スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空を見ていても、ぼんやり考えてしまうこと


不安だらけの、ブルキナでの一人暮らし。結局、想像力の欠如している私は、周りのみんなが買っているものを見て一人暮らしに必要なものを発見し、一人暮らしを始めた後に自分がどういう生活をしていくことになるのかを、ようやく考えることができた。

が、それを少し後悔しているかもしれない。特に途上国の、地方に行くということで決めてかかりすぎた部分は否めないと思う。これはあくまで私の例だけど。

ゾルゴと言う場所は、ブルキナの都市として上から順番に数えればこそ、なかなか名前のあがらない場所かもしれないけれど、なんでも買うことができる。主都ほどの品ぞろえではないにせよ、かなり贅沢な部類に入る、お菓子や調味料も売ってるお店がちらほらあるし、もっと大きい都市に「無いらしい…」(ちなみに同期情報)と聞いていたからゾルゴにもないと思っていたコンロも、ちゃんとあった。バイクもテレビもベッドも、買うことができる様子。

が、もうひとつ言っておけば、このことに気付いたのも自分ではなく、ディレクターが車を出して買い物を手伝ってくれ、「ここには何でもあるよ」とマルシェを案内してくれたおかげだ。そのおかげでマルシェの様子も幾分か分るし、たくさん人がいることにも気づくし、その人たちがどういう生活をしていて、だとか本当にたくさんのことが見えてきた。自分一人で恐る恐る入って行って、自分のやりたい買い物だけしてると、気付かなかっただろうブルキナべのやり方や時間、空間など色々なものが見えてくる。
道の歩き方は、こんな風に身につけていくものなのだと知った。特に、言葉も完全じゃぁない外国だし。ガイドブックどころか、町の地図だって自分でこれから作って行くことになる。

そういうことに気付いたときに、私は主都で買い物をしすぎてきたと思った。
つまり、本当はこっちで買うことができたもの、ということは、こっちで築くことができた関係であり、気付くことができたリズムだった。私はそれの多くを、袖にした。もっと、こっちに来てからお金をたくさん使うべきだったと思った。

それから、自分のうちの準備ができてないことも、まぁ不便は色々あるけれど、そのおかげで同僚のうちでご飯をごちそうになったり、蚊帳を設置してもらったりして、これもやっぱり、いろんなことに気付く。家族の在り方、友人との関係、どんな暮らしをしてるのか、etc,etc…


だけど不思議に思うのは、ブルキナも街には電気が通ってるんだけれど(村には通ってないって話)、まず入ってきている電化製品が、蛍光灯あるいは明り。これはまぁ、納得できる。
が、次に普及している電化製品はテレビとDVD、というところに、私は不自然さを感じた。そんな風に疑問を持つというのは今の日本で22年間生きてきたという証拠でもあるのかもしれないけれど。ブルキナでまず、電化されるポイントは娯楽。最初に、テレビを買う。
だから、都会にはテレビが売ってて、ちょっといい家庭にはテレビとDVDがある。
だけど、洗濯機や冷蔵庫、などは全く見かけない。「ゾルゴには何でもある」に反証しようとするならば、洗濯機と冷蔵庫の話をすれば事足りる気がする。ワガでも多分、洗濯機や冷蔵庫がる家庭というのは少ないだろう。少しぐらい見かける冷蔵庫は、レストランにあるもの、という認識じゃぁないだろうか。
それは一つには値段の問題もあるのかもしれない。テレビは安いので10万から買える。一方で洗濯機は、セールで30万越え。圧倒的に高価だ。

が、洗濯機などのルーティンワークをこなしてくれる機械が普及しない理由は…他にもあるんじゃないかと思っている。その答えはまだまだ、これから見つけていくものだと思うけれど。ブルキナベに直接聞いてみたら、シンプルに「だって高いじゃん」って答えだった。それが本当の話なら、こっちで売ってる数少ない洗濯機はイタリア製ばかり。そしてマルシェを見ていて感じるのは、中国製が多く出てきてる。テレビはサムスンが一番人気。(安いから)。
一方でブルキナべ、日本製が性能がいいものと認識していて、中国製よりは日本製を手に入れたいって思ってる。だから、シャープとか東芝とか、名前がものすごく売れてるんだから、2層式の洗濯機とかをもう一度生産してブルキナで10万FCFA(日本円にして2万円ぐらい)で売れば、商売になるし、もっと日本(製)をアピールする、いい場所になるんじゃないかと思う。
まぁこの辺の話はまた今度、詳しく書きたいね。



まぁ。話がそれてしまったけれど。準備万端も善し悪しだと思った。
結局、私の家は6年間ぐらい空き家だったので、水周りは全部異常があって、排水管を今日交換して、水道も多分、修理だとか必要になってくると思う。それは水道が通じてからのことになるわけだけれど。
で、その修理のためにいろんな関係を築いていける、ということが分ったし、暇があればまた冒険してみたいって気分。



スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いよいよ現地に入って正念場じゃね。無理をせず、ぼちぼち行きんさいよ。

冷蔵庫は、電気が不安定じゃけんかね?店になんでもあって、家で保存するちゅう意識がないけんかね?
洗濯機は水が不安定じゃけんかね?日本人のように潔癖症じゃないけん、洗濯もいい加減で構わんのんかね?空気が乾燥しちょるけん、脱水機も要らんじゃろうね。

家でネットが出来るんなら、いっぱいアップしんさいよ!(写真もね!)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/310-6237ee26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。