スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les Souhaits


寝ていても覚めていても、地球は何事もないように廻り続けて、8月6日もこうしてちゃんとやってくる。
そしてあの8時15分を、真夜中に迎えよう日が来るとは、夢にも思わなかった。

8時15分は、あの真夏の日差しが容赦なく照りつけるからこそ、65年前の悲劇に僅かながらでも思いをはせることができるのだ、と思っている。それでも、数万度という、一瞬ですべてを焼き尽くす地獄の炎に比べれば、生温かいという程度のものなのだと…
ここで、65年前の話を長々とするつもりはない。



当初、ゾルゴに赴任する日は今日、の予定だった。
8月6日と聞いてその日付に軽々しく「運命を感じる…」なんて漏らしていた矢先、
「8月9日に変更です」
と言い渡され、がっくりきていた。赴任したら、仕事の話も然ることながら、職場での挨拶の中に広島と原爆の話もしようと意気込んでいたのだけれど、それが長崎の日になってしまうと、なぜかこう、気が抜けてしまって締まらない。赴任のときに原爆の話をするなんて考えは、とっくに消えてしまった。

それでも、ブルキナべに「広島」と言うと「あぁ。あの原爆の…」という反応がちらほら返ってくるのには驚いている。なんでも小学校の授業で日本について多少、勉強するらしく、そしてその一部に広島と原爆の話も含まれていると聞いた。だから、こちらで小学校に通っていた人たちはみんな、知ってる。


一方で私が小学生のころ。8月6日というのは長い夏休みの中で、一日だけ学校に通う日だった。
これは広島県だけの習慣らしい、ということは後になってから知ったが、学校に行って、テレビを見て、黙祷して、平和学習をして帰る。その頃はなにも感じず、ただせっかくの長い休みの腰を折られるようなその登校日が好きではなく、早く終えて帰って再び遊ぶことばかりを考えていた。
これもだいぶ大人になってから気付いたが、そしてこの時期になると多くのメディアで戦争を扱った番組、特集が多く組まれる。今年はどんな番組をやってるんだろうかと、そんなところに季節感を感じるようになったしまった。風流もなにも、あったものじゃない。

だけど、65年前のこの季節、日本はアメリカとの戦争に負けた。これは、変わらない事実だ。そしてそれまでの何年間か、アジアを股にかけた戦をやって、たくさんの人が戦い、傷つき、死んでいった。必ずしもそれが正しい道だと思ってた人ばかりじゃないかもしれない。だけど、自分たちの働きが日本のために、世界のためになると思って自らの命を犠牲にした人は多かったんだろうと思う。私はそこまで戦争について興味がないし、だから深く知ろうとも、あまり思わない。ただ、自分たちの足元には、そういう形で私たちの土台というか、礎、道になってくれている人たちも本当にたくさんいて、その人たちがいてこその自分だということは忘れずにいたい。
私たちが掲げるこの願い、これももちろん、たくさんの踏み台の上に成立している。

大学を卒業してからの一年間、協力隊になることを目標に、就職せずに試験を受けていた。そしてその時に、なにも経験しないのはつまらないと思い、広島にあるNGOのいくつかに連絡を取った。そしてその時に、広島だからと思って「平和活動というか、核廃絶運動に興味があります」と言ったのが運のつき、実際に、当時動いていた活動にちょっとばかし駆り出されることになった。
結局、その活動に参加するなかで私は核廃絶運動とか広島の平和活動というものが少なくとも自分の望んでいる世界のために必要なものではないと感じたから、途中でばからしくなって、抜けてしまった。

祈り…だとか願い、というのが自分自身で、軽々しいと感じるのかもしれない。だから、なにも言わずにいるほうが自分の中では安心していられる。だけど、言葉があるからこそできたもの、起きた出来事はある。それに立ち向かうためにはやっぱり、言葉しかない。

今年は平和公園に初めてアメリカ代表が来たとか、国連事務総長が来たとか、70カ国もの代表が集まったとか、被爆者やその他、広島の人たちには安心できる材料かもしれない。
それはひとえに、オバマ大統領が就任以降核兵器の削減を明言し、この5月にNPT核軍縮条約があったからだ。もちろん、市民団体の活動の成果もいくらかあると思う。が、苦しくなるのはこれからだと思う。『核兵器の脅威』に、これ以降どのようにして世界の注目を集めることができるかだと思う。

…時々、未来志向とは何なのか、考え込む。
それは、ただシンプルに「こども」ではないと、私は疑問に思う。


スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

どうこう言うても、やっぱり08.06.08:15は広島にとって特別な瞬間じゃけんのう。65年経ってもわしが被曝者じゃのうても、ほいで戦争を知らんでも、ちゃんと黙祷したでぇ。せずにはおれんのんじゃあ。ほいでのう、やっぱし今日も不思議に刺すように暑かったでえ。


わしのじいちゃんもとなりのじいちゃんも原爆手帳を持っちょったで。直接被曝したんじゃなあけど、投下後すぐに人を探しに広島へ行ったそうじゃ。(知っとった?)

Re: タイトルなし

そうだね、せずにはいられないっていうかんじなのかもしれない。
おじいちゃんのことは、被爆したことは知ってた。手帳持ってるとは思ってなったけれど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/303-62334766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。