スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いがけず、さくさくぱんだ


私が初めてサンタさんになったのは、たしか中学3年か2年のときだったと思います。夢見るゆめこちゃんでした。でも、サンタさんになったのはゆめこちゃんだったからなのに、そのときから(一部)大いに大人になったと思います。


最近はクリスマスと言う言葉自体に冷めてきている感がありますが、
やっぱりプレゼントを渡して大切な人を喜ばせたいと思うもの。
普段はなかなか自分の思いを伝える機会がない所為にか余計に、このイベントに乗っかってあの人を喜ばせたい…と思ったものか。




今年、ちゃんと贈り物をした相手は一人だけ。誕生日が近かったのもあったのでまとめて送ったら、電話が掛かってきて、
久しぶりにおしゃべりができて私にとってもいいプレゼントになって返ってきました。
これに関しては期待してました、期待通りにはなかなか行かないもので、だからどうして、こんなにも幸せになりました。


それから、思いがけずメールやプレゼントを頂いたりもして、ささやかなメールだけでも嬉しくなるものだと実感しました。なので近しい人にだけ、その気持ちをおすそ分け。


そして一番思いがけなかった頂き物が、さくさくぱんだ。
これです。

IMG_1674.jpg


バイト先の人が、
「パンをくれたお礼」
といって渡してくれました。

パンなんて、そんな昔のことをいつまで覚えているのやらとはおもっても、やっぱり嬉しかったです。
可愛らしいパンダのチョコビスケットで、ものすごく甘いにおいがしました。一日で全部、平らげてしまいました。



スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/164-3a7b3987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。