スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神的に耐えられそうも無い営業と言う仕事のこと。


今、何故か私は広告の営業と言う仕事をしている。

そもそも私がサラリーマンだなんて、世も末だと思うし、
その中でも営業という、人と関わることで利益を出すような仕事に就くとは。
「営業は誰もが避けては通れない道」とは確かに言われて来たけれど、
それでも自分がそんなことをするなんて、想像しただけでも恐ろしいはずだった。

昨日は訳あって、広告代理店の、ベテランの営業マンと少しだけ営業廻りをする機会があった。
その時に車の中で色んな話をした。
営業のセオリーとか、自分が担当する地域の土地柄とか聞いて。

そうしたらその人が、突然「私(まさ)に期待している」と言い出す。
別に私が営業マンとして素質がありそうとか、そう言うことじゃないよ。
そう言う訳は、最近の若い人が営業を嫌がるというところにあるみたい。


特に飛び込みやTelアポを嫌がるらしい。他でもそう言うことを言われたことはあるけれど、
最初は誰しもがやらないといけないのに、Telアポを嫌がって、すぐ辞めると言っていた。


期待されているのはすごく励みになるし、頑張ろうって思うけれど、
私はその若い人たちの気持ちがよく分かる。
というか、私も若い人、で新人なわけだし、今のところこなしていながらも
正直、Telアポも飛び込みもしたくない。
やっぱり怖いからね。
人と話すのが苦手な私としては、本当にやりたくないと思っている。
ビクビクしながら人と話す。飛び込みとかTelアポとかに限らず。
人に嫌われるかもしれない、いや多分嫌われている、大半の人に。
しかもそれをやりながら数字を出して行かなきゃ行けない。
なんてプレッシャー。

ちょっと前にバイトで受付していた時、制服のレンタルの営業で一人、
女の子が飛び込みで営業に来た。
自信なさげで、飛び込むのも怖い、不安だらけって顔と声して、
色々とサービスの説明して帰って行った。
それを見ていたのか、彼女が出て行った直後にある社員の女の子が、
「あの人、キモいですよね。」
前にも来たことがあるらしく、入り口の前で入るのを躊躇っていたりしたらしい。
そのとき私は、自分がもし同じようなことをするようになった時に、
多分自分も同じように、知らないところに飛び込むのを怖がったり躊躇ったりするだろうと思ったから、
その営業の女の子の気持ちがすごく分かる気がしたから、
複雑な気分だった。
やりたくてやってる訳でもないだろうに、あんなに頑張って勇気を出して
飛び込んで来て、
でも「キモい」とか平気で言われるんだな。。。

自分が思われるのは慣れているけれど、自分と同じように、
ただ人見知りででも仕事でしょうがなく、勇気をふりしぼって飛び込み営業して、
その結果「キモい」って言われるんだったら、
お金かけて大事に育てられた今の若い子たちがやりたいと思うわけない。


私も毎日、自分が「キモい」って思われているかもしれない、
実際にそれとほぼ同義のことを面と向かって言われる可能性が大いにある、
そんな中で結果を出さないといけないという世界の中で、どれだけ耐えられるか。

自信ない。
そんなこと言ったら社長に怒られるけれど。

_DSF9902-1.jpg

_DSF9891-1.jpg

_DSF9888-1.jpg

スポンサーサイト

次は自分の番かも。


次は自分かもしれない。毎日そう思って過ごす。

次は自分の番かもしれない、

って言うのは、ポジティブな時にだけ考えられる訳じゃない。
もちろん、チャンスの順番のこともずっと待っている。
でも、チャンスじゃないこと、自分にとってはマイナスのことも、常に自分のことを待っている。


そのこと自体は、はじめから分かっていたつもり。
そしてその順番が近いかもしれない、と実際に思ったこともままある。
体験や経験があるからこそ、チャンスの順番を自ら掴みに行こうとするように、
そっちの順番からは遠ざかろうと努力をする。

でも多分、いつか来る。
チャンスの順番のように、多分。多分。


もうずっと前から決まっていたことで、
いまでも高三の時のあの日の教室を忘れられない。
圧倒的多数として取り残されることのつらさを知った。
そんな自分が今、毎日のようにバイクを運転しているのも、何の因果だろう。
あの時にはまさか、自分がバイクを運転することになるなんて、思いもしなかった。


