スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所のオアシス


12月16日、朝9時過ぎ。隣町・クーペラから同期隊員が一人。バスに乗ってやってきた。

ちなみにこの週は月曜、ワガでUNICEFの人と学校菜園のことで打ち合わせ、火曜水曜を使ってマンガに冷蔵庫を受け取りに出かけ、金曜日にはJICAの水分野専門家としてこれまで多くの水関係プロジェクトに関わってきた人たちと会うことになり、結局またまともに任地に居るのは木曜日、16日だけという状況。その貴重な一日を使って、環境隊員として活躍する同期隊員と、ガンズルグ県内のゾルゴの隣のコミューンで行われているコンポスト制作の見学、及びコンポストの材料の買い付けに行ってきた。

今回のことは環境省配属で農業省とコネがない同期から持ち込まれた企画で、街中の生ごみを減らすことで環境改善を図り、同時に農業の収穫向上も狙いたいと。私も村人たちと関わる中でコンポストを作ることは考えていたから、その実物が見れるいい機会ということで、一も二もなく首を縦に振った次第。こう書くと、なんかしっかりと活動をやっているっぽいけれど、今回のことは少なくとも自分の中では活動をやったという充実感がものすごく持てた活動になった。
ディレクターの車(県局の公用車)を使わせてもらってさっそく出発、20分ぐらいでモクテドーに到着。コミューン支局の職員を拾い、大きなマルシェを横切ってその裏手に出ると、一瞬で景色が変わった。見渡す限りの田んぼ、ここが本当にガンズルグ県?!というくらいにマルシェからは想像もつかない世界。

IMG_4719-2.jpg

IMG_4783-2.jpg



主都行きのバスに乗ったときに毎回通るけれど、全く知らなかったモクテドーというお隣さん。ものすごく大きな貯水池があって、その豊富な水を利用して灌漑をしき、稲作をやっている。Bas-fond(湿地帯)じゃないんだ!貯水池にはもちろん、魚もいるんだって。ゾルゴの街中にも湖はあるけれど、比べ物にならないくらいに大きい貯水池で、その上を流れるように涼しい風が吹く。そこからモーターポンプで水を田んぼの水路に流しているんだけれど、その水路沿いにはマンゴーもバナナも山ほどある!なんだ、こんな近くにあったんじゃないか。

IMG_4795-2.jpg


IMG_4731-2.jpg


そして収穫を終えた田んぼの中を通ってコンポストをやっている現場まで移動。私たちが行った前日にコンポストを作る研修があったらしく、その時に作ったものを見せながら、作り方、管理の仕方などを教わった。これまで全く知識がなかったから知らなかったけれど、納豆見たいなものだって印象。
そしてそのあとは周辺の、まだ収穫してない田んぼ(ネリカ)や野菜園を見学。コンポストも野菜園も、これから村の巡回とか学校菜園中でどんどん使っていきたいなぁと思う。今回思ったのは、コンポストを作ったら収穫や収入向上だとかよりも先に、まずまっさきに、街中に溢れている動物たちの糞を片付ける役に立ちそう。あれが少しでもきれいになったら、私は嬉しいね。

IMG_4739-2.jpg

IMG_4757-2.jpg


そしてワラを分けてもらい(買うという話をしていたのにタダでくれた)、岐路に着いた二人。さてさて、こうして見たからにはコンポスト、作んなきゃね。
だけどモクテドー、いいとこだった。気に行った。久しぶりに、田舎っていいなぁって思った。あの貯水池にもワニとかカバとかいないかなぁ、もしいたら金鉱と一緒に、観光名所にしたい!(と、妄想膨らませ中。)
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

隣国のコートジボワールが政情混乱だとニュースで見たけど、ブルキナは大丈夫かいのう?大統領選挙をめぐって、リベリアへ避難とあるが、ゾルゴまでは来んよのう?こうやってニュースを見ると、まだまだアフリカは不安定なんかのう・・・・。難しいじゃろうが、頑張れよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/371-96ed6160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。