スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28日 日記 開発独裁に振り回された!!


28日日記



今日は森林組合。1時間半ぐらいかけて、車で山登り。それだけでめっちゃ疲れた。

その森林組合は、理事に開発独裁みたいなのがやってきて(笑)、いろいろと革命的な経営をしてるみたい。業績が上向いてるから、だれも文句言えないんだとか寺子屋所長なんかは言ってたけど。組合に来る前には普通の企業で幹部をやってて、その経験を買われたらしいけど、要するに外から建て直しやを呼んだってことなのかな。
実際、話を聞くときやパワーポイントなんかを見ても、他の組合とかとは普通の私企業に近かった気がする。就職活動して企業説明会に通ってたころを思い出した(笑)

つまり、業績がこんなに上向いてて、それはこんなふうに色んな改革をしているからで、企業も社員もこんなに生き生きしてます!!そしてこんなにCSRも!…ってな感じで。
で、なかなか集中しない私。



山見学して、でもこれがつまんないんだ。てゆうか、その現場にまた行くのに30分ぐらいかかって。また車の中で寝てた。植林現場なんか、興味ないって。イマイチ、あれがなにでとかこれがそれでとか言ってくれるけど、よくわかんない。で、木材の加工工場は就職活動の時に見学したことがあるから、そこら辺の知識を中心に私は質問してたけど、正直面白くなかったなぁ。
集中力が全く沸いてこない日。車で長旅が疲れたのかな??


植林現場を見学したあと、お昼ごはんは道の駅で。久しぶりに蕎麦(かも南蛮)食べれて、山菜の天麩羅もたべれて、かなり幸せだった♪寺子屋所長が、私が「蕎麦を食べたい」っていつか言ったのを覚えてて、「だから(用意しておける)弁当にしなかったんだ」っていってたのには感動した!!人が何気なく言った一言一言をちゃんと覚えてるなんて!私もこういうとこ、見習いたい…見習わなきゃ。
で、帰りにお土産を見て行きたかったんだけど、理事長(開発独裁)がせっかちな人らしく、私以下4人は早々と道の駅を引き上げさせられた。で、そのほかのメンバーはのんびりと戻ってきて、ちゃっかりお土産も買ってた。。。


森林組合の事務所に戻ってきた後、組織のことを中心に話をきいて。昨日の反省があったから、組織同士の連携だとか、そういう話を聞いてみたけど、どうもこの組合は周りの組合と温度差があるみたい、と今になって思う。

で、そのあとは森林組合に勤めてる協力隊OBに話を聞いた。細かい内容は、ほとんどメモを取らなかったからあんまりちゃんと覚えてないけど、これだけ大事!とおもってメモしておいたのは
「とにかくなにがあってもおかしくない!!
日本の常識を捨てて。ドリフのコントみたいなことが本当に起こるかも?!」
ってこと。とくに私が行くブルキナファソの隣の国、ニジェールに派遣された人の言葉だから。これだけでもしっかり覚えておこう。






追伸:
帰りのバスの中で、周りの人たちが「こんなふうに子どもを育てたい」みたいな話をしてるのを聞いて、ちょっと疑問に思った。例えばヨーロッパ人のように「褒めて育てたい」とか色いろ言ってて、ビジョンがあるのはいいことだけれど、そこまで「いい子に育てたい」って思うことが大事なことかな??話してた内容を詳しくは覚えてないから、これだけの情報に対して私の意見を書けば誤解だらけになるかもしれないけど、そこまで子どもを大切にして「いい子に育てたい」って、子どもを家畜扱いしてるみたいで嫌だ。
そこまでこだわって、子どもを管理して育てることで、「自由な子」が育つだろうか??逆説的だけど。

私がこんなふうに考えるのは、自分の境遇と母親がしてくれた話がものすごく影響している。だから、いまこんなふうに考えられるってことに感謝して話を進める。


親の問題を考えれば、子どもにそこまで期待をかけるのは子ども依存症だと思う。子どもを本当に目に入れても痛くないってぐらいにかわいがって、自分の理想どおりに育てようとすると、それは子どもにもプレッシャーだし、子どもがどんな形であれ親を裏切ることになったとき、その親は死ぬ以外に選択肢が無くなっちゃうじゃん。

うちは3人兄弟。で、兄が生まれたときは母は兄を扱うのにめっちゃ神経質になってたらしい。でも私が生まれて妹が生まれてってなってくうちに、だんだんぞんざいになっていった(笑)。期待しない、面倒見過ぎない。
ちなみに私のこのワガママな性格は、3人兄弟の2番目だったからだったんだと最近実感した。やっと理解した。だから、親の育て方だけで子どもの方向性が決まるわけじゃないというか、なるようにしかならないというか、子どもは自由に育つんだ!ってことを知った。
だから親は管理とか監視しすぎちゃダメなんだ。面白がってみてるぐらいのスタンスがちょうどいいんじゃない??

それに、歴史上の偉人をみても、親が目をかけまくったから偉人になったって人は少なくない??今、大河ドラマになってる坂本竜馬だって武家の次男、家を継ぐ身分じゃなかったからあんなふうに育てられたって側面はある。

そうそぅ、ビートたけしが「オレはこんなふうに育てられた」って言ってるのを聞いたら、「あ、これぐらい気楽に育てるのがいいね」って思わないかな。


だから子どもを作るときは二人以上。で、愛情が偏らないようにする。それは親のためにも子どものためにも。で、子どもは可愛いけれど、絶対じゃない。子どもは子どもで可愛がって、でもちゃんと自分の人生があるんだ!ってこのスタンスが、私はいいと思うね。
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/184-115bebd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。