スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

底を打つ日。


楽しくもあり、さみしくもあった一カ月の締めくくり、先生宅でのパーティから一夜明け、さぁあとは帰るだけと意気込んできた面々だから、火曜日の朝に今までのように朝7時半から授業があればふてくされるというものだ。
あからさまに文句を言うメンバーまでいる。

私は今週やっと復帰し、しかしちょっとしたことですぐに疲れてしまう体になっているために、だらだらと話を聞き、しかし聴かずに座っていたが…朝も10時を回ったころに先生が水の話を振ってきた。ONEAという水道局のスローガンが「l’eau C’est la vie(水こそ命)」というのだそうだ。その「la vie(命)」というところを隠しておいて、さぁ当ててみなさいと言われたときに、私が「fabriqué(生産物)」と言ったのが通じなかった、その瞬間に私の頭の中のゴングが鳴った。久しぶりのはじけた音とスポットライトが見えた。

「水は無駄遣いするべきです、節約などするべきではない。なぜなら…」とまくし立てる。
左前に座っている女の子の顔は伏せ気味のため見えないが、いつものことだ、そんなだるい話、位に思っているのだろう。

「日本でも、無駄遣いするからこそ供給が生まれるのです。もしみんなが節約に節約を重ねたら…」へ理屈だとは分かってても止められない、私はそうやって人を困らせて楽しむ癖があるから。とはいえ語弊のある言葉こそ使ってはいるが、日本語でなら絶対負けない。左に座っている看護師は納得がいかず、どうしてそうなるの?とこっちを向く。


いい加減、私だって大人だ(自分で言うのもなんだけど。)こんなところでムキになったりしないし、自分の言いたいことと自分の仏語能力とのギャップを確かめた後は…
「この議論は終わらないわ、だって視点の違いが原因なんだもの。」と目の前に座っている女の子が間に入る。そして、そうだね、あなたの意見は尊重するよと言ってこの話はおしまい。便利な言葉と大体の落とし所は心得ているつもり。そして次の話題になったときには、

「彼女の意見が聞きたいね。」

傍観者を決め込んだ。
最後の授業ぐらいそんな風にひっかきまわしたって、文句ないでしょう。どうせみんなやる気無いんだし。




詰まんなかったから無駄遣いすべきですなんて吐いたけれど、私の言いたいことというか本当に考えてることは別に、水のことではないというか、有限資源ではないけれど西アフリカの内陸地で水を無駄遣いするのはやっぱり自殺行為だ。少なくとも今は。
だけど、無駄遣いに見えて無駄ではないものはある。それはお金だ。
どんな形であれ、消費する(=一方で生産する)というのは新しい価値を生み出すことであり、トータルのパイは増える。
「情けは人のためならず」ではないけれど、消費することが自分の収入を変える一つの道だと私は信じてる部分がある。

突然こんなことを書き始めたのは、いつだったか、ここでの生活をどれだけ切り詰めて、その後にお金を残すかということを話しているのを聞いたからだ。私の中で、協力隊の重要な仕事の一つは消費することだとぼんやり考えてみている。
スポンサーサイト

始まりの最後に



一カ月に及ぶ現地語学訓練。その最後に、先生のお宅でみんなでブルキナ料理を作って食べる。黄色いコーンで作ったトーと、トーにつけて食べるためのオクラのソースとピーナッツのソース、それからアフリカ流リゾット・リーグラ。それから、シンプルに鶏肉を塩だけで味付けして揚げたもの。

IMG_3747-2.jpg


家の庭で作って食べるってのがなんか、昔みんなでお正月とかお盆に集まってご飯を食べたときを思い出して、いいものだと思った。ガスコンロとか炭火を使って調理していくのを、みているだけでも楽しかった。

IMG_3757-2.jpg



私は特にソースの作り方に興味津々で、たっぷりのオイルで玉ねぎを炒めた後に、トマトピューレや、豪快に揚げた鶏肉を入れていくのを見て、似ているようでどこか違う感覚を持って料理するのを眺めて、不思議な感覚だった。挽いたピーナッツを山ほど、何回かに分けて入れてく度にソースの色が変わっていく。

そうしてみんなで作ったものを食べながら、夜になったらお喋りしたり歌わされたり(笑)モノマネ見たり踊ったり。このノリで2年間、生活していくんだなぁとしみじみしてみる。

