スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藪の中



「私たちは教師で農業に関する知識はないから、そういう研修をやってほしい。」
と、学校菜園を進めている学校の校長先生がポツリと言ったのが始まりだった。

私は知らなかったんだけれど、野菜の畑を作るのに一番重要なのは金網だとか。うちの近くの畑には金網がなかった気がするから、何でそんなものが大事なのか分からなかったけれど、人間と同じぐらいに牛や羊が歩いているここでは、動物が苗を食べてしまわないように、何にも増して金網が重要なんだとか。最初に資材配布に行った時に
「金網がなきゃ始められない」
というのを聞いて、何言ってんの?と思ったものだけれど、確かにそれは大事。
で、1月始めに改めて金網を配って、今やっと苗を植えたりし始めたところ。

12月終わりの段階でひとつの学校では、たまねぎの苗を農家さんに頼んで作ってもらっていた。種は配布されたもので、金網がなくて始められないこととか冬休みが重なっていたから、早く始めたくてあせっているのかな、とそのときは思った。
そのことをUNICEFに連絡したら、「子供が学ぶためのものなので、先生たちは研修も受けているはずなので、次からは学校で苗作りからするように指導してください…」という趣旨の返事が来た。

が、1月末に追跡調査に行ってみたら、冒頭のような言葉が返ってきた。さてどういうことだろう?研修というのは10月末にルンビラで行われた、学校菜園と環境教育のための研修のことで、私も参加していた。菜園のための資材を配布する学校の先生を集めて研修をやったはずで、だからこの学校の先生も参加しているはず、なんだけれど。そう思って、研修の資料を引っ張り出してみてみたら、やっぱりその学校の名前もある。参加した、はず…だけれど。でも学校の先生は3人が3人とも口をそろえて「参加してない、どころかインフォメーションもなかった。」という。
変じゃないか、えぇ?資料にはちゃんと学校の名前が載ってるのに、先生たちは口をそろえて「参加してない」という。インフォメーションすらなかったなんて。
私自身も研修に参加した。そこで、ゾルゴの先生を数人見たと思う。ちゃんと話して、どこの村だとか名前だとかを聞いたわけじゃないからはっきりとは言えないんだけれど、ゾルゴの市役所で行われた、ゾルゴの全部の先生を対象にした研修に一緒に参加していたひともいたから、ルンビラにもゾルゴの先生はいた、と思う。ただ、どこの学校の先生か分からないだけで。あの時はまだフランス語も本当にできなかったし、連携プロジェクトとか言って、自分が何をこれからするかというのもよく分かってなかったしね。

ただ、研修を受けていないというのが本当ならある種、たまねぎの苗を学校で作らなかった理由ももうひとつ浮かび上がってくるというもので、つまり知識がなくてやり方が分からなかったから学校では作らなかった。苗を依頼した以外にも、何か技術的な相談を農家の人にしているのかも知れない。
とりあえずは、研修のときに配られた菜園と植林に関する資料を校長先生に渡しておいた。本当に研修受けていなかったらどうするんだろうなぁ、また研修やるのかな。とか思ってみる。

…この状況、面白がってる。何でこうなったんだろうとか、誰が正しいんだろうとか、このあと誰が何を語って去っていくんだろうかと…傍観者気取りで、舞台から目が離せない。



スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/388-e7ad23ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。