スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無慈悲にも穴を掘っただけでは報われない。


家の裏側を6kmほど走ったところにある、Bangbily(バングビリー)という村に行った。
家で週末、ガルディアンをやっている人がこの村のAUEの組合長をやっているので、彼に手伝ってもらって村のポンプを見て回った。
最近、再赴任してから、ポンプを見て回ると言う活動はあまりしていないので、久しぶりにこういうことが出来て楽しかった。

ポンプを使って、20リットルのポリタンクがいっぱいになるまで水を出すのは本当に大変。単純に、重労働。普段、運動を全くしない私にとっては次の日、筋肉痛になってしまいそう。一日に何回もあるいはいくつものポリタンクに水を入れている女性たちは、本当にそれだけですごい仕事をしていると思う。自分の家も水道をうちの中には引いておらず、見せかけの蛇口からは一滴も出ないので、日本の、何処の家の蛇口からもためらいなく水が出てくるのは本当に、奇跡だと感じる。断水もほとんどないし。

ちなみに、家からポンプまでの距離が1kmを超えると、あまりポンプに来なくなると聞いた。重労働過ぎるんだろう。時間もかかるから、他の仕事もできなくなったり、子どもだったら学校に行けれなくなったり。それで、他に水源があれば、そっちを使ったりとかするらしい。


とにかく広い村にポンプが3つしかないというのは本当に大変で、残念ながらここには他に水源もなし。
最後に行った、学校裏にあるポンプはそこまで古くないのに、一番良く壊れて水自体にも問題あり。
中の管がどこか壊れているのだろうと思うけれど、砂が混じった水が出てくる。
それから、家に置いておくと赤く変色するらしい。
「錆だ」と村人は言っていたけれど、もっと古いポンプからは錆が出ない、そもそも錆って水の中に混じって出てきたら、出てきた瞬間に分かるんじゃないかな?とか考えたりもしたけれど、実際に赤くなったのを見てないから分からない。その場では分からないぐらいに薄かったのかも知れない。


その後、帰る前に村人たちが、20年ほど前に壊れたという水溜池にも案内してくれた。
雨がほとんど降らない乾季に生産活動をするため、水溜池の水はものすごく貴重。
ポンプの水は貴重で、基本的に飲み水なので、これを菜園などで無駄遣いはしない。
その代わり、乾季に水溜池の水で菜園をしたり、あるいはブロックを作る。
水がなければ生産活動は大きく縮小してしまう。

昔から乾季の存在がここの人たちにとってはネックだったようで、
その問題を解決するために水溜池を作った。
勿論、手作業。
みんなで協力して大きな石を運んで積み重ね、堤防を築いた。
そして堤防が崩れないように、金網で石を囲む。
それがどれだけの重労働だったんだろうと想像する。


それが、力ずくで水を引きとめようとして作った水溜池だったのに、
簡単に水にえぐられて崩壊してしまう。
水の流れを変えてしまったために起こった現象だったのだと思う。それで水の力が増してしまったのではないだろうか。


IMG_3011.jpg

IMG_3012.jpg

IMG_3013.jpg


大量の水が作った川の底を歩いてみた。
上から見ただけでは分からなかったけれど、砂と岩が混じる。
岩は岩だけで固まって低い山を形成し、砂は砂だけで平たい土地を形成しているものだと思っていた。
でも実際には、地面の中に入り込んでみると、砂と岩はランダムに散らばっていて所々硬く、所々とても柔らかい。土の質がどこも一定だと思い込んでいたら、こんな水の流れをするだなんてどうやって想像できるだろうか。
水溜池がこうも簡単に崩壊してしまうのは、土木技術が単純に低いだけじゃないなと思った。
一瞬、そこら辺を手当たり次第掘り返して、自分が立っている真下が一体どういう構造になっているのか、全て調べたい衝動にかられた。しかしそんな何十年かけてはじめて出来そうなことを、水は一瞬にしてやってしまったのだな…


IMG_3015.jpg

近くに植わっていた木の根が無残にもあらわになっている。
これじゃあコンクリートなどの水に負けない力ずくで固めるか、本当に地面の中のことまで理解しなければ出来る仕事ではないな。
ブルキナは地中までもが思った以上に過酷な環境だった。



ぶるる電子版


スポンサーサイト

サソリ観察日記、15日目。


15日目ってもう2週間も前の話で申し訳ないけれど。
2週間前にサソリは死んでしまったのだ。。。

色々と用事があって任地を離れて首都で4日ぐらい過ごした時のこと、
出かける前にちょっと思った。
いつも水をやっているけれど、4日間水をやらなかったらさすがに干からびるんじゃないだろうか…
声をかけとかなきゃ、ガルディアン達はサソリの面倒なんか見てくれないんじゃないだろうか…

果たして、心配していたほうに事態はきれいにまっすぐに迷いなく進んだようで、

5日目に家に帰ってきたら、つつこうが何しようがサソリがピクリとも動かない。
昼に帰って来たから、最初はまた昼寝でもしてるのかなー、というか昼寝してくれてたらいいなーと思っていたけれど…
さすがに抵抗もせずにひっくり返されてしまうのは様子がおかしい。


