スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅に憧れてだらだら過ごす自宅より


最近、トーンダウン気味の私。
年が明けてからの再スタートは、スローに。

最近、ブルキナ隊員間で流行っている日本の深夜番組のフィルムを延々と見ている。全部で20分強の作品が200本程あって、見ても見ても終わらない。休みの日も本を読んだりする傍ら、半日ぐらいはずっとそのフィルムを見てたりする。だらけ切った休日及び平日。
もうかなり最終話近くまで来ているんだけれど、ハノイからホーチミンまで、ベトナムをカブ(ホンダの50ccバイク)で縦断するという企画を今、見ている。10年近く前のベトナムの交通事情、道路状況。それらが今のブルキナに似てるなぁと思いながら見ている。舗装されてない路面が多い、舗装されてても穴ぼこだらけで修理はできてない、対向車線を思い切り走る車…それから、50ccバイクが庶民の足として主流ということ。ブルキナの場合は、50よりは80とか100ccのものも多いけれど。とにかく、ほとんどみんな小型バイクで走ってる。トラックや大型バスは多くて、普通乗用車のほうが見かけないくらい。ちなみに、四駆が多い。

そういうのが、途上国の風景というものなんだろうなぁと思いながら見る。ブルキナは、数年前までは自転車が圧倒的に多かったらしい。特に主都。ワガは今、バイク天国だ。
ベトナムは10年近く前にこの状況なら、今はもっと道路がきれいで車がバンバン走ってる頃じゃないかと、想像している。私が小学生のころは、「中国の道路は自転車でいっぱいだ」という写真が社会の資料集か何かに乗っていたけれど、中国人が自転車が好きなんじゃなくて、ただ単に所得に応じた交通手段を使ってただけなんだなぁと、最近になってようやく気付く。東南アジアのどこかの国で(ベトナムかどうかはわからない)、オートマの、まさに日本でたくさん走っているような50ccのスクーターが特に女性の間で流行ってるという新聞記事を読んだことがある。中国やベトナムの交通事情が今どうなっているのか、ブルキナの交通事情が10年後にどうなっているのか…。

ガーナに行きたい。別に、行って何をしたいというわけでもないけれど、行きたい。で、強いて言えば旅がしたいなぁと思って、ガーナを知っている人に「ガーナをバイクでひたすら走るって、どうかなぁ」と聞いてみたら、あっさりときっぱりと止められた。ガーナはブルキナよりも交通量がよっぽど多くて、その道路を一緒になって走るのは危険なんだって。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

 隣のコートジボワールはちょっといなげなことになっちょるけど、ガーナなら大丈夫じゃないん?
 ガーナへ行ったら、チョコ頼むでえ。フランスはチョコが値上がりするゆう話が出ちょるけど、日本はガーナから輸入しようるけん心配いらんげなや。わしゃあカカオ豆ゆうもんを見たことがないけん、こうちょってくれのう。頼むで。

 そういやあ、寒いけんじゃろうで、GN125のエンジンが2週間開けたらかからんようになったわいや。バッテリーが弱おうなっとんじゃろうで。毎週回しよるけん、心配しんさんなよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/380-035b097d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。