スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだダメな本。古谷ツネヒラ『フジテレビデモに行ってみた!』


気がつけば一月ももうおしまい。今月、ブログは頑張りすぎたので、
短い2月はペースを落として頑張りましょう。
時間は有効に使いたいと思うものの、管理しない時間こそが居心地いいものです。本当に。
ドラッカーの言うことは10年後に聞いていられたら嬉しい。




古谷ツネヒラという人の『フジテレビデモに行ってみた!』という本を読んでみた。

私も日本に退避している間にこのフジテレビに対するデモは起こり、話題になったので、よく覚えている。

私は普段からテレビをあまり見ないので、このデモが起こったときに、本当にフジテレビが韓国ドラマばっかりやっているのかな?と思って新聞のテレビ欄を見てみたら、お昼に数時間あるだけという印象で、そこまで言うほどなのか分からなかった。他の局もドラマの再放送とかやっている時間で、大して偏っている気がしなかった。ちょっと調べたら、CS放送とかで韓国ドラマの割合が多い、とかだった気がする。朝と夜は日本の番組やっているし、気にならなかった。

但し、この本にもフジテレビデモに至るまでの経緯としてスケート大会の表記に関する問題なども書いてあり、私はその番組を見てないから知らないけれど、そこは確かに違和感がある。実際にそのシーンをテレビで見たら私も怒ったのかもしれない。だからフジテレビに反感を抱くのは分からないでもない、と思っていた。

しかしどっちにしろ私は当初から、このデモをしている人たちに対してそこまで共感をしていなかったけれど、しかしこの『フジテレビデモに行ってみた!』という本を読んだらなおさら、共感できなくなった。フジテレビデモをしていた人たちはどうしようもない人たちだったんだな、という感想。勿論、みんなが皆そうではないのかもしれないけれど、どっちにしたってこの本は逆効果。彼らが全面的に正しいとしても、この本を読んだら彼らの過激な行動や偏った思想に触れ、嫌いになってしまう。


その大きな理由は、この本が自分たちのことは全面的に肯定し美化して描き、逆にデモの対象であるフジテレビなどに対しては徹底的に、悪意を前面に出して描写しているからである。また自分たちのデモを左翼のデモと比較する時にも、たとえ真実としてもその印象操作はやりすぎで、自分たちをよく見せるためにわざわざ左翼デモにまで参加して悪口を書くのかと。そこまで自分たちのことを美化できる人たちの神経を素直に信じることができる人はいないと思う。そう思うほどにひどい本だった。


著書の中で筆者は、フジテレビデモをするような人たちが「ネトウヨ」と呼ばれることに対する違和感も参加者たちへのインタビューなどで表現しているが、そもそもの「ネトウヨ」と呼ばれる意味さえも理解せずにただ「そうやって人を見下そうとする人たちなんか、相手にしなければいい」と書いている。これがまたイケてない。『ゴーマニズム宣言 戦争論』に影響を受けたことで右翼への道が開けたという著者が、例えば小林よしのりが言っていることをこんなにも理解していないのは本当に残念としか言いようがない。少なくとも彼、小林よしのりの定義ではネトウヨというのは、国家意識を利用して自分を持ち上げている人々。「国家のためなんだ」と声を張っていればそれで人より偉いことをしている気分になって自分に酔って、そうやってありもしない階段を一歩上った高いところから人を見下している気分になっているちっぽけな人。そしてその定義にあてはめたら彼らは間違いなくネトウヨ。本を読めばフジデモに参加した人たちの差別意識というのは残念ながら明確に見えてくる。本当に残念。

最近、ブルキナの友人たちが書いた文章を読む機会がちらほらあるけれど、図らずも二人が同じような一言を書いていた。頼んだわけじゃないのに(笑)。曰く、「自己満足は他人に認めてもらうことで達成感になる」。彼らネトウヨのは自己満足。



それから、個人的にどうしても納得できなかったのは、フジテレビに掲げてあった日の丸が汚かったから「日の丸を冒瀆している」という論理。ここの章は基本的に自分たちの天然の滑稽さを描いているので、正直な話、なんでこれを書いたのか分からない。笑わせようとしているのか??誇らしげに書いているのがまたピエロ。そして問題なのが、「汚い国旗は日の丸を冒瀆している」という論理で、私から見るとかなりのこじつけ。いちゃもん。それって、大事に長年使って来たからぼろぼろになっているだけじゃないの?そういう考え方もできるけれど、しない。自分たちの推論が絶対。薄汚れた日の丸が冒瀆になるのか??ちゃんと日の丸を掲げているだけでも立派じゃないのか?彼らの家には祝日、ちゃんと日の丸を玄関に掲げるか?ちなみに広島のうちの実家はもう暫く前にそんな習慣なくなった。家を建て直してからかな。ちなみにブルキナでは国旗どころか、ちょっとお金がある家や役所のオフィス、時々は私企業にも大統領の肖像画が飾ってあるが、彼らの家はどうだろうか?彼らは北朝鮮住民をどう思っているのか??色々と突っ込みたくなったがとりあえず置いておいて、薄汚れた日の丸は冒瀆という論理は全く理解できなかったが、それ以上にここの章の最後で発覚するのはこのデモ隊の計画性の無さと隙の多さ。そしてその自分たちの甘さを他人の所為にする根性の悪さ。自分たちの印象を悪くするためにこの本を書いたとしか思えない頭の悪さ。もうちょっと自分たちを賢そうに見せる術を知らなかったのかな…と言いたい。私だったら、書いたことを後悔する。本にまでしてしまったことはもっと後悔するだろうな。