ホテルに戻ると、自称アーティストのアハマッドがいて、少ししゃべる。着物を着ていたものだから珍しがって、ホテルのおばちゃんも「素敵ね」と加わってくる。
お喋りしてたら突然おばちゃんが、「フランス語、上手くなったね。最初は何言ってるか分んなくって、英語で喋ったものなのにね。次は、いつ来るの?」なんて言い出す。そっか、ここに間違いなく一か月前に来たんだなって実感する。一カ月過ごして、寝込んだりもして、だけど確実に成長した部分があって。そして全く気付かなかったところに、それを見守ってくれていた人がいた。
次は…いつ来るだろう??また、マンゴーが美味しい季節になったら毎日かわさきさんにマンゴーソースをリクエストしに来るかも知れないね。


IMG_3780-2.jpg


一カ月過ごしたこの部屋ともサヨナラだ。最初に来たときには不満ばかりで、出るときまでも不満がなかったわけではないけれど、いい勉強と、リラックスの場になってくれた。まだまだ、ブルキナでの生活は始まったばかり。踏み込んでいくのはこれから。
また新しい朝が来て、またお腹がすいてくる。いつもの、だけど最後のオムレツの時間が待ってる。

千夜一夜、語り続ける原動力


週末、日曜日のお昼は先輩隊員とインドカレーを食べた。
2週間ぐらい前から先輩隊員と調整してて、先週末は任地訪問とかで難しかったから今週にやっと実現。

ワガで働いてる先輩隊員4人が来てくれた!!そして私たちの隊次もなんとか4人集め、日曜のお昼、カレーを囲んでの合コンがスタート(笑)
ちょっと高かったけれど、カレーはこちらのリクエストでもあったし、チキンカレーから豆カレーからとバリエーション豊かなカレーに、ナンやラッシーまで充実していて、リラックスして先輩隊員との食事の時間を楽しむことができた☆

IMG_3740-2.jpg



私は、1年半前に私を大きく変えたidpc国際開発プランニングコンテストに一緒に参加した人が先輩隊員としてブルキナにいて、だから今回のインドカレーのきっかけが1年半前にまで遡れることに、人生の数奇というか、運命だとか奇跡だとか感じてる。この運命と奇跡の積み重ねが明日も続いて行くというのは、日々目の前のことに追われて、ひたすら目の前の米だけ食っている分にはたどり着きづらい考え方だと思うけれど、なぜかふとした瞬間にみんなそれをとらえてしまう。多分、当たり前にありふれすぎてて盲点にあるんだけれど、時々それが揺れる。かすかに見えたそれをキャッチして、運命だなんて言葉を発明してしまったんだろうな。

便利な言葉というものはある。すべての議論も感覚も鷲掴みにしてしまって、火にくべてしまうような。その圧倒的な強さに安心感がある。

もちろん、所詮言葉でしかないという身軽さは自分に持ちあわせていたい。でなければ、言葉と格闘することもなくなり、奴隷になるだけだと思うから。



今、私を支配しようとする言葉は「ストレス」。
最近の私の会話、およびノートには頻繁に「ストレス」と登場する。それでごまかそうとしているつもりはないけれど、それを利用してそれ以上に追求することはやめようとしているかもしれない。

ヒーローはいる。ヒールもいる。だけどそれだけじゃ、他力本願だ。
自分の物語を紡ぐのは自分の仕事だ。私の人生の意味、やるべきこと、登場人物も筋書きも、成功しても失敗してもすべて自分のものだという傲慢さが要る。



はっきり言ってやろう。我儘さが足りないんだ。だから自分の吐く言葉にバイタリティがない。

我儘さなしに周りに甘えてるだけじゃあ、奴隷になるだけだ。
もっと何がしたいのか言って、何がほしいのか言って!その時に壁は目の前に現れる。


フランス語にもなってる、あのインド起源(かもしれない)の魔法のセリフ。

Sésame, ouvre-toi ! 」 (開け、ごま!)


IMG_3739-2.jpg

車はまだまだ止まらない!!


