スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の自分。


最近、色々と悩んでいたり、疲れていた自分の為に、
今日はとあるリラクゼーションスポットに行って来た。

ただ疲れているとか言うのではなく、心の中に溜めて、
でもそれを上手く表現できずに自分の中に残していた。
ネガティブなこと言っても怒られるし、
悩んでいることを自分が上手く言葉に出来る自信が無かったりで、
だけれど誰かに話して楽になりたかったことがあった。

なので、今日行ったのは、施術だけでなく、カウンセリングもやってくれるところ。
昨日偶然、カウンセリングもしっかりやってくれるところを見つけて、
すぐに予約。

そして今日、早速癒されて来た♩
昼過ぎの暖かい日差しが降り注ぐ部屋で、うとうとしながらの施術。
久しぶりだったから緊張したけれど(私が!笑)、
やっぱり平気なようで体も疲れが溜まっている部分があったみたいで、
たっぷり一時間かけて楽にしてもらいました☆

それから、お茶を飲みながら色々と話を聞いてもらって。
自分が今現在直面している問題と、
毎回同じような問題を起こしているのが自分自身の性格の問題なのではないかと…
等、色々と悩んでいたりすることを聞いてもらった。

その人の話によると、私はもっと素直になっていいのだそう。
自分の言葉が周りを傷つけたり、イライラさせるんじゃないかと、
普段から思ったことを簡単には口に出さないようにしている。
でも本当は、そんな心配をせずに思ったままを素直に言葉にしてもいいのだそう。
きっと周りもそれを受け入れることが出来るし、
自分自身もそうすることで、諸々のことを溜め込まずに済むのだと。


次は月末に行くことになった。
これで明日から、気持ちをリセットして、新しい自分にして頑張ろう。


昔は夏って暑いだけで汗疹も出来るし嫌いだったけれど、
よく見ると生命力に溢れて色彩が深く、暑いのも好きになって来た。
いい季節かもしれない。


_DSF0287.jpg

_DSF0290.jpg

_DSF0289.jpg

_DSF0295.jpg

_DSF0304.jpg

_DSF0306.jpg
スポンサーサイト

不安な自分と飛んで行ってしまいそうな青写真と。


日々、「精一杯」が続いているけれど、
とにかく新しい環境と仕事に慣れることだけにいっぱいいっぱいになっていた私に、
どうして私が雑誌作りを志すのか、思い出させてくれる人に出会った。

自分のやりたいこと、やらなきゃいけないこと(自分の為に)、
そういうことをもう一度ちゃんと握りしめて、何があっても手放すことの無いようにして、
走り続けなきゃ。


会社の、私の机がある。
隣に、一番若い女の子がいる。
何と、23歳。
そろそろ、入社して一年ぐらいになるらしい。
で、ものすごく売っている。

その子は、プライドがすごく高い。
営業や広告の仕事も、すごく気にいってやっているみたいだ。
売り上げは、誰にも負けないと豪語して止まない。
飲み会の時に冗談半分に上司が
「まさ君が売り上げトップ目指してるよ」
というと、
「あり得ない。絶対に負けない」
と言い切る。

なんだか清々しいと言うか、微笑ましくさえ思えて来る。
それだけの自信とプライドを持って自分の道を進むことが出来ているのは、
彼女にとってすごく幸せなことなんだろうなぁと思う。
羨ましい。

私は、売り上げがそんなに無くてもいいと思っている。

じゃあ私の目標はなんだろうか?
雑誌を作ると言う作業を通して、自分が作り上げたい世界が、
ちゃんと描けているだろうか。
そのブループリントを、いつもちゃんと手に持っているだろうか。
目を話した隙に、自分からもふらふらと飛去って見失ってしまいそうな、自分。
余計な翼が背中に生えていたものだなぁ。
そのくせ、臆病で不安だらけで、足が竦んで踏み出せないこともよくあって。


_DSF9424.jpg

_DSF9209.jpg

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。