ということで、もしこのブログを読んだ人が居たら、この『フジテレビデモに行ってきた!』という本は買わないほうがいい。せめて本屋での立ち読み程度にしておいたほうがいい。私は反面教師になったので、いくらか払った価値はあったと思うけれど、まぁ気分が悪くなる一方のつまらない本なので、お金をどぶに捨てないように。



今、『ソーシャルネットワーク』という映画が見たい。今日紹介したダメなほんとはまた別の本を読んでいるのだけれど、パブリックになるということ、ネットなどでもっと自分をさらけ出すということをもうちょっと深く考えてみたい。日本のソーシャルネットワークはネガティブにとらえられることが多いけれど…本来はどういった形を目指すべきなのか。自分も情報発信は上手くないし、そもそも今はネットに繋がっている時間が短いから、実践まで結びつくかは分からないけれど、今のうちに考えておきたい。



この今週読んだダメな本で唯一よかったのは、最後のほうに数人、デモ外部の有識者がデモを冷静に分析しているところ。韓国のコンテンツビジネス分析にしても、アメリカ文化の蔓延について反対デモが起こらないという分析も、的を射ていて、デモをしている人たちにはここに冷静に反論してもらいたい。


ちなみに私は個人的に、マクドナルドはボイコットです。この先も一生、ボイコット。多分。

ではまた2月にお会いしましょう。




「ぶるる」電子版




スポンサーサイト

サソリの観察日記『1日目』


最近、またちらほらとサソリを家の中で見かけるようになったなーと思っていたら、
キッチンのシンクの中にサソリが座っていたので、捕まえて飼うことにした。

赴任してきた当初に見かけたときには本当に驚いたし怖かったけれど、今回はむしろ探していた(笑)
サソリが成長していく姿を追ってみたい、それこそブルキナじゃなきゃ野生のサソリを捕まえて育てるなんてできない!と思って。
でも虫カゴを用意するのを忘れていたので、とりあえずはマーガリンの空容器。

IMG_2732.jpg



なんか、昔写真に撮ったサソリはサソリっぽい、スマートで強そうなイメージだったのに、
今回捕まえたのはなんだか平べったくて不細工。尻尾の針もちょっと説得力がない。
いやそれでも捕まえるときは緊張したけれど。

捕まえてしまえばこっちのもの。日曜日は一日中、サソリをおもちゃにして、棒きれでつついてみたりしていた。
ゴマをやっても食べない、アリを入れても食べない、そもそもあまり歩かない。
水をかけると驚いて、ファイティングポ-ズ。
もうここまで出来たら怖いものなしで、サソリが歩く姿を眺めるためにつつき、
棒で捕まえて裏側まで見てみたり、
サソリもこんなに弄ばれて疲れたと思う。
また明日、遊んでやろうかな。

けれど気になるのは、サソリって一体何を食べて大きくなるんだろうか???
アリをやってもゴマをやっても食べる気配がない。
ガルディアンに聞いてみたら、「サソリは土を食べる!」て言っていたけれど、本当だろうか?
栄養ない土の中に暮らしているからちっちゃいんじゃないの??
腐葉土の中に入れてめっちゃ元気なサソリにしてやりたいな。
けれど、マーガリンの容器じゃ難しいなぁ。。。


IMG_2737.jpg



ぶるる電子版


青いカーテンが揺れるのを外から眺めることはもう無くなってしまった。


自分がもう25歳だ、大人だと言ってみたところで、
まだまだ経験も浅くて落ち込むことも多々あるし、誰かを頼りたくなることはよくある。
増してや私はもともと、甘えたがり。

だから、私が人に甘えたくなった時には甘えさせてほしい。
誰かと会話がしたいのではなくて、話を聞いてもらいたいって思うこともよくある。
もっと分かりづらいことを、言葉にはせずに要求している時もあるかもしれない。
でもそんな難しいことを頼んでいるつもりではないし。


最後の最後でやっとだったけれど、でも私が甘えているのを受け入れてくれる人もいて、
その時は本当に嬉しかった。

青いカーテンが揺れる場所を知ったのも、ここ2週間やそこらのことだったことがちょっと、心残り。
でも、ちょっと見上げて、すごく安心できる。


その、ちいさな安心感でこれから2ヶ月は乗り切りたいと…頑張る。その先はまた、考えよう。
今年の3月にはなにがあるだろうか??



ブルキナ隊員機関誌「ぶるる」、よろしく。


「ぶるる」完成!