ブルキナでも走っていました。



IMG_3732-2.jpg






…いや、走ってるところを見かけたわけじゃないんだけれど。
泊まってるところを通りかかっただけだけど。


本当に、この写真をここに載っけた意味が分る人がほんのちょこっとだと思いながらアップするのはさみしいものがある。



ついでにブルキナでの車事情、交通事情について話しておくと、
二輪がとにかく多い!!自転車と、自転車にエンジン付けたのと、自動二輪もカブとスクータータイプで125cc以下がほとんど。ちなみに全部マニュアルです。セミオートっていうの??自分に支給される予定のバイクも同じものなので、やり方が分んなくってビビってる。なんでクラッチなしにギアが変わるの??謎です。
ちなみにメーカー的にはヤマハとプヂョが一番多いかな。スズキとかも、みんな知ってる。

車もプヂョがやっぱり多い気がする。トヨタもわりかし多くて、ホンダとかもたまーに走ってる。
ベンツやBMwも意外と走ってて驚いた。

こっちの人はいっつも洗車してる気がする。土埃で汚れるのが気になるんだろうね。ほっといてる人はものすごく埃だらけのに乗ってるけれど、細かく洗ってる人は多い。


こっちの道路は、やっぱり典型的な途上国。首都の主要な道路だけは舗装されてきれいに保たれてるけれど、ちょっと小道に入ったらひどい穴だらけの道を上下左右にに激しく揺られながら進む。で、地方に行く道は端っこの舗装が崩れてたりする。
標識とか信号もやっぱ少ないね。それでもうまく回ってるけれど。
ちなみに停電が多いブルキナでは、手信号はものすごく大事と聞いた。教習所に入ったらしっかり勉強しなきゃ!!







なんか、長々と書いてしまったけれど、なんだかんだ言ってブルキナに来て車のことで一番思うのは、

買って24年なんて、新車も同様だ

ってこと。いやこれ、本当に、燃えるバスも早くも見てしまったし、あれに比べたら全然大丈夫な気がする。
パワーウインドウなんていらないぜ!なにしろ、取っ手が壊れたドアや窓をこっちの人は開けてるもん。


まぁだからあと、30年ぐらいは乗ってやるのもいいと思えてきたよ。

だらだらしてると話す君へのメッセージ



自慢じゃないけれど、私だってだらだらしてる。
自分としても、JOCVとしても言いづらいことだけど、君のために全部書く。こんなことしか思いつかなくってごめん!!だけど、だけどさ。 。。。


私は任地訪問でフラというご当地グルメをごちそうになったときに、ホストの同僚がそれを作ってるのをずっと眺めてた。写真にまで撮ってるんだから、間違いない。どこからか買ってきた、灰色のお団子みたいなのがいくつか転がってる洗面器に砂糖をこれでもか!!というぐらいにまぶし。そして、「ふつうは牛乳を混ぜるんだけど。」って言いながら、代わりに水道水を混ぜて手でこねだしたときに、これはやばい!って思った。絶対、まず間違いなく、どう考えたっておなかを壊すって思った。だって普段、首都の水道水を濾過した水だって「おなかがゆるくなる気がする…」って言って飲まず、常にミネラルウォーターだけを飲んでるのに。田舎の水道水を濾過も煮沸もせずに、そのまま飲んで無事でいられるわけがない!!
だけど、出来上がったドロドロの、飲み物なのか食べ物なのか分らないmagical tasteのそれを、私はコップに半分ほど飲んだ。正直言って、断れなかった。断れなかった理由のひとつ目は、前日の授業でも「出されたものを口もつけずに断るのは絶対にやってはいけないこと」って習ったし、ってまじめな理由が挙げられるけれど、二つ目、正直言って興味本位もかなりあった。多分おなかを壊すだろうけれど、そんなのどうでもいい、どんな触感でどんな味なのか確かめてみたい!!それで下痢したって、もういいや!って、けっこう考えてた。



そして実際に、フラを食べた次の日(日曜日)の朝から、見事に下痢はするは熱は出るはで、薬とベッドが今一番のお友達って状況になってしまった。


それからの4日間、私が何やってたと思う??
って、答えはもう半分書いちゃったか。


月曜日からまたフランス語と現地語の訓練、のはずだったけれど、授業にはほとんど顔を出さずに部屋で寝ていた。
月曜日はまだ熱もあったし、火曜日は出る努力はした。授業始まって30分で激痛に耐えがたくなって、時計しか気にならなくなったから「こりゃだめだ…」と思って授業に行くのをやめた。で、水曜日。ずっと部屋にいて、研修には全く参加してない。寝てただけ。

