スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待できない妻との話し合い


今週見てきた裁判員裁判、判決はメディアで知った。
懲役3年執行猶予5年(保護観察付き)。弁護側が求めた通りの判決になった。それが、私には面白くない。実刑でいいと思っていたのに。


事件の内容は、酒に酔った男性が夜中2時ごろ、帰宅途中の女性(20歳)をつけて、ビルのエレベーターホールにて後ろから抱きつく、暴行、脅迫、被害者の携帯電話を壊す、パンツを下ろす、といった行為をしたもの。

(なんか書きづらい…)


たいした事件ではなかったのでチェックもしてなくて、ただ裁判員裁判にはなったから見に来た、というレベル。なので、証拠調べ手続きの中で事件を具体的に知っていった。


事件自体はともかく、今回法廷のリズムがつかみづらかったのはやっぱり裁判員裁判の所為だろうな。確かに法廷の雰囲気は変わったけれど、傍聴人としては裁判員が加わることで法廷の見た目の風景以外のものも変わってしまうのがめんどくさいと言うか。検察側も弁護側もものすごく裁判員に気を使った言葉遣いやパフォーマンスを展開するし、いちいち休廷して、合議が入るしで、期待してた大きなモニターはハリボテで何にも写さないし…慣れなくて大変。。


この前も書いたけれど、見ていて気になったのは、裁判員が加わって、法廷でのアピールの方法が変わったとしても、その内容があんまり変わってない。今回の争点は量刑だったわけだけど、冒頭陳述からして双方とも、どういう点でそれを判断するのかという判断材料を分かりやすくきれいに並べ立てる。それが、国民の常識が入り込む余地をなくして、結局刑事裁判の量刑を決めるのは事実よりも被告がどれだけかわいそうな人物でどれだけ反省してて周りの人たちが支えてて再犯可能性がどれだけあって…ということから判断するんですよ、と法曹がよってたかってそれを裁判員たちに洗脳し、結局は今までと同じような裁判プロセスを経て同じような判決が出るしかない。これじゃ、制度が活きてこないように思う。



で、被告人はその日、かなりの量の酒を飲んで酔っていた。風俗店に行ったが満足しなかったらしい。で、そのあとでミニスカートの女性に欲情し(事件があったのが夏だったから、残念なことに)、何人か女性のあとをつけた後に犯行に及んだ、らしい。
女性は怖くて必死に抵抗したが男性の力には勝てず、ここからがこの女性、頭がいいんだけど、「絶対に言うことを聞くけえ場所を変えようや」といって男性を交番まで連れて行った。で、現行犯逮捕。よくそんな台詞が出たと思う、見習おう!!

被告は法廷で終始俯き。演技だ、て思うぐらい。証言者は「やさしい人」とか言うけど、ずっと下向いて床しか見てないんじゃないの?ってぐらいだし、証言を始めたらこれも最初から最後まで泣いてるし。
しかし内容はいまいちで、やったことは覚えている、でもその時に何を考えていたのかは思い出せない、と。事件に関する事実は細かく覚えているのに、その直前の行動(そこまで重要でない部分)に関しては曖昧なことも多い。だから私は、その記憶はかなりの程度尋問の中で再構築したものだと感じた。


で、二日目にいつもの如く検察の目の前に座ったら、暫くして隣に座ろうとした人が裁判所のスタッフに止められてた。曰く、「指定席ですから」。
ってことは私の隣には証言者が座るってこと…会社の上司と被告の妻。で、実際、来る。
めっちゃ一生懸命メモしてたから、余計緊張したぁ。


大事なのは、被告も被告の妻も今回の事件の原因になったのは会社での人間関係によるストレスや、特別多く飲みすぎた酒の所為だと話していたが、違ったのは妻がその中に欲求不満(セックスレス)をあげていないこと。その後の尋問を聞いていても、「よく話し合う」って解決策しか見えてこないし。どうも被告は妻に悩みや事件の原因について話してない。情状証人だから、家族が待ってるとかそういうことだけ言えれば十分なのかもしれないけれど、家庭がどれだけ被告にとって安らぎの場なのかは分からない。刑務所よりはましだろうけれども。



今回の判決は、強制わいせつとしては重いほう。今までの判例から照らせば、そう判断できる。執行猶予は5年もあるし、保護観察もつく。特定のプログラムを受けることも求めている。家族もいるし仕事もありそうだから、実刑にはならなかったけれど、被害者が慰謝料を受け取っていても「絶対に許さない」と示談には応じてないからだ。
重いとは言っても、そんなもんだろう。どうも納得いかないと思うところもあったけれど、時間もない中だったし。そういう意味ではしょうがなかったのかも。

裁判員制度が始まってから、裏側がもっと気になってきた。どんの構造になってて、どういう話し合いをしたんだろう??
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/158-6213d4bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。