スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっそく入院した話。


ブルキナは暑いです。が、今は雨季なので時々すごく涼しくなったりして、割と過ごしやすいです。書きたいことは山ほどだけれど、まずは自分の身に起こったことを報告…


「体に気をつけて」といって下さった方へ特に、本当にありがとう。もっと気をつけるようにします。


実は…ブルキナに来てから一週間もしないうちに入院という、憂き目にあいました。


私が体調を崩したのと同時に一緒に食事をしたメンバーも次々と倒れ、

「集団食中毒か?!まさか、あのパパイヤが悪かったのでは…」

なんて話してましたが、様子を見ていても私だけ熱が下がらず下痢が止まらず…
で、週末は病院で過ごしました。

診断の結果、私だけ(?)胃腸炎ではなく、寄生虫(赤痢アメーバ)を体内に飼っていたようです。で、30時間ずぅーっと、点滴してました。
自分しか食べてないものが全く思い当たらず、まぁもしかしたらほかの人ももらったのかもしれないけれど、ほかの人に比べて体力が維持できてなかったというのが実際のところかもしれません。日本以上に、というか比べ物にならないくらい、ちょっとした油断で足もとをすくわれるということを実感させられました。日本よりもはるかに体力を使うのに、日本にいるよりもおおく体力を、それも常に蓄えておかなければいけないので、これは自分にとって(そしておそらく、他のボランティアの面々にとっても)ある種一番大変な作業になるのではないのでしょうか。…入院した身でちょっと大げさに書いてみました。が、嘘ではないと思います。


まぁでも、丸一日病院で過ごすのも悪くないかも??と思いました。隊員連絡所(とりあえず、みんなで泊ってることろ。通称ドミトリー、略してドミ。)は正直、26人で過ごすには窮屈だし、日本語ばっかりしか聞こえてこないし。で、病院は、他に患者がいないってのもあるけれど(看護師さんが、患者が5人いるときは大変だよってぼやくんだぁ。。。)看護師さんもお世話係(洗濯とか料理とかしてくれる人)もかまってくれるし。馬券とか見せてもらった(笑)
あとは、テレビもあってサッカー見れたり歌番組とかニュースもみて、雑誌も読んでた♪それに、病院のお粥は美味しい!!ブルキナべのほうがこっちのお米のことを知ってるのもあるんだろうし、さすがJICA行きつけの病院だけあって「いつも作ってるよ」だって。

まぁとにかく、病院生活もけっこう楽しんでた♪帰りの、健康管理員の人と一緒に車に乗ったときには、何しゃべってもヤブヘビだったけどね。

そしてドミに帰った時に、みんなに開口一番こう言われました。
「まさ、痩せたね~!ちっちゃくなった。」
こんな風にして男性はみんな、痩せていくらしいです。本当に怖いです。
ちなみに、女性は太ります。自分と、周囲の状況を見ていてそのコントラストがよく見えてきます。



(注)この記事を読んで、JICA東京とかにむやみに連絡しないように(笑)
C’est la vie そして、 C’est l’Afrique ですから♪


スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

まさちゃん大丈夫~!?

さっそく入院してたなんて・・・

恐るべしブルキナ。。。

お腹下したりするのは途上国での生活の通過儀礼って言われるしね!

ほんと今後も気をつけてね!!

お大事にね~!!

こりゃ!ちゃんと協力しよんかおもーたら、いきなり入院してから!じゃけん迷惑隊じゃゆうんよ!油断するのはBPだけでええんよ。

「病院で過ごすのも悪くないかも?」とカバチたれる暇があるんなら、はよう元気になって、ちゃんと協力隊せーよ。

こんだぁ、えーニュース期待しちょるどぉ。がんばれよー!!!

バイザウェイ、タッタはシベリア鉄道からポーランドまで行っとるとメールが来とったでー。楽しみに待っちょれよ。

Re: タイトルなし

ゆかこさん、

心配してくれてありがとう!!想像以上に、ブルキナの食事には悩まされてる…
今日、ゆかこさんの夢を見た。綺麗だったよ。
連絡先が分んないから、これ見てくれるの待ってるよぅ。

Re: タイトルなし

そうだね、健康には気をつけるよ。一段と。
しっかり活動できるように頑張る。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/284-73cf4f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。