だけど、またこの寝てるだけってのがまた退屈で、激痛も、特に寝てればやり過ごしやすいし、やっぱ動くよりは痛むこと自体も少なくって割と楽でいられる。そうすると、やることなくって暇で暇でしょうが無くなってくる。だけど、クラスに行く気は失せてる。部屋に籠って、月曜日はおとなしく寝てたけれど、火曜水曜はもう部屋で一人なのをいいことにだらだらと過ごした。みんなが研修やってる時間を。詰まんないから、映画見て過ごしてた。5本と半分見た。一日中、ベッドに寝そべりながらパソコンの画面とにらめっこ。そこにポテチがなかったのが唯一の救い、ってぐらいに一緒に研修してるみんなが頑張ってるすぐ隣で何も頑張らずに過ごした。だらだらと意味のない時間を過ごした。

みんなに心配かけてるふりしながら、ただのんびりしてるだけ。自由になった時間を食いつぶしてるだけ。そんな日々を今、過ごしてる。木曜日も続いてるかもしれない。もっともこの日には、病院での検査結果がそろそろ出るはずだから、その結果次第では別の用事を作ってるかも知れないけれど。




こんなこと書いて、自分でもなにが言いたいのかよくわからない!
私は真面目じゃないし、楽できるなら楽したいし、常にそっちに流されて行ってしまう意志の弱い人。あとで痛い目見ようとも、勉強よりは遊びを優先したいっておもってるダメ人間。そんなことをここで告白したいんじゃないや。

そんな私が言うと説得力が無くなるかも知れないけれど。
ごろごろしてる時間って、めっちゃいいもんだよ!!
勉強してる時間と比べて劣ってるなんて、安易に考えないほうがいいと思うよ、私は。
何もせずただ家でごろごろしてる時間ってなんて素晴らしいんだって、そういう考え方もありだと思うよ。





…やっぱ違う。
そんなことが言いたいんじゃないんだよ。

ごろごろしてる君も、ごろごろしてることに悩んでる君のことも僕は愛しいと思う。可愛いと思う。

もうなにがなんだか分からなくなってしまった、この日記。
だけど、言いたいことは山ほど。無駄な言葉を山のように重ねて、君に届くだろうか。多分、暗号にしてここに書くよりはいいと思う。君にとっても僕にとっても。簿記は諦めよう。だって中国語のリスニングができるんだから、自慢できる。


だけどさ。

やっぱ思うのはさ。
人の経験って、大きく見えるよ。私も、一緒にいる人たちのほとんどが私よりもあらゆることに経験豊富で、勉強もしてるし旅もしてるしご飯も食べてるし恋愛もしてるし…自分って、どうしようもなくちっぽけで、人に比べて価値がなかったり、意味の薄いことをやってきてるって思うことがある。てゆうか、いつもだ。

結局、みんなそのコンプレックスを抱えながら、自分のやってることに多少の疑問とかをはさみながら、だけどやっぱり自分のフィールドで自分としてやってるだけなんだよ。



だからもし、また同じように悩むことがあったら、すぐに知らせてよね。
待ってるよ。

長くなっちゃったから、今日はこの辺にしとこうか。私は、しゃべるのより書くののほうが多分得意だから、文章にするとだらだらと長く止まんなくなるね。全部読んでくれたら、本当にありがとう。じゃあね。



ある平日午後3時のプロムナード



いつもそうするように、ホテルの前の大通りでタクシーを拾って。
地図を見せながら、「ここまで行きたいんだけど。」の一言に500フランで。

そうやって出かけて、そしたら思いがけず目的地の近くに銀行やホテルやマルシェとか、色々あった。その街並みがおもちゃ箱に見えて仕方ない昼下がり。だから帰りは寄り道して帰ろうと思って。

最初に行こうとしたのは文房具屋さん。ペンと糊がほしかった。で、用事を済ませて当初の目的地を出るときに、「ところでこの辺で文房具が買えるお店は??」と聞いてみた。そしたら、「そこの角を左に曲がって、そんで次の角を右に曲がった先に、大きい店があるよ。あそこなら何だって買える!」と教わり、さっそく行ってみた。ちょっと行った角を左に曲がり、次の角を右に曲がって、てくてく歩くこと3分。


ここ!

