スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の”なんちゃってレゲエ”は要らないから。


なんか、だいぶ前から思っていたけれど、ちょっと書いてしまおう。
日本人でレゲエをやっていると言う人、多分それはレゲエではないです。

昨日、ラジオで、レゲエやっていると言う日本人の話が出てきて、
その人の歌を流すと言うので聴いていたら、なんか色々と説教臭くて
「ひと(他人)は自分を映す鏡」
だの
「それを成長と呼ぶんだぜ」
だの。。。

誰がそんなのを好き好んで聴くのか分からない。
わざわざ説教されるなら、せめて出家に頼みます。


私はレゲエのことは、「反抗の音楽」と教えられてきたのにな。
黒人奴隷がルーツと聞いていたのにな。
それが日本に入ってきた途端、どうして「はい、あなたは反省しましょう」見たいになっちゃうんだ??
かなりのナゾ。。。いやお説教されたがる日本人、かなりのマゾ。。。


まぁ歴史的に他国に支配されたことがほぼない日本にとってはレゲエの精神なんて、
私も含めてこれっぽっちも理解できないのかもしれないけれど、
でもさすがにこれはない!!
ラジオだからあまりに過激なのは放送できないだけ!!と信じたいけれど、
ローカル放送だし、他の番組聞いてても、それはないなぁ。

その点、私が協力隊として居たブルキナはじめ、アフリカ諸国にはこの精神がとてもあって、
私はすごく好きでした。
今更ながら、ちゃんとCDやDVDを買っておけばよかったと思います。
地元の、のほほーんとした音楽についてはあまり好きにならなかったけれど、
コードジとかのレゲエはかなり好きでした。
中でも衝撃を受けたのは、
Tiken Jah Fakolyというひとでした。
youtube で探してみました。
オンラインで曲が買えるでしょうか。


Ca va faire mal



Plus rien ne m'éttones
スポンサーサイト

RCC中国放送 久保田夏菜アナウンサー


…の写真を、思う様撮ってきました。
もうちょっと前のことになりますが、先週の6月21日土曜日、
マツダズームズームスタジアムにて、試合前に「鯉するカープ女子会」というイベントにて。

ちなみに、AKB48チーム8が登場して、5階裏に劇的大逆転をして、
その直後にチーム8の恋チュン楽しんで、雨でコールドゲームになった日のことです。

あんまりつまらないことを書いてもしょうがないので、
写真ばかり載せようかと思います。
写真と本物とは、かなり雰囲気が違いますね。
久保田アナの、ピンクのユニフォーム姿がとても可愛くて好きです。

パソコンの方、クリックすると一つ一つがきれいに見れます。
サムネイルで表示すると小さすぎるし、そのまま載せると大きすぎてはみ出して表示するし、
ちょっとめんどくさいなぁ。

_DSF1491.jpg

_DSF1502.jpg

_DSF1553.jpg

_DSF1568.jpg

_DSF1570.jpg

_DSF1634.jpg

_DSF1635.jpg

_DSF1636.jpg



AKB48チーム8のパフォーマンスも撮ってて、載せたいと思いつつ、
なかなかめんどくさくてやってません。いつもの私です。。。
まぁ、気長に。

朝5時起きの生活は清々しい。


久々に近所のスーパーを夕方に歩き回って、野菜を買うのも米を買うのも久しぶり。
人があんなに居るスーパーを見るのも久しぶり。
野菜を自分の目で見て買うところからもう一度、やり直し。

スーパーをふらふらしていたら、お料理実演コーナーのレシピに
「コードジボワール風ブイヤベース」
というのがあった。
写真にあるような、こんなオシャレなのをコードジで食べているのかは分からないけれど。。。
フランス語圏ならブイヤベースもあったのかな?
コードジの魚は泥臭くないモノがあるんだろうか、とか思いながらレシピを見ていたら、

「オクラ」かぁ。
ブルキナでもオクラ沢山食べてたなぁ、そもそもオクラってアフリカ原産なんだよなぁ。
と、ちょっと懐かしくなって、オクラでカレーを作ってみた。


アフリカに居た時には、毎朝朝5時に起きていた。
朝5時に起きるのは好きだ。7時や8時になってから焦って起きるときと、
目覚めの良さも全く違うし、余裕がある。
朝の早い時間から起きて、すっきりした頭で読書したり、朝ご飯の準備をする時間はいいものだと思う。
日本に戻ってからも暫くは、朝5時に起きる習慣は続いていたけれど、ここ最近は夜が遅いせいか、
なかなか早い時間に起きれなくなっていた。
今年のゴールデンウィークの時に、少しリズムを取り戻して、朝早い時間に起きれるようになったと思ったのに、気がついたらまた、朝7時ごろに、二度寝や三度寝を繰り返しながらやっと起きるって生活に戻ってしまった。
今また、仕事を辞めたから生活のリズムがもとに戻ると思っていたら、これがなかなか直らない。。。
どうにか、朝5時に起きる生活を取り戻さねば。

DSCF0934.jpg

DSCF9816_20140611222327db8.jpg

広島に徳島が来た!!


