スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日真夏日だった




日本も暑くなってきた。
30度を超えることが珍しくなくなってきて、汗がだらだらと流れる。
とはいえ、まだまだ本格的な暑さではない気がする。私の感覚に照らすと、一番耐え難いのは残暑。6月7月の暑さはまだ、それをレジャーに変えるための余裕というか、しろが十分にある気がする。

ところで正直に言って私にとっては、そこまで暑いとは思えないし、むしろ風が吹けば寒いとまで思ったりする。数日前にバイクのショップに行ったときに、そこのスタッフに「暑いですね」と言われて反射的に「そうですね」と答えてしまったけれど、その時の私はシャツを二枚重ねてその上にまた、冬用のごっついジャケットを着ていた。Tシャツ一枚でバイクに乗っている人が何人もいるというのに。
そう言うとみんなに言われるんだけれど、やっぱりそれは最近までブルキナファソに居た所為だろう。気温30度はまだまだ、涼しいほうという環境に1年近くいたんだから。そこの環境というのは、実際、本当に過酷だった。「でも湿気はなかったんでしょう?」と言われることもある。確かに湿気は少なかった。でも気温40度以上に毎日のようになるのは本当に身にしみて暑いし、体へのダメージも少なくなかったと思う。
ブルキナにいる時に、体温を測ろうとして体温計の電源を入れたら「39度」と表示された、という話をしようとしたら、ものすごく驚かれた。そっか、その話、まだしてなかったのか。そのころに書こうと思っていたトピックスたちは、書き溜めている間に国外退去ということになってしまって、発表しないうちに日本に戻り、そのままブログに載せるタイミングを失ったままだったのだ。ブルキナファソの、任地にいたときにはネット環境が悪く、週に1度か2度ネットカフェに行って、メールチェックがてらブログも更新する。そういうことをやっていた。そういう環境だったので、うちに居ても基本的にやることがなく、それで本をだらだら読んだりする合間に考えたいろんなことを文章にしてためておくことが割と簡単にできた。なので書いたそばから更新できるものは少なくなり、だいたい1週間とか2週間前の出来事をまとめたものをブログに出していってた。だからこの体温計の話も、そうして出そうと準備している間に帰国となってしまったものと思われる。
なので近々その体温計の話を載せようと思うんだけれど、そのきっかけは熱中症っぽいもの。医者に診てもらったわけではないのではっきりとは分からないけれど、暑い中で活動をしたことが多分、その原因。
アフリカの人はあまり働かない、そしてその理由は彼らが怠惰だから、と思っている人も少なくないのではないかと思う。私の感じた範囲内で言えば、それは誤解だと思う。彼らはよく働く。ただ、暑いときに一生懸命働くとすぐに体の調子を崩してしまうというのは間違いない。そのせいで、一日のトータルでの働く時間が短くなったりとか、お昼寝の時間が多めに取ってあるということにつながっているんだろう。エアコンもないし、畑仕事になれば炎天下でってことになるしね。そんなの、真面目ってだけで乗り越えられないでしょ。みんな普段から、水を飲みながら仕事してた。すごい勢いでのどが渇く。体はからから(かさかさ?)になってて、汗もかいていない。で、もう我慢できないと思って水を飲んだら、その瞬間に全身の毛穴という毛穴から汗が噴き出る。あっという間に全身が水浸し。何のために水を飲んでんだか(笑)今でも水分補給はちゃんとしているつもりだけれど、全然飲む量は減ったなぁ。
人間だけでなく動物たちも暑い日は一日中何もせずにひたすら休んでいるんだけれど、それも5月6月ぐらいにまとめてブログに載せようと思って撮りためていたやつを、これも準備しているうちに帰国になっちゃったから結局まだ出せてないけれど、めちゃかわいい写真も多いことだし、そろそろこの辺でみんなに見せようかな♪
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/450-49d30ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。