スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のため


同僚の、「君のすることは何でも手伝うよ、だって君は僕たちを助けるために来ているんだから」という言葉に傷つく。

私が毎日焦りに焦って、自分の存在価値を確かめ、また確かめさせようとがむしゃらに、そしてどこまでもひたすらに自分のために頑張っているときに、同僚はこうも簡単にここにいる私の意義を認めてしまう。せめて、その場では涙を流さない。

私にとってはそれが、自分の出したい結論だと思っているからこそなおさら、同僚の一言は無神経に響く。
私はどこまで行っても自分のためにしか頑張れない。
エゴイズムだけが存在する。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/406-35c47f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。