広島は今週末、「とうかさん」というお祭りをやっています。
なんでも、日本で一番最初に浴衣を着てみんなが出かけるイベントだそうです。
私も負けじと、慌てて浴衣を買いにいって、出かけてきました。

DSCF0445.jpg


初日(金曜日)は夜、中央通りで多くのグループがソーラン節を踊るのを見ていました。
私も昔やったなぁ、と思いながら見てましたが、あのロック調のソーランはいつ見てもかっこいいですね。
パワフルでキレがあって。
しかもこの日は8時半頃からかなりの量の雨が降ってきていて、
私たちもびしょぬれになりながら見ていましたが、
全身に雨を浴びながら、終始全身をダイナミックに動かしながらのダンスは
どのグループも圧巻でした。
小さな子から大人まで、楽しませてもらいました。

DSCF0311.jpg

DSCF0350.jpg

DSCF0402.jpg


土曜日は実は東広島・志和のほたる祭りに行こうと思ったら、途中で土砂降りに鳴ったので引き返しました。
そしたら市内はそれでもほとんど降っていない!!
なので浴衣ファッションショーと、それから少し、またダンスを見てきました。
とうかさんを見て今年の浴衣のトレンドも決まる、という話もあったので、
なんかすごいイベントが広島にあったものだなと思います。
新作浴衣も色々堪能しました。
金曜日には男性もののファッションショーもあったみたいですが。。。
どれも本当に個性的で綺麗で、派手すぎずとてもおしとやか、
季節感もあって本当に素敵でした。
私も安い浴衣を買っていたので、少し恥ずかしくなりますね。

DSCF0684.jpg

DSCF0724.jpg

DSCF0880.jpg

DSCF0865.jpg


そしてその後、徳島の阿波踊りが広島に来てました!!
テレビでしか見たことなかった阿波踊りが見れて、間近でステップとかが詳しく見れて、
お決まりのリズムだけでなく、色々なテンポ、調の中で一定の決まり事の中、
大勢の人が美しく、躍動的に踊るのを見て、感動しました。
ずっと見てみたかった阿波踊りが、わざわざ向こうから来てくれたことに感謝です。

DSCF0772.jpg

DSCF0775.jpg

DSCF0829_2014060809484415e.jpg


中央通りはもはや完全に阿波踊りに占拠されてた!!

お祭り騒ぎの梅雨入りと「わたし、解体はじめました」


広島も今日とうとう、梅雨入りしましたねぇ。
広島はここ2,3日、いつ梅雨入りするかでてんやわんや。片時もラジオから耳が離せない状況でした。それもお昼11時過ぎににようやく決着しましたが、まぁ今年は「梅雨入りしました!おめでとうございます!!」となんだか楽しい、お祭り騒ぎの梅雨入りでした。今日は雨がしきりに降り続いていますが、そんな雨模様もいいかもしれません。

ちなみにうちの妹が今度、そのラジオの生放送に出演して、そこで流す音楽も10曲、好きなものを選べるとか。

最近はラジオフリークな私ですが、いつも聞いているそのラジオでつい先日の土曜日の朝に紹介されていた、話題の人と本。「ちはる」という人の、「わたし、解体はじめました」と言う本。同い年くらいの女の子が福岡の片隅で、イノシシやらを捕って解体して暮らしているとか。その他にも色々。夢中で聞いて、その場で調べてみたら、「畠山 千春」という方らしいです。
早速本を買い、今日、ようやくこの本を読み始めました。色鮮やかで可愛らしい表紙の印象そのままの、飾らない文章でとても読みやすいです。なのに、読むのにとても体力を使う。そんな本です。現在、たかだか一章を読み終わったところなのに、早くも休憩。文章に飾りがなく、読むことに無駄な体力や集中力を使わない分、著者の体験を追っていくことについてに全力を注げるので、逆に読むのが大変な気がします。すらすら読みつつ、著者の視界や感覚・感情が鮮やかに共有できてしまって、それを飲み込むのにかなりの精神力を使います。シンプルな味付けの、ゴロゴロのままの大きな塊肉を口の中で何度も何度も噛んで、それでも大きな塊のまま、喉をグルグルと鳴らしながら、食道全体の筋肉を使って飲み込むような感覚です。分かりづらいか。


