スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所長からのコメント、一号報告書に関して。



一度、忘れて。思いだしたころに、こうしてやってきた。
先日事務所に寄って、所長の顔を見たときに、報告書に対するコメントが未だ来てないことを思いだした。多分所長も、事務所にのこのこやってきた私の顔を見て思い出したのではないかと、私は思う。おそらくそうだ。だって私も、それまで忘れてたんだから。完全に、私の憶測だ。
(ちなみに、12月15日にメールで送られてきた。)

この報告書というのは、2年間の任期で5回書く決まりになっているんだけれど、お題というかテーマがある程度決まっていて、例えば最初の報告書では任国の印象を書いたりする。ただし後は字数制限ぐらいしかなく、どんなことを書いてもいい、テーマに沿っていれば。で、場合によってはよくない内容(任国の悪口だとか)を書けば、一般公開が不可能という判断をされる。それぐらいのものだ。ちなみに協力隊の研修の中で、「これは国民に見せられない!」と判断された報告書の一部を読むことができるかも?
そういう類の報告書でなくても、色んな人の報告書を読んでいて思うのは、本当にどれも個性的な文章だということ。日本から来て同じような体験をして、日本人同士の対話の中でそういう、色々感じたドロドロしたものを言語化して整理して、共有できるレベルのずっとフラットなものにしたはずなのに、人によって全く違う味の文章を書いていて、そういう見方、切り口、表現があるんだなぁと楽しみながら読める。ブログと違って本当に言葉だけでの勝負、そしてテーマが同じだから、それが際立つ。

なんて呑気に書いているけれど、そろそろまた2号報告書を私も書かなきゃいけない時期だったりする。12月いっぱいが一応の期限。だけど、ちゃんと出せるか分らない。そう思うのは、今回は活動計画書を出さなければいけないから、というのが一番大きな理由。バイクはもらったものの、今のところ結局村にはほとんど行けず、果たして村で自分に何が求められているのか、何ができるのかを把握できてない。それから、前回からたった3ヶ月という短いスパンの中で、果たしてなにが変わったのか分らない。何を書いたらいいんだろう??前回書いた以上のことが、何かしらでも書ける自信がない。まぁテーマは違うけれどさ。
まぁこうしてブログを書いている時間があれば報告書も書けるだろう、って話なんだけれど。むしろ逆に、ブログで色んなことを書きすぎて、日々感じる衝撃や葛藤を日々あるいは2,3日という短いスパンで消化してしまっているから、こうして報告書と言われても、改まって書くことというのは探すだけで苦労をしているみたいだ。が、いつも突発的に考えている頭の中を整理するいい機会ではある。日本語でいいなら、いくらでも書くよ。


ところで「新卒は報告書の提出が遅れることが多いから気をつけてね」と釘を刺された隊員がいるらしい。私も気をつけなきゃ、1号を書くときから、「報告書なんてのは提出期限を過ぎてから考えればいいや」って思っていたから(ただし1号は結局、ちゃんと期限内に出した)。
で、問題の所長からのコメントについてだけれど。

一部抜粋すると、
「報告からは、淡々と現状を把握している様子が伝わってきます。冷静に客観的な視点で、現状把握している感じがします。とてもいい視点だと思います。他方で、せっかくの隊員経験なので、沢山の社会的な理不尽を感じたり、貧困は不平等に対しても、ありのまま感じてみてください。おそらく、頭の柔らかい、若い世代でないとできないことです。」

その他、UNICEFとの連携の話や社会常識やらの話がしてあったけれど、このコメントを読んだときに、すでに自分が書いた報告書の内容をすっかり忘れていたので、全く何の話だかわかんなかった。どっちにしろ、淡々と状況を把握しているつもり(覚え?)はなかったので、果たして一体、自分がどんなことを書いたのだろうと思って、自分の1号報告書を読んでみた。


自分の報告書を読んでみた感想としては、やっぱり自分の文章を客観的に読むことはできない。「今の自分(その時の自分とは他人)」というスタンスには立てなくて、冷静に読むには、文章に寄って感じ方を変えすぎるなと思う。

それを実感したうえで思うこと。
あれから3ヶ月経って状況をより把握した結果、間違っている情報が織り込まれてたりする。
それからざっと読みなおしてみた印象として、文章がヘン。なんだか読みづらい。焦って書いたからいい加減な部分はあると思っていたけれど、本当に適当な、いい加減なものを書いているなぁと思った。今からでも書きなおしたいと思った。2号は何回も読みなおして、本当に納得する文章が書けるまでは書きなおし続けたい。多分、そんなわけにはいかないんだろうけれど。

そして今、二号報告書を目の前にして思うのは、やっぱり自分は努力してないということ。状況や毎日の衝動に流され流されてるだけで、フランス語も頑張ってるつもりだし毎日職場にも行くけれど、活動のイメージは固まらないし、ぼんやりでも考えてみたことに対して、まったく準備とかそういうことはできてない。勝手がわからなかったとか言い訳はいくらでもできるけれど、日々こうしてだらだら過ごしてしまって、ある程度快適な生活はしようとして、やっぱり求めるだけの生活をしていて、自分から何かを提案したり、少なくともその準備さえもしてない。
なんか反省会みたいになってしまったけれど、毎日毎日こうして色んなことを考えるだけ考えては次の日には忘れ、どうも目標だとか連続性だとかが自分にないなぁと思う。厳しさを知ろうとしないなぁと、いつもいつもそういう自分ではよくないなぁと思ったりする。周りの人の励ましとか評価に甘えてちゃ駄目だなぁと思う。それ以外のやり方をこれから身につけて行かなきゃ。というのが今の素直な気持ち。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/372-4a86f531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。