私の性格は、結構甘えている。
私は、一人になると死んでしまうタイプらしい。誰かが居ないと生きて行けない。
だけれど、一人でいる時間のことも自分に絶対欠かせないものだと分かっている。
自分の我が侭を100%受け入れられる時間として。
バイクに乗っている時、アクセルを捻って同時にニーグリップをし直し、バイクにしがみ付く瞬間が好きだ。
自分の我が侭を完全に受け入れてくれる存在としてのバイクに、自分をゆだねることが出来る、あるいはゆだねたくなるのかも知れない。


自分の番を想像するのなんてそんなに難しくないくらい、寧ろ常に頭の片隅にあるくらいに、普遍的で身近なものだ。



_DSF9648.jpg

_DSF9693.jpg

_DSF9712.jpg

_DSF9713.jpg

_DSF9740-1.jpg

_DSF9758.jpg

_DSF9789.jpg

出雲へ、一泊二日の旅。




出雲に、神様に会いに行って来た。
ずっと前から行きたかった出雲、でも人と行こうと予定を立てると、
どうしてもみんながそろって行くことが出来る機会が無くて先延ばしになっていた出雲、

にようやく行って来た。一人で。
初日は木次まで行って、そこで友達と合流、松江城や出雲大社に連れて行ってもらい、
駅前の温泉に行き、夜は一緒に飲み、そして家に泊めてもらった。

ずっと行きたかった出雲大社も、ちょっと来るタイミングが早かったみたいだけれど、
60年に一度の遷都の年に来ることが出来てよかった。

これで去年11月に明治神宮、正月に伊勢神宮、2月に厳島、そして4月に出雲大社と、
なんだか大きめのパワースポットを巡りまくり。
そのおかげか運が向いて来たようで、おみくじを引いてみたら思わずにやけてしまうような内容!
今年はこれから、どんどん前進あるのみ!!


友達のうちで頂いた朝食は、特別なごちそうとかではなく、でも本当に地元(近所)でとれたものを使った、素朴で田舎臭いけれど上品な朝食で、
ただ観光で写真を撮ってすぎるだけではたどり着くことの無い食事で、
美味しかったし内容もちょっと変わっていたし、満足。


日曜は足立美術館を見学し、おろちループとかでのんびりし、
ゆっくりと気ままに時間を使いながら戻って来た。二日目は暖かく、のんびりとマイペースな一日を過ごした。



次にどこか行くのは、4月末かな。

_DSF9638.jpg

_DSF9662.jpg

_DSF9659.jpg

_DSF9673.jpg

_DSF9680.jpg

_DSF9740.jpg

_DSF9751.jpg

_DSF9791.jpg

_DSF9812.jpg

_DSF9838.jpg

一人で居る時のいいこと。


バイクに乗りながら、色んなことを考える。
特にロングツーリングの時には。

私は一人になったら寂しくて死んでしまうタイプらしいけれど、
こうして一人でバイクに乗っている時間を愛している。
この時間は、ひたすら自分と対話する時間になっていたりする。
この時間に色々なことを考える。色んな言葉が自分の頭の中を駆け巡る。

一人で居て、誰にも気兼ねせず、我が侭を遠慮なく通せるこの瞬間にしか出来ない対話がいくつもあったと思う。
けれど、その時の対話を覚えておこうと思ったところで、バイクに乗っているからメモも出来ない、
頭の中の言葉だから写真にも撮れない。
だからその時だけの対話になる。全て、その瞬間を過ぎたら誰にもその内容が知れ渡ること無く消えて行く。デリートされて行く。跡形も無く。


風に煽られ、雨に打たれ、雹みたいなのにまで降られて、
ひたすら体温を奪われて方があがり、全身がガタガタ震えながらも、
それはそれで、その時にしか出来ないツーリングだったのだと思う。
そして次回は何処に行こうか、と思う。


_DSF9304.jpg

_DSF9298.jpg

_DSF9333.jpg

_DSF9307.jpg

_DSF9348.jpg

_DSF9349.jpg

_DSF9408.jpg

_DSF9366_20130408002557.jpg

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。