しかし東日本大震災についても当時は海外にいて経験がなく、こういう言い方は違うかもしれないけれど、身近な人の大部分が西日本だと、やはりイマイチ危機感を感じないままなのですね。東日本大震災の経験が今の生活のきっかけになったという著者のこの経験を共有することの大切さと、そのやり方についても考えさせられました。

また一方で経験を伝える、共有するという意味では、ブログを書いたり、広告作って書いていた私自身の文章の在り方についても考えさせられました。


本については、繰り返してしまいますが、第一章を読んだものの、消化するのに時間がかかり、今は未だ次に進めないでいます。それくらいに濃いです。
少なくとも言えるのは、青年海外協力隊として西アフリカ・ブルキナファソに2年間いたことについて「貴重な経験をしたね」と言われる機会が多くありますが、また「勇気があったね」とよく言われますが、そういったセリフに感じていた大きな違和感を今なら言葉に、誰にでも見える形に出来そうな気がしてくるということです。
そしてそれを私自身も体現できる人になれたら嬉しいなと思います。事実、すでに体現している人はこの世の中にごまんといるのですから。


昨日もビデオで、少し前の「ユーは何しにココへ?」という番組を見ました。イギリス出身の青年が家族と一緒に、愛媛の離島に移り住みたくて、島に見学に来て居たっぽい(途中から見た)。その中にもやはり、釣った魚をその場で処理する場面がありました。
自分だけの価値観として大事に箱にしまって鍵をかけておくのは惜しい!と思える、本当に美味しいもの、嬉しいこと。本当に夢中になれることが、世の中にあるはずと思いました。そういった、今は未だ曖昧な感覚をもっと自分の中で磨いていきたいと思っています。

DSCF9815.jpg

DSCF9816.jpg

私の第二の人生、始まりました。



暫く休んでいたブログも再開です。
思うところあって、私は5月いっぱいで会社を辞めました。

会社の人には「転職する、別の会社で営業をする」ということにしていますが…
実際、一ヶ月前まではその積もりで居ましたが…
それも辞めてしまいました。
それがとてもつまらないことであり、それが分かっていながら転職することが、輪をかけてつまらないことだと思ったからです。

なにも説明もないままこんなことを書いたら、誤解だらけになるでしょう。


今後、その理由も書き連ねていくかも知れません。
兎に角私は、一年間やってきたフリーペーパーの、広告営業の仕事を辞めてしまいました。
自分の中に発信したいこともないのに、情報発信の仕事に携わっていても不毛だと気付きました。
ざっくり言って、自分が一年ちょっとやってきた仕事は、誰か別の人がやればいいことだと思いました。ここ数ヶ月ほど、そう思っていたように思います。


そして、もっと自由に、もっと今の自分に正直に、もっと自分がやりたいことをやろうと決めました。
それは自分の中だけの話ではなく、世の中がこうなって欲しい、という希望も込めての「やりたいこと」です。


昨日、私は久々に髪を切りました。
去年も同じ時期に切りました。
大好きな美容師さんの誕生日前だからです。
プレゼントに、今年は一冊、自分が読みたいと思った本を美容師さんにも同じものを買って贈り、自分自身もこれから読みます。
そして美容師さんと色々話す中で強く実感した自分の思いは、

「自分の食べる物は自分で作りたい」

ということ。


仕事を初めて以来、家にある土鍋もフライパンも包丁も全部、ただのインテリアになっていました。
それが自分の望んだライフスタイルか…と問いかけるまでもない疑問です。
だから、私は私らしい生活を取り戻そうと思いました。
やってみます。
これからはこのブログは私のセカンドライフのお話しになります。
若干27歳にしてのセカンドライフのスタートです。
これを私は世界を変える戦いにしたいです。

みんなが聞いてきますが、アフリカで見てきたものの影響も大いにあるでしょう。
それもちゃんと考えてみます。

さて、新しい私の人生の、始まり始まり~。ということです。

DSCF9761.jpg

DSCF9786.jpg


| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。