スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロマグロの国際取引禁止がワシントン条約に組み込まれる??!!


カタールで開かれているワシントン条約会議の締結会議で、大西洋クロマグロの国際取引を禁止するという提案をモナコがした問題。


これ、日本が必死で阻止しようとしているのが分からない。
テレビは日本人の世論を煽動しようと必死だけど、冷静になってみよう。

もしこれがワシントン条約で採択されて、クロマグロの国際取引が禁止されたとして、日本人でだーれも困らない。
クロマグロなんか食べてるの、世界のほんの一部じゃん。
日本の消費量のなかでも、重量ベースで全体のたった1割。
みんなが食べてるのはそんな高いものじゃなくて、バチとかの安物じゃん!
それに、あくまで大西洋のクロマグロ。よっぽど食べたければ太平洋とかから持ってくればいいし。


モナコの言ってることは正しい。数年待って、資源量が回復するのを待ってもいいと思う。
日本海のハタハタだって、数年間漁をしないことで資源量を回復させてる。
その間に本当に苦しいのは、食べられない日本人じゃなくて大西洋の漁民、ということも踏まえてもね。


そもそも、本当にマグロをそこまでして食べることがいいことなのか?考えたほうがいいと、私は思う。
マグロを食べること自体は悪いことじゃない。だけど、好んで多く食べる、そのために養殖やらしていることには疑問を持ってみては??

最近はマグロも養殖があるんだけど、主な餌はアジとかの魚だったりする。
例えばマグロ一匹が成長するまでにどれだけのアジが必要なのか…それを考えれば、環境とか資源という意味でも十分に「マグロを食べない」という選択肢は正しい。そもそも、1000万個の卵から、大人になれるのが平均で2~3匹ってのが本当なんだから、養殖なんて環境破壊の最たるもの。養殖はトロとかの脂身が多く取れるように余計に太らせてるから、なおさらなんだ。


今後の食糧安全保障という観点からも、マグロはやめてアジを食べよう!!ってのが正しい選択だと思う。


そして同様に、牛を食べるのもエネルギー効率上良くないからやめて羊を食べよう!!ってなるのが筋だと思うけどな。牛を食べるのをやめれば、世界の飢餓の大部分はなくせると思うよ。
だけどどうせ日本人は牛食べるのをやめられない。世界で何人が食べられないという理由で死のうと関係ない、牛を食べ続ける。(そして私は結局ここに結び付ける。)




だけど、環境保護NGOってのが一番怪しいから気をつけろ!!シーシェパードがくじらの次に狙ってるのはマグロ漁の全面禁止なんだから。
あの人たちは最終的に、何を食べる気なんだろうね??

スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/221-5cfafae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。