スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安田女子大学とフランス語検定



個人的に、女子校にはちょっと嫌な思い出がある。
まぁその話はあとにするとして、今日は安田女子大学にてフランス語検定があったので、行ってきた。
朝10時から準2級、そしてお昼の2時15分から3級の試験。ただし、受験票に「遅刻は30分まで」とあったので、何しろ家から安田女子大まで2時間ちょっととかなり遠いこともあって、じゃあちょっとなら遅刻してもいいか、の精神で試験会場に向かったら、実際に会場に着いたのは試験開始の数分前。そして他の席は悉く、すでに埋まっている。当然か、「10分前に着席」って受験票に書いてあるし。みんなはそっちを重視しただけだ。


だけど、いくら「受ける人が少ない」とはいえ、英検とかTOEICみたいな雰囲気を想像していたら、準2級で本当に、10人余りしかいない…そしてそういう、受ける人の少なさを反映してか(私の勝手な想像だよ)、問題の量が時間に対してかなり少ないし、合格のためのボーダーラインが100点満点中60点というのは個人的に、納得のいく数字じゃなかったりする。私が口出しすることでもないんだけれど。しかし、不当に(?)簡単な気がする。実力が過大評価されてしまう。

その朝の試験中、始まったら一番前の席に座ったおじさんがすーすーいってて、妙にうるさい。ぜんそくなのか知らないけれど、とにかく始終、彼の息の音が気になって気になってしょうがない。特に大きな音がするたびにいらっとしてそのおじさんの背中をにらんでいたら、その瞬間に試験官と目があってしまって、試験官は「ん、何だ?質問でもあるのか?」みたいな顔をしてこちらを見る。ので、私はあわてて目を逸らす。私の性格として、もともと周りが気になってしょうがなくってきょろきょろしてるんだから、そういうのはやめてほしい。気になって眠れなくなったらどうしてくれるのさ???

そうこうしているうちに試験が終わってお昼休憩。午後の、3級の試験が始まるまではかなり時間があるので、会場の外にでてご飯を食べて、また戻ってくる。大学のキャンパスの中を散歩して時間つぶし。別の棟では秘書検定とかもやっていたみたい。

それにしても山の上にあるなー。この写真、結構見下ろして撮ってるんだけれど。こういうパノラマは、結構好き。ちなみにアストラムライン駅から上がってくるこの坂道は、毎日登っていると足が太くなってしまう、その名も「大根坂」。女子大ならではのネーミング?!
(ちなみに静大キャンパスへのみちのりは「定年坂」と呼ばれてた。)

IMG_1001.jpg

そして、こんなに広くて開放感あふれるキャンパス。建物もすごくきれいで驚いた。ここの芝生にねっ転がってみた。さわやか。

IMG_1004.jpg

IMG_1011.jpg

そして、教授は微笑みながら芝生を目指す(本当にここの大学で教えているらしい)。

IMG_1013.jpg

そして午後の試験がやっと始った。3級。相変わらずのボリューム不足。物足りなさが残る。隣の女の子が、麻生久美子に似ている気がした。ちょっと不思議系の雰囲気。時々、妙なタイミングで頭をかしげる。
問題はさっさと解いてしまって、余った時間は寝ようと思ったけれど寝れず、自分の解答を見直すのにも力が入らないし、落書きしようにも猫の絵がいいか犬の絵がいいか分からず、結局、裏表紙のメモ欄にフランス語検定とは全く関係ないことをだらだら書いて終わるのを待った。
終わったら、どちらの試験もその場で模範回答が配られたので、自己採点してみたらどちらも9割取れてそう。多分、合格。準2級は面接試験に招待されそう。ということで今回の問題用紙を公開♪汚い字で見せるのも本当は恥ずかしいぐらいだけれど、一番派手に書きこんでるのがこのページ(ちなみに3級)。

IMG_1015.jpg

IMG_1016.jpg












ところで、最初にちょっと触れた、女子校に関する嫌な思い出の話をしとこうと思う。あれは多分、英検を受けたときのことだと思うんだけれど。当時、私は高校生。で、試験会場は隣の女子高校。自分の席を見つけて、そこに荷物を置いて、係の人に
トイレはどこですか?
って聞いたら、女子トイレに案内された!それは私のエラーでも係の人のエラーでもなく、そのフロアーには生徒用の、女性用のトイレしか設置されてなかった。足がすくみまくったけれど…しかしどうすることもできずに、係の人に案内された通りにそのトイレにおそるおそる足を踏み入れたら。
まさしく正真正銘、女子トイレ。目の前に数えきれないぐらいの扉という扉が広がる。立ちくらみがしそう…と思いながらも、勇気を振り絞って個室の一つにたどり着こうとすると、たったそれまでの間に、二人の女性とすれ違った。しかも一人は高校生。その子と、ばっちり目があった。睨みつけるような眼、だった気がする。自分の後ろめたさがそう思わせるのかもしれない。とにかく、今すぐにでもその女の子が
痴漢!!
と叫びだしそうと思って怖かった。自分が犯罪者になった気分。あれほど悪い気分になったことも少ない気がする。だから今回も、会場が女子校と聞いた時には一瞬、すくみあがったことだけれど。
よかった、会場は棟の2階。階段を20段下りたらすぐそこに、男性用のトイレがあった。

あーよかった。安心した。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/447-b81d9cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。