スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「makoto」


「makoto」ってタイトルのフリーペーパーを見つけた。
まともに読まずに、英語だと思ってた。ちゃんと読んだらローマ字だった。


これを何処で見つけたかというと、西本願寺の門辺り。
西本願寺の広報のスタッフ(今お寺に居るのは坊さん以外にも様々。)が作ってるっぽい。ターゲット層も誌自体も薄い。

で、自分がチェックしたのの話だけすると、テーマは宇宙。で、種子島の写真以外は仏教色が前面に出てる(当然か)。


中で気になったのは、「縁起」と言う言葉が仏教用語として紹介してあった文章。仏教の言葉だとは考えたこともなかったぐらいに日常になじんでる言葉だけど、「様々な因や縁が寄り集まっている、世界は全て繋がっている」という思想らしい。で、宇宙と世界との繋がりを感じよう、と短く分かりやすくまとめてある(彼國の便り)。

私がこれを読むとどうしても、この思想が経済だと思ってしまう。「宇宙=経済」だ。
私の経済活動(お金に関わらず、だけどお金が一番分かりやすい)は全て世界の経済活動と繋がっていて、私が消費をすれば世界が動く。

例えば私はその日、\10,000-使った。そうしたら、私の手から他の人に\10,000-渡って、それを受け取った人が今度はちょこっとは貯金はすれども\7,000-使って、次に受け取った人がそれを\4,500-ぐらいは使って…と。
で、私もそこそこはバイトしてて、月に7万円ぐらいは稼ぐ(少ない)。世界はそうやって循環してる。



この俗世の発想、というか思想、10年も前に(遊びで)出家してても、やっぱり今でも(あるいは今のほうがなおさら)、私は御仏の救いを受けることが出来ずに、その苦しみを俗世の娯楽を必死になって消費することで埋めようとしている、ダメな人間だなぁ。

一生救われそうにないし、人を救うことも出来ないんだろうなぁと。
そう思いながらまた、消費する。
世間には「景気付け」見たいなのがあるように、どーんと惜しむことなしに消費することで幸運を呼び込もうという信心もあって、これはまさに、自分が経済活動を起こせば世界も動く、あるいは「情けは人のためならず」と言う言葉と同義なのでは、と個人的には思うけど、同なんだろう。



そういえば最近、新垣結衣がNHKのCMで「愛はキャッチボールだと思う。自分が投げるから相手も返してくれて…」見たいな事をいってたけど、
まあそれでもいいけど、そしたらそれはいつでもニコニコ現金払いというヤツで、世界が膨らまないと思う。
やっぱり現代経済には「信用(Credit)」ってものがあるんだし、ボールを投げたからといってすぐにそれが返ってくるのを期待するんじゃなくて、ボールが違う人に行き渡り、それがいろんな人を経由して最終的に自分に戻ってくるって感じで期待してなきゃ。信用取引でバブルが発生する!!(笑)
スポンサーサイト

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://karehausagi.blog38.fc2.com/tb.php/153-9aac68d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。