スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNICEFスタッフのインタビュー


もう一年近く前に録ったインタビューの記事だけれど、
本当はブログに載せるつもりではなかったけれど、
ここに載せます。

今日載せたのは、特に意味は無い。
強いて言えば、最近、この記事のことを思い出したから。
眠らせるには忍びない。


と言うことで、協力隊としてウガンダで活動し、
その後UNICEFブルキナのスタッフとして二年間勤め上げ、
そして今はコードジボワールのUNICEF事務所で働いているはずの下川桂子さんのインタビュー記事を載せます。

全部で4枚。
ダウンロードして拡大したら、読めると思います。
ちょっと荒くはなるけれど。

下川さんが国際協力を志すに至った経緯、
ウガンダでの活動とそれがUNICEFブルキナでの企画にどう生きてきたのか、
そして国際機関で働く為に必要なものとは?!

私の任地にUNICEFのプロジェクトで学校が建つ、と言うことで関わることになった下川さん。
彼女の教育に込める哲学に触れることが出来る、貴重なインタビューだと思います。
全6ページ。


下川さんインタビューp1

下川さんインタビューp3

下川さんインタビューp2

下川さんインタビューp5

下川さんインタビューp4

下川さんインタビューp6


ちなみに、もし写真入りの記事で読めない、という人の為に、
以下にテキストを貼付けておきます。
クリックしたら読めるようにしておきます。

下の、「続きを読む」というところをクリックしてください。
スポンサーサイト

【“UNICEFスタッフのインタビュー”の続きを読む】

大和のナンバープレート!


土曜日に、よく行くバイクショップに行って来た。
よく行くって言っても、広島市内に引っ越してからは行ってなかった。
だから、半年ぶりとかかな。しばらくぶり。

特にあれを頼もうこれを頼もうと思って行った訳ではなかったけれど、
挨拶だけかなとか、ヘッドライトの電球だけ頼もうとか、
そんなことを思いながらも、着いたら、直前まで全く考えていなかった色んなことを相談していて自分でもびっくり!


で、結局、後輪のブレーキの効きが悪かったの、
中のブレーキシューを交換してもらって直った!!
しっかり踏み込んで、それでもちょっと緩いなぁと思っていたのが、
シューを交換したら、ちょっと踏み込んでしっかり効くので、
交換前の感覚で踏むと、後輪が滑ってしまって、コケそう(笑)気をつけなきゃ。

これが、交換した後のブレーキシュー。
真ん中のほうが特に減っているのが分かる!
_DSF4088.jpg


これからこのバイクには一層、仕事する時にも私と一緒に頑張ってもらうことになる予定。
だから、一層大事にしてやらなきゃなぁ。
_DSF4090.jpg



5年後には、お店の坊やが中三になって、その頃にはバイクの整備がしっかりできるようになっている予定らしいので、
チェーンとスプロケットの交換と、ヘッドライトのLED化を頼んでおいた。
将来が楽しみだねぇ♩
まだスクーターしかバラバラにした頃が無くて、チェーンは分かんないんだって。
恥ずかしがり屋で、写真は載せないでだって。可愛いの☆


だから代わりに、見せてもらった呉だけのナンバープレート!
ちょうど、これから取り付けるって言うのを見せてもらった!
_DSF4083.jpg

わざわざこのプレートつけたくて、呉に住民票を移す人もいるんだって言ってた!!

生まれ変わろう。


今日から、色んなことが変わる。
最近、気分の変化が激しくて、自分にいいことが起きているのか、悪いことが起きているのか、さっぱり分からない。
少なくとも、そう言った諸々のことを、自分がいつも以上に深刻に受け止めているという実感がある。
もっと冷静に物事を受け流して行くには、どうしたらよかったのだろう?

このブログも、暫く何を書いていいのか分からなくなった。
書きたいことはいくつかあった。
けれど、それを文章にすることが億劫に感じられて、
ノートやパソコンに向かうこと無く諦めていた。
写真だけのブログでも、とりあえずアップしておけばよかっただろうか??


今日から変わる、というのは、自分を取り巻く環境が、今までは経験したことの無いものになる。
そして、自分自身も27年目に突入する。

毎日、生まれ変わると言う感覚を持って生きなさいと言う人が居る。
寝る前に今日の自分は終わって、次の日には新しい自分に生まれ変わる、という考え方。
それと似ていると思うのが、式年遷都。
伊勢神宮も出雲大社も今年がその年。
あれは、同じものを何十年ごとに作り替えることで、新たに生まれ変わる、
そうして何百年やもっと長い時間を生きる、日本独特の永遠の感覚の賜物らしい。

私も、20年や50年と比べると中途半端な年だけれど、
この27年目に突入する日を自分が生まれ変わる日と位置づけて、
一から出直す自分の新たな成長を見守っていこうと思う。

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。