IMG_2958.jpg

IMG_2961.jpg


と言うことで死亡認定。

今更水をやってみても、やっぱり回復もしなかったなぁ。本当に残念。



ぶるる電子版


引っ越しラッシュ



今週末、隊員ドミトリーの引っ越しがあるんだけれど、
実は私の職場も同じ時期に引越し中。
今までの職場からちょっと離れた、ちょっと街中の、郵便局の裏で銀行の隣と言うロケーションに。
2年以上前から引っ越すことと引越し先は決まっていたんだけれど、本当に最近になってやっと電気が通って(私の家よりずっと待ってる!)、
今少しずつ、書類とか机とかの荷物を移動させているところ。

これ、前の職場ね。引っ越し作業の最中。

IMG_2962.jpg

IMG_2965.jpg


と、こっちが新しい職場。まだ看板も書き変えてない。

IMG_2966.jpg


まぁ確かに前の職場は狭かったけれど、でもまとまっていてよかったというか。
こんなことを思うのも、新しい職場は少し面倒がある。
全部の部屋が独立していて、それぞれが別々のカギを付けているから、
その部屋のカギを持っている人が来なきゃ電話にも出れないしコピーもできない(そもそも電話は、まだ新しい職場に来てないし)。
ちなみに私が居座る水・衛生担当職員の部屋には机と書類が並ぶだけ…

と、ゾルゴ担当の農業改良普及員3人と今までは一緒のオフィスで、
活動も一緒にすることが多いんだけれど、
その3人は前の職場に残るから、打ち合わせする時とか、いちいちバイクで3分の距離をどちらかが来なきゃいけないと思うと。
実際、この一週間でそのために街中を右往左往する時間が圧倒的に増えた。


あと気付いたのは、バイク置き場って言うか空き地?に屋根がないから、
雨季になったらバイクはどうするんだろうな?雨に降られっぱなしにするのかな?
とりあえず今は引越しのことで色々と混乱して、落ち着かない。。。


関係ないけれど、前の写真の数日後に撮った夕陽。

IMG_2998.jpg




ぶるる電子版


6万フランじゃ確かに、まともに暮らしていけない。。。


同僚の一ヶ月の給料が(手取りで)6万7千フランだった。
日本円にしておおよそ、1万2千とちょっとぐらい。
こういう状態だからいつも、「金ない」って言っているわけだ。

そこから家賃を引いてバイクのガソリン代を引いたら、毎日「今日も食べてない」って言っていても不思議じゃない。
20代後半でこの給料と言うのは…いくらなんでも低すぎと思う。公務員の中でも最低レベルであって欲しい、と願っているけれど、頑張って勉強して高校も出て就職した結果が1日1ドル生活をちょっと上回るだけだなんて。

ちなみにこの情報、給与明細を見せてもらったから間違いない。
みんな必死にコンクール受けて昇進したがるわけだ。他の人たちはどれぐらいもらっているんだろう?
学校の先生は10万とかちょいぐらいもらうらしい。
来た当初からブルキナは共働きが多いなと思っていたけれど、確かにそれぐらい必死になって働かなきゃ十分に稼げないのも分かる。子どもつくるのも案外、日本よりも大変なぐらいかもしれない。作るだけなら出来るけれど、子どもを幸せにしてやろうと思ったら全然足りない。

研修に必死で参加するのも納得できるようになった。それでも研修の名簿に名前だけ連ねて何も学ばないのは腹立つけれど、
研修があったときのみんなの一番の関心ごとが研修に参加することでもらえる日当の額だと言うのには納得できる。今なら。
自分が同じ立場なら確かに、まずは日当の額が問題になるだろう。

自分がひと月の生活費として15万ぐらい(細かい額は分からない、変動もするし)もらっていることが、
一人暮らしなのにこんなにもらっててなんかちょっと申し訳ないというか…やっぱ、もっと頑張って消費しよう!



ぶるる電子版

磨かれた姿がやっぱりいい。


バイク洗っている時の写真を撮った。

バイク洗ってもらうのは好き。
きれいなバイクに乗ること自体もすごく気分がいいし、
洗っている瞬間を見るのもたまらない。
きれいになっていくのを見ると、愛おしさが増す気がする。

洗った後にチェーンのゆるみの調整とかしてもらう。時々、タダになる。


IMG_2824.jpg

IMG_2825.jpg

IMG_2826.jpg


今の時期は埃がすごいから、一日で埃だらけになるのが悩み…
村まで行って帰ったら埃が積もってるし。
バイクだけじゃなく、服とか鞄もすごい勢いで埃だらけになるからめんどくさい。

ズボンのクリーニングとか、任地じゃできないし。
けっこうな悩み。

それから、週末の趣味は家の掃除(笑)





ぶるる電子版


信号兄弟見つけた。


来ている服が信号カラー(笑)
任地でバス待っているときに、別方面のバスから目の前に自転車が降ろされた。
その自転車の行方を追っていると、案の定、白人の旅行者。

そしてその旅行者に群がる、信号色のシャツを着た子どもたち。

IMG_2839.jpg



珍しくて気になる白人にアプローチし、

IMG_2840.jpg

あっけなく追い払われ、

IMG_2841.jpg

それでもめげずに迫る(笑)

IMG_2842.jpg

可愛いわぁ。
横から見ていて、勝手に笑ってしまった。




ぶるる電子版



| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。