スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由・ユニーク・ジェルネイル


ブルキナにも、マニキュアがある。
それが一本300フラン前後(日本円になおすと60円ぐらい)と、まぁおおよそ誰にでも買えるような値段で売っている。

だから、爪にマニキュアを塗っている女性は多い。
が、一方で、爪にマニキュアを塗っている男性はほとんどいない。誤解のないように言っておくと、実はマニキュアをしている男性を二人ほど見た。一人は左手の小指だけだったのでおおよそ、奥さんに練習か何かでやられたんだろうと思う。強制的に。が、もう一人は右手の五本の指の爪すべてに塗ってあった。色はちなみに紫。両方とも、ゾルゴで。


まぁ色々あると思うけれど。なんにせよこちらでも、爪に色を塗るのは女性のおしゃれという偏見が通っている。駒ヶ根での語学の先生は「『アーティストだから』って言えばそういうもんだってみんな思うよ、納得するよ」と言ってたけれど、やっぱりそこまで楽じゃない。日本でこそちらほらと「バンドとかやってるんですか?」と聞かれたものだけれど、こっちのアーティストってどちらかというと職人というイメージで、もっと世界の常識を破ってイマジネーションを膨らませるような…存在ではなかったりする。そこら辺の、納得してもらえる説明も手探りしてたりする。


だからゾルゴに配属した当初(8月9日に配属した)は私の爪を見てみんなが「そりゃ、女のすることだ。外したほうがいい。」と言った。分かりきっているその後の問答の様子は描写するに及ばないと思う。誰の言葉だったか忘れたが、こう言った人がいる。「みんなに否定されたなら喜びなさい、それはあなたがユニークだという証拠なのだから。」そして8月終わりの土曜日に、ネイルをやり変えた。



私のやっているジェルネイルは、UVランプで紫外線をジェルに当てることで固める仕組みになってる。つまりもちろん、電気がなきゃ始まらない。というか固まらない。ゾルゴのうちにはまだ電気が来てないから、あっても無用の長物。というかお荷物。なので、UVランプ他は首都・ワガのドミトリーに保管している。今回、ふとしたきっかけで首都に上がることになったので、いい機会だと思った。前回に施したものがもともと気に入らなかったのと、時間が経って若干はげてきていたので、ずっと気になっていた。変えたいと思ってたとこだった。


ところで、ジェルネイルの道具はブルキナにはない。多分、マルシェでは全く手に入らないと思う。探せば使えるものがちらほらあるかもしれないけれど、ジェルもランプもストーンだとか、まずない。マルシェを端から端まで探したわけじゃないけれど、大体町を歩いてる人を見ていれば、そうだと思う。
だから今、日本で注文して、こっち(ブルキナ)に送るつもりでいる。駒ヶ根でセットを買ってから一カ月では到底準備できなかった、追加のジェルや新しい顔料、その他の消耗品だとか。そうして少しずつでも世界を広げていきたい。

が、一方で今持っているもの。透明のジェルに混ぜて使う用のラメで、使ったことのないものが半分ほど…粒の大きさや形の関係でどう使っていいものか全く分からなかったものたちだけれど、持ち腐らせておくのももったいない。と思ったから、自分の爪だし、今回は遊び半分でやってみることにした。あのラメを使ってみるとどんなふうになるのか、実験、実験。



そうやって前置きが長くなったけれど、つまり左右の指や、その中でも一本だけ、とか2本だけパターンを変えているのは、それ自体がどう見えるかという遊びであると同時に、個々のパターンが、あのラメを使うとどんなふうに見えるだとか塗り広げてみたらこんな印象になるだとか、それを知りたくってやったこと。


P8290295-2.jpg

右手は、使ったことのなかったラメを試してみた。長細いものと、紫の大粒。やっぱり、思ってた通りに使いづらかった。他の人はこういうの、どんなふうに使ってるんだろう??


P8290300-2.jpg

左手は薬指だけパターンを変えてる。他はピンクラメでラインを引いて、フレンチっぽく。で、薬指は薄めにラメを入れた上にライトストーンを3つ。
全然本筋とは関係ないけれど、個人的に左手が好きなので左手を特にきれいにしたかったりする。けど自分の手だから、そうすると利き手じゃない右手だけで塗らなきゃいけないから、余計に難しい…手が釣りそう…みたいな姿勢で塗ってたりする、時々。まいっか、そんなこと。


だから今回は、ちょっとやってみましたみたいな爪だったりする。自分でやるときにも、いまのところほとんど、ラメを混ぜたジェルを多少薄くしたり濃くしたり、というぐらいしかやってないから、もっと遊び心を持ったのがやってみたかった、というのもある。次回、新しい顔料とかが届いたときには、もっといろいろやってみたい。頭の端っこのほうでちょこっとずつ、考え中。


スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/316-06bc353e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。