のはずなんだけど、見つからない。しょうがないからあっちへ行ってみたりこっちへ行ってみたり、ふらふらしてると、ホテルの一階にケーキショップがあるのを目ざとく見つけ、そして今日はなぜだかやたらといわれる「チノ!」「シノワ!」のご挨拶。聞こえないふりしてそっぽ向く。けど、見つからないまま埒が明かないので、そこらへんにいるブルキナベに聞いてみる。「文房具屋さん、どこ??」
すると、なんと彼、案内してやるよと言って本当に文房具屋さんに連れて行ってくれた。私は大きくって画用紙までそろっている文房具屋さんにはしゃいで夢中になってお買い物、彼は待ってる。暫くしてショッピングが終わって、案内してくれた彼に「ありがとう!!」って言って、別れた。


後になってちょっと考えて、なんか案内させるだけさせて悪かったかな、でも日本でも人を案内してお金取ったりしないし、その考えは思いあがってるのかも、それにしても案内してくれたあとで買い物してる間も私のことを待ってくれてたし、もっとお喋りとかしとけばよかったかも…

文房具屋さんを出てすぐのときはそんなことはこれっぽっちも頭の中をよぎらず、


文具屋さんで支払いを終え、「Bon Soirée(よい午後を)!」と言い終わった瞬間にはすでに頭の中、目を付けたケーキ屋さんのことでいっぱい。どんなケーキがあるんだろうとか、紅茶で食べるかコーヒーで食べるかそれが問題だ、とか…
で、歩いて30秒で目標に到達すると…

「休業」。。。

しけた顔してしょんぼり歩いてたんだけど、突然思い出して「郵便局に行きたい!!」ってことで、またそこらへんにいるブルキナベに聞いてみる。すると、近くにいたのもわっと寄ってきて、みんなが束になって教えてくれる!!

「いいか、そこのみちを、まっすぐいって、ホテル!ホテルがみぎてに、みえたら、ひだりにまがる!で、そのさきに、ロータリーがあるから!!」

と、両手でぐるっと円を描くポーズ。何度も確かめるようにみんなで円を描く体操をして、よし分ったとまたまた歩き出す。
今度はちょっと遠くって、10分ほど歩いて到着。そして郵便局の周りにはまた、私によってくる人たちがわんさかといる。郵便局の前らしく、便箋とはがきを束にして抱えて。

「あとで!郵便物を出した後で!!」
と言って郵便局に入ったが最後、出るときには歓迎がさらに手荒くなる。買うまでは通さないとばかりに、壁となって立ちはだかる葉書売りの男たち。そしてそのうちの一人がひときわ大きな声で言いだした。「俺も日本のボランティアなんだ、とうしばって言うんだぜ。」Japonais nior(黒い日本人)、かわさきさんに続いて二人目がここに参上…てゆうか、協力隊の面々がよく行くところでは、顔を出しただけで言葉なしにいろんなことが理解されてしまうこの便利さ…便利さだけが豊かさじゃないと思うぞ、多分。
で、葉書売りがなんて言い出すのかと思ったら、葉書4枚で1万フラン(!!)なんて吹っかけてくる!ちなみに5フランがおよそ1円なので、日本円に直しても2千円!1枚、5百円の葉書なんか!!話にならない、どう考えても高い、安くしろ、もーいぃ、そんならもう買わない、もー帰る、そんなセリフを何度繰り返したころにかやっと1枚4百フランになって(でも5枚買うはめになった。なんでだ??)、封筒と合わせて2500フランでレターセットを買って、やっと解放された。大声で怒鳴って交渉はするし、やっと道路に出て帰りのタクシーを拾おうという頃にはおなかがぺこぺこになってるという有様。いい運動をしたというか、晩御飯が美味しくなるというか、なぜか郵便局の前で。

そしてたくさん歩いて大声を出した分、疲れも溜まってタクシーの中ではあくびが止まらず、
そうやって長い長い旅を経て研修先のホテルに戻ってきた、ながーい午後のひと時の話。




おしまい。


この日、カメラを持ち歩いてなかったことが本当に心残り!!だからせめて、このとき買った文房具とレターセットを写真で紹介♪

文房具は消しゴムとシャーペンの芯、ボールペンが青と赤、そして糊。なぜか糊だけ異様にでかい気がする。。。

IMG_3717-2.jpg


レターセットは左の、角にちょこっと絵が描いてあるのが封筒。と、大きく絵が描いてあるのが便箋。真中に切手。日本にまで送る場合は830フランかかるよ☆

IMG_3718-2.jpg

| そば屋さんちのふろふき大根 ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。