやろーーっ!」と叫びながら、
『Black & Tan』というライブハウスを後にした。


ライブ自体は多分、そんなに悪くなかったと思う。
デュオだったから選曲も全然違ったけれど、音を聞いていれば、
いいとこも悪いとこも含めて、あぁいつもの寺久保エレナだなーと思いながら見ていた。


だけど、ライブハウスの側がものすごくひどくて、ずっと音楽には集中できなかったし
食堂としてもなかなかない低いレベルで、それはもうがっかりさせられた。

とりあえずパスタがまずかった
パスタに関しては、私の主観だから、違う人が食べたらおいしいと思うのかも知れないけれど…
正直、作り方間違えてるのかと思ったぐらいに味がない。
それに、食べる場所によって味が少ししたりしなかったり。
あれ、「正真正銘のアーリオ・オーリオ(オイルのみ、という意味)です」って言って出せばいいんだ。
あれはペペロンチーノじゃない。
ああいうのを出されたら、他のも期待できない、と私は思う。

次に、厨房がむき出しでうるさい。スタッフの足音も響く。
店に入ったときにまず、一番に疑問に思ったことだったけれど、ライブが始まったら
「やっぱり、そうだよねぇ…」と思った。
炒める音、水道の音、皿やグラスを扱う音などが、いちいちうるさい。壁ものれんもない。
ライブ中にそういうことに気を使っているふうでもない。
床や靴も、足音が響かないようなものを選ぶとか気を使って歩くとか、できるんじゃないの?と思った。
少なくとも私ならそうする。
そして内装、見た目だけおしゃれにこだわってて、机の配置までおしゃれに見せようとするからスタッフが配膳に来ると歩きにくそうで目立つ。余計に邪魔くさい。気が散る。

髪の長いスタッフが髪を縛っていないまま配膳をするのでとても不潔
実際、食べ物や飲み物に髪がつきそうになっているのを何度もみて、不安になった。
女性スタッフは4人ぐらいいて、肩まで髪の毛が伸びている人も何人か。
一人は完全にロングヘアーで、それを平気で垂らしている。
これは「私だったらそうする」というレベルではなく、食品を扱う店としての自覚がないと思う。
ついでに言っておけば、厨房を見ていても、スタッフが手洗いやアルコールスプレーを使っているのを見なかった気がする。

サラダは極めつけ
パスタは不味すぎてほとんど食べれなくて、代わりになにか、と思ってスタッフにおすすめを聞いてサラダを頼んだんだ。不味いのはもう嫌だったから。
だけどよく考えたら、ここは不潔な店だからと、不安な気持ちのままサラダを頼んだら、
一時間待ってようやく出てきたそのサラダに、
髪の毛の代わりにビニールが入っていた


これ全部、一体なんで?どうしてこうなるわけ?
私にだけ、なにか嫌がらせしている??と思うぐらいに、不愉快にさせられた。

あそこには絶対、もう二度と行かないし、人にも勧められないし、
どれだけいいプレイヤーが来てもここにだけは入りたくない。
交通の便が良くないけれど、内容が良ければ…と思ったけれど、
あらゆる意味で最低を知らされた場所だった


それでも、寺久保エレナが居れば、私もそこに残って彼女のサックスを聞く価値はあるかも知れない、と思ったけれど、
あの環境の中で、一瞬でも調理やスタッフが動く時の音、あるいは料理を運ぶスタッフを見るたびに
たった一時間二時間のうちに全部起こったことが思い出されてきて、
何度もいらっとさせられるのかと思うと、これはむしろライブと差し引きでマイナスになって、
とてもいい気持ちになって帰ることはできないだろう、という判断をしたのだった。
帰り、マイルス・デイビスをガンガンにかけながらアクセルをいつもより多くひねる。

1時間ライブを見ていて、なぁんも残ってなかった。



本当は、料理にビニールが入っていたんだから、私は怒鳴って出てきてもよかったと思うわけ。
大きな声で、その場にいる全員に聞こえるように、「ここではビニールを食べさせるんですか」って怒鳴ってもいいわけ。パスタもまずい、サラダもダメで、「普通だったらこんなものを出しておいて客からお金取れませんよ。どういう神経しているんですか!」って怒鳴ってもいいわけ。ライブは楽しめない最低な環境で、あんなに楽しみにしていたのに実際には半分聞いただけで出てきてしまって、ライブの料金返せ、どころか「慰謝料を請求します!」とだっていう権利があると思う。こうなったら「行列ができる法律相談所」に投稿して、いくら慰謝料が請求できるか聞いてみたい、て思うぐらいに。

実際に慰謝料取れるかどうかは別にして、それぐらいに自分の不快感を伝える方法はあったし、
本当は伝えたほうが店もよくなるのかも知れない、ぐらいは思うけれど、
その場に居た周囲の人たちを巻き込んで不快にさせることもないのかな、と思って何も言わずに出てきた。

もしかしたらこれから、あそこを通るたびに不愉快になるかもしれないなぁ…と思うとまた、腹立ってくる!!
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

そんな店もあるんじゃな。。。
最低じゃな。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/480-7cbe3db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。