スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京研修編!! 9日 最終日だけどその話はしない日記。


今日で東京研修も最後。

最終日…最終日…最終日…

だけど、研修のことは今日は書かない。いや、書けない…なにを勉強したって、いまいちはっきりしない。別に何も勉強してないかも知れない。どうも、研修に身が入らないこの五日間。


80人ぐらい集まってる中で、けっきょくそんなたくさんの人とは知り合いになれなかったなぁ。。。だけど自分の経験上、無理にいろんな人と連絡先を交換しても、ほとんどその後連絡を取らなかったり、途切れたりするから、数はあんまり気にしないようにして、連絡先も積極的に交換せずに、仲良くなった人だけ。で、メール頂戴orメールするねも苦しいから、mixiとかブログ見てねぐらいの、気まずくならない距離感(笑)。それぐらいのほうがプレッシャーがないじゃん、特に私の場合。
基本、人に甘える☆



私は毎回、似たようなことで自己嫌悪する。いつもいつも飽きもせずに、自分を責める同じ論法が何度も行ったり来たりする。

自分の、なんでも嫌なことがあれば都合よくひとの所為にして逃げ出してしまうところ、直したいとずっと思ってるはずなのに、気がつけば僻んでたり。いちいち人と比べて劣等感に浸ってる自分、そうそう性格が変わるものじゃないって、自分自身に思い知らされるのは痛い。

気にするだけ無駄だって分かってるはずなのに、大学のこととか海外経験のなさで、周りと比べて自分はつまらないと思ったりする。海外経験とか後進国経験だってこれから積めばいいはずだし、大学院にいってる人と比べるなんてそもそも基準が違うはず。そして、それよりなにより自分が嫌なのは、結果を見て静岡大学もすごく自分の人生を変えてくれたし、いい仲間にもたくさん出会わせてくれたし、多くを学ばせてくれた。それが分かっていても、「どうしてあの大学に行かなかったんだろう」と考えてしまうところ。タイムマシンに乗って過去に戻れるなら、大学受験をやり直したい…だなんて、4年間の有意義だった静岡大学で過ごした時間や、出会った人たちを全て否定するようなことを考えてしまう。
それが分かっていても、「パラダイムのシフト」なんていつまでも出来ないで、どこまでも比べるだけ比べて、それでおしまい。何年それをやれば気が済むのか、問いただしたい。いつまでも人に甘えて、自分は正しいと自己弁護。寝ても覚めても。




実は、人に自慢できると思う経験がある。それを本当に認めるために、一年掛かったと思うけど。

去年の2月に開催された、「idpc 国際開発プランニングコンテスト」の第一回大会。

まだまだ国際協力だとか開発だとかそういう分野を知り始めたばかりのときに参加したもので、ある途上国の課題を沢山抱えた村を、どんなプロジェクトで開発するか5人ぐらいで考えてまとめてプレゼンするという企画だった。
色んなルーツを持つ人とあんなふうに集まるのも初めてだったし、プランニング以外の企画も刺激的だった。もちろんプランニングも、課題がものすごく具体的で問題もたくさん、でも予算も決まってて…と、協力隊の技術補完研修でやったことよりもよっぽど本格的で経験になったと思う。3日間、ずっとおなじ課題に向き合うという忍耐や根性が必要なことでもあった。グループワークだってやったことなかった。なんどもみんなで練り直してた。あれだけ一生懸命考えても、評価は厳しかったし。とにかく経験だらけだった。
意識はしないけど、あの経験は自分を大きく変えたと思う。


だけどあのころの自分も自分の経歴に劣等感を抱いていて、それを隠すようにツンツンしてた。毬栗みたいに。
それでも、こんな自分に連絡先を教えてくれたみんな、変わらず元気にしてるかな??今会えば、あのときよりは大人な自分で話し合えると思う。
今度、idpcのメンバーにメーリングリストを使ってメールしてみようと思う。協力隊としてブルキナに行くことを、ちゃんと報告して。ずっといろんなことから背を向けてきたけど、もう一度、一年前に動き出した時計の音に耳を清ませてみよう。歯車がさびてしまう前に、もう一度あの経験と出会いの音を確かめて。





そういえば自分の熱心な読者から、読んでくれるって本当にありがたいんだけど、前回の寺子屋での研修の日記とか見てびびったとか「あんなこと書かれたら、自分だったら耐えられない」とか言われて、そんな内容は書いてないと思うんだけど(笑)。。。

私はひたすら自分の感じたままに正直に書くだけ。だれを喜ばせたいとか、酷いことを書いてるつもりも全くない。ひたすら自分のため。だから、だーれもあんまり読もうとしないんだけど。

ただ、感情を吐露するだけのような内容は書きたくない。それぐらいかな、気をつけてるのは。


どこまでもナチュラルでいるのは人との関係を作るうえでは苦しくなってくるよね。ただ自分が自由に生きたいと思ってるだけのはずなんだけど。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/214-17125af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。