ブルキナファソ隊員機関誌「ぶるる」がいよいよ、出来ました!
昨日の夕方に印刷所に取りに行き、25冊がちゃんと出来ているのを確認し、
JICA事務所に戻って周辺国や日本への発送作業。
今まで以上に、これが誰かの下に届く瞬間をイメージして作業できて、楽しかった。

ぶるるはオンラインで公開、誰でも見ることができます!
全編オールカラーで、写真をふんだんに使ったグラビアページ、
カウンターパート目線から語った隊員の活動、
日本のテレビでも紹介されたブルキナの日本食レストラン「和が家」はどうなった?!
もちろん、JICAブルキナ事務所員や隊員の活動ページも充実!
多くのみなさんに楽しんで頂ければと思います。

今のところオンライン版は一つだけ、ダウンロードできないのが難点ですが、
グラビアページなどは見開きで存分に楽しんで頂けると思います。
こちらからご覧ください。

「ぶるる」電子版



秒読み態勢に入った。この気持ちは自分だけが独占しているもの。


印刷工場に足繁く通い、現在はブルキナファソ協力隊機関誌『ぶるる』を発行するべく、最終調整段階。
こういう仕事を日本でやったことがないけれど(いやどういう仕事もやったことないけれどさ)、
日本語でこういうのはなんて言うんだろう??


IMG_2614.jpg

外から見た、印刷会社の玄関口。扉の隣に大きく看板?ポスター?が貼ってある。よく通っていたけれど、今まで全然、気にも留めなかった。
印刷工場の写真を撮らせて欲しいと言ってみたら、はっきりと断られた。
しかし「普段はクライアントは入れないところだからね、珍しがって当然だよ。」と理解を示してくれた。
だったら撮らせて欲しい(笑)


JICA事務所のチェックをなんとか終えて修正したものを火曜日の夕方にやっと、印刷会社に持ち込み、
何度か印刷の際の修正をかけてもらいながら、今日の夕方には完成版ができそう。
ブルキナ時間での16時だから、日本時間では27日の午前1時ごろの予定。

今回のことは本当にいい経験になった。
何よりも少しずつ、作りたかったものが形になっていく様を見るのは本当に楽しい、心躍ることだったし、
今まで自分が積極的には見ようとしてこなかった人の活動や考え、場合によっては内面にまで触れることができたことは、自分にとってこの上ない刺激になった。
それでも時間の制約があり、活動の片手間で原稿を頼んだり電話取材をしたり、
編集やレイアウトも自分が普段使っているソフトを使ってもほとんど満足にできず、
レイアウトは隣の任地の隊員がものすごい時間と労力をかけてやってくれたけれど、
時間との戦いの中では満足行くものを作るのは難しかった。
もしそこまでで完璧なものができたとしても、印刷にかける段階でもものすごくたくさんの困難があって、
今回はそこらへんのことをある程度妥協しながらやった。
次回からは印刷に書けることを前提にレイアウト作業などをやっておかなければいけないことも分かった。
そして見本ができた時、それを手に取ると、やっぱり目指していたものとは全く違う。
最終的なものをイメージして作るには、私たちはモノができていく工程を知らなさすぎた。今回は。

そして完璧主義も敵ということ。
これはこれを真理だとは言えないけれど、少なくとも妥協点というか落とし所を常に見計らっていないと、
何をどれだけやっても何も終わらない。



そして、日本では当たり前だった右綴じ。当たり前すぎて、右綴じとか左綴じという言葉さえ、
どっちがどっちか分からなかったぐらい。
だから、当然のように自分としては縦書きで作り、右で綴じる積りで見本を頼んだら、
出てきたものは左綴じ。写真を左右のページにまたいで使ったページが、全く無意味。
でもそこに拘るには、左右ページにまたがった写真が使われている数は少ない。
そこらへんも、もっと改良の余地がある。


IMG_2651.jpg

写真に写っているのが左綴じになってしまった見本。この後、右綴じの見本を作ってもらってから
いくつかの修正をかけた。
ちなみにその下にある白黒のものが、JICA事務所のチェックを受けたときのもの。


あと少しで出来る。
自分たちの小さな一歩が確実に、形になって手元に届く。
その時が、楽しみで楽しみで。

次は見本じゃない。本物。日本や周辺国のJICA事務所にも送る物。
胸が高鳴ってくる。楽しくてしょうがない。

昨日の天気。


現在、用事があってワガドゥグに滞在中。
病気ではないので心配御無用です。

周りのみんなは、日中とかだんだん暖かくなってきているというけれど、
私はまだまだ、寒い気がする…
3枚ほど着こんで出歩いています。
半袖で平気な顔して歩いている人たちが信じられない…


ところで本題、昨日の天気は…

IMG_2629.jpg


昨日のワガドゥグーの天気「陰鬱

そういう天気は聞いたことがなかった…
なんか、天気を超えた何かがありそうな響き。。。

埃は確かに本当にすごくて、日光もさえぎられるから、日中にしては暗いけれど、
気分まで暗くなってしまいそうな響き。
何しろ「鬱」らしいからね。
こりゃ困るわ。

この天気…私の所為ではないので!


あ、ワガの様子をまた色々と写真に撮ったので、後日アップしましょう。
ネット環境がちょっといい間に。

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。