スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾いの美学再び


暫く前に書いたブログで、インド哲学を学んで実践している木村昭平という人の『拾いの美学』という本を紹介したことがある。同じブログで『日本辺境論』が面白くないと書いたけれど、最近、後半を読んだら割と面白かった。そういう見方もある、ぐらいの気持ちでいれば楽しく読める本だろうと思う。


ブルキナに遊びに来た人にゾルゴの市場を見せたとき、ブルキナべの友人にも一人、ついてきてもらった。その兄と主都のワガドゥグで知り合って、それがきっかけで弟とも知り合いになり、彼もゾルゴで働いているので、時々ご飯を一緒に食べたりする。
その兄のほうが、他の同期隊員の中でも「めんどくさい」だとか「自分勝手」だとか「ヨーロッパ(オランダ)かぶれしている」など、割と評判がよくない。そしてはっきり言って、弟のほうもやはり兄弟なもので、兄に似ているところが強く、なかなかに面倒くさい。兄よりも付き合いやすい気はするけれど、それでも、どうも関わりにくいところがある。そう思っていたところ、その弟と一緒にマルシェまで歩いた人もそれを感じたみたいで、「悪い人じゃないんだけど…」と苦笑い。扱いに困った様子。


その数日前に、友達のうちで何人か集まって話をしていたとき、そのうちの一人が半年前の研修のときに聞いた講義の話をして
「自分の嫌いな人だから、自分とは合わない人だからと関係を自分からきってしまうのはもったいない。いつ、どのような形でその人との関係が役に立つかは分からないのだから。」
と言っていた。私も参加した研修だったから、もうしばらく前に聞いた話だなぁと思いながら、その時はぼんやりと思い出しながらきいていた。確かに言っていた。都会から農村に嫁いだ人の、その慣れない文化の中で奮闘した足跡だった。



私は今、宝の山の中に居るから、そんな中でまだ焦って必死に宝をかき集める必要はない。落ち着いて一つ一つ、そして拾えるだけの量の宝を拾えばいいだけだ。むしろ欲を出せば失敗するかもしれない。
これも、出発前にとある神社で引いたおみくじの受け売りだ。

そうやっていろんなことを思い出してね、逆に好き嫌いをしてあの宝は欲しいけれどもあの宝は要らない、というのももったいない話だと思った。『拾いの美学』の著者も言っていたけれど、今の自分から見た価値で判断して拾う拾わないを決めていては、好い拾いものはできない。見た目に騙されているかもしれないし、意味のないようなものでも後になってほしくなり、拾わなかったことを後悔するかもしれない(どちらにしろそういう打算で拾っていては好い拾いものはできない、と著者は言うのだが)。
人間関係においても同様じゃないかと、思う。バラモンではないので打算的なことを考えても全然いいと思う。なんにせよ、自分の目から見て勝手な価値判断をして取捨選択をするのは賢い行動ではなさそうだ。
そしてゴミを拾うという行動にしても、案外、捨てるという目的を持って拾うことはないのかもしれない、と考えている。そういう概念から抜け出して、とにかくそこにあるから拾う、という、そこに山があるから登るに迫るぐらいの強迫観念?に突き動かされて拾っていけば、何か変わるかもしれない、となんとなく漠然と考えてみた。根拠は薄い。そんなふうに考えたらおもしろいかもなぁーってぐらいのもの。



とはいえ、家をゴミ屋敷にするつもりは毛頭ない。隣に住んでいる同僚たちも起こるだろう。
ブルキナに来て、道に沢山ゴミが落ちているのを見る。それを拾って、道をきれいにしたいと思う。多分、ほとんどのブルキナ協力隊員がゴミをきれいに拾ってしまいたいと考えているだろう。だけど、その後のゴミはどうすればいいのか。有毒ガスが出るからビニールは燃やしちゃだめ、でも自然には返らない…
「拾ったところでさ、どうするつもりよ?」
プラスチックゴミたちがこちらを見て嘲笑っている。それが怖くて、この手が伸ばせない。

スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

ブルキナに来て、道に沢山ゴミが落ちているのを見る。それを拾って、道をきれいにしたいと思う。多分、ほとんどのブルキナ協力隊員がゴミをきれいに拾ってしまいたいと考えているだろう。だけど、その後のゴミはどうすればいいのか。有毒ガスが出るからビニールは燃やしちゃだめ、でも自然には返らない…
「拾ったところでさ、どうするつもりよ?」
プラスチックゴミたちがこちらを見て嘲笑っている。それが怖くて、この手が伸ばせない。
なんか考えさせられるね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/357-546ca82f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。