スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の物差しを冷静に分析すること。


月に一回、子供たちを集めて工作や本の読み聞かせをやっている団体に頼まれて、
ケニアの絵本を読んでから、ブルキナの話をした。


子供は好きなので、小学生ぐらいの子供が集まっているところで話ができたり、
子供と一緒に遊べると思うだけで、嬉しかったりする。

今回は特に相手が子供ということもあって、前回よりも気をつけて、
貧しい国というイメージが前面に出ないように、
協力隊だとかそういうことではなくて
ケニアブルキナという国があること、
別のライフスタイルがあることを理解してもらい、
興味を持ってもらいたいと。
その名前を覚えて、うちに帰ってから家族と
ブルキナファソって国の話を聞いたんだよ
と話をしてもらいたいと。
そう思いながら話した。

子供の前で読んでほしいと言われたケニアの本、
僕のだいすきなケニアの村
も、ただケニアの少年が村を走り回って
村のみんなとあいさつをして歩いていて、
その様子を通してケニアのとある村落部での
伝統的なライフスタイルがあるということを伝えよう、という内容。

IMG_1161.jpg

だからそれに続けてする私の話も、
援助だとかそういうくだらない話はしないで、
ブルキナという国での生活や子供たちの様子を見せてやろう、
そう思って臨んだ。


小学3,4年生の課題図書になっているので、
冗談めかして
「感想文を書くこと!!」
って言ったら、小学3,4年生から
ブーイングの嵐(笑)
みんな、素直で可愛らしい♪
本のテーマは異文化理解だけれど、そこを上手く伝えられるかどうか?子供たちはどう思っただろう??

中には幼稚園ぐらいの子から
大きい子で小学5年生までいたと思うんだけれど、
最初にアフリカのイメージを聞いてみたら、
肌が黒い、動物がたくさんいる、暑い…など、割と典型的なイメージ。
本を読んでから、そしてブルキナの写真を見せながら話をした後に
何度も「日本と違った?」「どういうところが?」
と聞いてみると、少しずつ具体的になってきて、
子供らしい率直な言葉が多かったけれど、
家や食文化、服装、遊びなどなど…
私も話すのが上手くないから、そういう表面的な違いがあるということは、
ただそれだけではなくて、もっと考え方や価値観にも違いがあって、
そこまで含めて異文化を知るということ、理解するということ。
そこまで理解してくれた子供はいなかったかもしれないなぁ。。。
30分という時間は短いし(いいわけモードに突入)、
その中で絵本も読み写真を見せながらとやっていたら、
情報として多くのものが入ってくるかも知れないけれど、
それを自分の知識や経験として吸収させるのは本当に難しいと実感した。

ブルキナの写真を見せながら話をしていると、
「日本に生まれてよかった~」とか(電気や水道がないという話をしたからかな)、
「働きたくな~い」といった声(水くみや牛の世話をする子供の話をしたから)がちらほら。
そうじゃないんだよ、私が言いたいのはそういうことじゃないんだ、
って何度も言いたくなったけれど、それを言ったら
子供が考える必要がなくなってしまうかも知れないと思って言わなかった。
私のいい方が悪かった部分もあるし、
今はそういう感想でもこれからまた考えを深めてくれるかも知れないし。
着ている服は汚いし、学校に行くことができない子供もたくさんいるし、電気も水道もないけれど、
みんな幸せに楽しく暮らしているってことを、
絵本のニュアンスや写真に写った人たちの表情を見て理解してくれる子供たちは、
たくさんいる、と思いたい。
加えて、もしも余裕があったら…もう一度自分たちの生活を振り返ってくれたら。
電気や水道がないのはかわいそう、ではなくて。
虫を食べるってことは他に食べるものがないんだ、ではなくて(事実の一つではあれど)。
自分で想像するよりもずっと難しい。

ちょっと気になったのは、
「ブルキナの子供たちは、日本のことを知っています。学校で勉強もするし」
と言ったら、
「戦争のことも知っているの?」
と聞かれたこと。
子供にとっての「日本」がどういう存在でどういうイメージなのか、
ということも聞いてみたくなった。
そのほかの何を日本だと子供は認知している?
総理大臣?GDPほか経済関係?歴史?芸術やスポーツ?地理や風土?
子供にとっての日本ってどこからどこまでなんだろうか?
その中で、戦争のプライオリティは何番目??


私のプレゼンの時間が終わり、みんなで工作している様子。

IMG_1162-2.jpg



私は2年前に広島の平和活動(核廃絶運動)のことを

亡霊がやっている運動だ」

と感じて、そこから距離を取るようになった。
私が亡霊の運動だと思ったことを、自分の今の哲学を元に言い直すと、

今の日本の歴史は戦前(戦時中)と戦後しかない。
広島の歴史は原爆と平和活動しかない。


私たちは、それ以外のことをどんどんと忘れて、歴史を失くしていっている。
それ以前の歴史を取り戻すか?今回の東日本大震災も歴史にできるかどうか?
そういう作業が必要だな、と思った。新たな日本、世界を創り上げていくために。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/470-4a74882b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。