スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼ視察


いつもこうして(?)職場に来てお喋りをしているだけだと忘れてしまっているけれど、私が現在勤めているのは農水省県局(Direction Provinciales de l’Agriculture, de l’Hydraulique et des Ressources Halieutiques: 農業・水利・水産資源県支局)だった。自分は飲み水とか衛生啓発をすることになるし、よく村に出かけていく同僚は魚の養殖を中心に見ている様子で、なかなか農業の専門家がそれらしく動いているところを見かけないのだけれど、例えばこうして農場(田んぼ)を見に来る機会があると、自分の所属を思いだす。


お昼、家でご飯を食べて後片付け、掃除をしていると突然、局長から電話。「今からお前んとこに行くからな。」その後ろで同僚Cの声がしているのには気が付いていた。が、なんで来るのかよく分らないまま、はぁ、と生返事をして家で待つこと10分。同僚Cが現れ、「これからBoudry(ブドリー)に行くぞ。」…は?誰が?状況を見ればそれが誰のことなのかは一目瞭然なんだけれど、素直にはい、とはなかなか出てこない。その後、3分かけて状況を飲み込み、出かける支度をし、局長の車に乗り込む。

「ブドリーに行くって、分ってなかったみたいです。」同僚C。
「そうだろう、電話じゃ言わなかったんだから。」局長。

突っ込みどころが多すぎるのに、フランス語ができないもどかしさで静かに色々悩んだが、とりあえず出発。

「お前は今日、ブドリーにお泊りだぞ」同僚C。
さすがにこれは、冗談だった。


車で幹線道路を外れて、この前モニタリング調査で訪れたZempassogo(ゼンパソゴ)という村を通り抜け、そのまま走ること10kmほど。ゾルゴの隣の市、ブドリーに到着。ここに来た目的は、田んぼの視察。ものすごい道路(笑)を通ってついた先には、一面田んぼ、稲!その光景には驚かされた。ゾルゴの村や眼科でも少しだけは見たけれど、ここは見渡す限りのいね、イネ、稲!!!コメだぁって叫び出したい衝動に駆られる。ここのところ、トウモロコシや粟ばかり見てたし。トウモロコシや粟は水が少ないところ向きらしく、それでも同じ場所で稲も育つぐらい、ここは雨がよく降るそうな。特に今年は雨が多いらしく、雨季が明ける前にすでにトータルで1000mm以上降ってる。ここ40年間の中で、1,2を争うほどの降水量だ。


例えば、こんな道路。通んなきゃ分んない。

P9090478-2.jpg



見渡す限りの田んぼ。6月10日に植えて、ご覧の状況。ちなみに今年が初の試みということ。

P9090502-2.jpg



そして例えばこんな会議。

P9090507-2.jpg




モレ語を中心に視察も進んでいくので全く話の内容が分らず、たまらず同僚Cに聞いてみたら、ここでのコメは今年が初の試みで、コメをやる理由は、儲かるからだとか。


ここでこちらの穀物事情に関して補足しておくと、ほぼ全部同僚Cに聞いた知識だけれど、こちらの穀物は粟だとかトウモロコシが多い。で、コメは高級な部類に入るそうな。ブルキナべの主食の中心が粟やトウモロコシなのはブルキナべの好みのせいではなく、多分、昔の日本でも稗や粟が庶民の食生活の中心だったと歴史の教科書に書いてあったのと同様の感覚だろうと思う。これは想像だ。大した研究をして言ってるわけじゃない。
だから、雨が多く降って、コメを作るに十分なところではこれから、どんどんコメを中心にしていくようになるんだろうと思う。
ところでブルキナのおもなコメの産地は南部を中心にボボデュラッソ、バマ、テンコドゴ、ムフンなどが挙げられるということ。が、現在は消費するコメの大半を輸入で賄っている。その主な理由としては、まず国内で生産されている量が少ないというのももちろんあるが、輸入物は炊いた時に国内産のものよりもよく膨れる(10年前のものだったりするらしい。。。)ために好まれる、また輸入物はコメの種類が豊富で選べるからだとか。
ただし、関税や何やかやで輸入物は高い。それで、国内で生産に乗り出すところが増えているということだ。気候があえば、同じ量で粟よりも高く売れ、同じ面積から何倍も収穫できるコメのほうが圧倒的に儲かる。し、自分たちが食べられる分も多い。ちなみに今回ここに植えたのはFRK19という品種で、雨季用のもの。今年初めて植えたらしいけど、順調ということだ。

残念なぐらいに、私には農業の知識がない。農水省に勤めてるのに…
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/325-75b9d6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。