スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧困国を象徴するような出来事


【隊員連絡所について】現在ブルキナ全土でガスの入手が困難になっています。連絡所もガスが切れ湯も沸かせないという事態になりました。連絡所は病人が静養のために使う目的もありますので、今後このような事態を繰り返さないためにも、必要最低限の調理以外でのガスの使用は控えるようにしてください。皆さんの思いやりお願いします。



これ、事務所からJOCVブルキナ隊の面々に向けられて送られているメールでの定期連絡の、今週のものから引用している。
ブルキナは今、そこに書かれているような状況。店に行ってもガスがない。買えない。
普段はガーナからガスを輸入しているらしいんだけれど(小耳にはさんだだけ、確かな情報ではない)、どういうわけか輸入が途絶えてしまっている。資源も輸入するためのお金もない貧しい国の、まさにその貧しさを象徴するようなエピソードであるように思う。

農業省に配属されて、農村の生活向上のために組まれている、収入向上プロジェクトをいくつか見学する機会があった。農村人口のほとんどは農業従事だ。稲作を始めたり、玉ねぎを高く売るために保存するための家を作っていた。それをみて、とっても、貧困国らしいと思ってしまう。すこし前に読んだ本に、こんなことが書いてあった。「先進国農業はその資本蓄積を利用して農業に大規模投資をし、同じ面積からの収穫量を大きく向上させている。一方で後進国では同じ面積当たりの収穫量はほぼ横ばいである。」だからなんだと言ってしまえばそれまでなのだが、ここだけピックアップしてみれば、後進国の未来は暗いと言える。特にブルキナのような国は、工業がほとんどない。農業とサービス業だ。そのサービス業も、印象からいって国内を循環してる模様。外貨をどれだけ獲得できているのか怪しいものだ。そして農業はほぼ、自分たちで食べる分を粛々と生産してる。収入向上プロジェクトも生産高ではない部分でゴールを目指す。そうすると…いったいどこでこの国は、資本蓄積をして新しく投資を重ねていくのだろう。

日本も資源輸入国だ。そして中学校の社会の教科書には、オイルショックの記事とトイレットペーパーパニックの写真が載っている。今の日本には停電がないように、オイルが輸入できないという事態もかなり、想定しにくい。が、トイレットペーパーパニックは今のブルキナの状況と重なって見える。皆がガスを求めて殺到し、実際にガスは無くなって、事務所はお湯も沸かせない状況。ギャグでもジョークでもない。

「ガスがなければ、木炭でお湯を沸かせばいいのに。」

それはそれで間違ってない。けれどこれから10年、20年先を考えたときに、それでは全く何も変わらない。
乾期、農業ができないときに、出稼ぎに行く先は、都市部以外にもある。残念ながら。ブルキナでは金が僅かにとれる。そして、その僅かな金が主な輸出品の項目に入っている。
が、金を掘ると言って、チャップリンの『黄金狂時代』よりは、ブラット・ピットの『ブラッド・ダイヤモンド』のイメージのほうが適切だろう。

…途方もなく大きな落とし穴に見える。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

考える事

先日、こちらでは、「正義について考えよう」の続編ともいえる番組が放映され、また考える事がありました。
「絵ハガキにされた少年」読みました?
人材を含めて、資源って、何なんでしょうね?
正解のない問いは、考えるほどにしんどい。

なんしか、エールを送ります!(~~)v

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/331-4b39c356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。